Project Crocodile
Training Program (Jan, 2004)




2004年01月〜 トレーニングプログラム (2004年01月03日)

AT心拍数も無事計れたし、今年のプログラムを作ろうと思うのだけど・・・どうしよう。(^^; 去年は その日の調子によってトレーニング(強度)を対応させるようなプログラムを作って来たのだけど、実際 後半はほとんどプログラムに従っていなかった。 理由はロングをメインにトレーニングするようになったから。 ロングをした後2,3日は疲れが残っていて、疲れがとれたらまたロング系のトレーニングをするという具合にサイクルしていたのだ。 今年もロングをメインにしたトレーニングをしたいと思っているのだけど、そうすると調子によってトレーニングの強度を対応させるようなプログラムってのが難しくなる。

そこで、今年のプログラムは、ロングをメインに置いて、ロングをしない時には その日の気分と体調によって 数種類のトレーニングの中から好きなのを選んで実行するようにする。

種類 調子 発生頻度
[%]
心拍ゾーン
[bpm]
運動強度
[%]
ゾーン 目的
ロング(L) >= 30 140-160 62-76 E2 基本持久力と脂肪燃焼能力の強化
インターバル
(I)
10 140- -> 170+ > 83 AT, E3 AT、対乳酸トレーニング
フィットネス2(F2) 20 160-170 76-83 E2b+ 靱帯や腱の強化、心肺機能の強化
フィットネス1(F1) 40 150-160 69-76 E2 基本持久力と脂肪燃焼能力の強化
リカバリー(R) <= 30 < 140 < 62 - リカバリー
休養(B) <= 15 - - - 休養(絶対に乗らない)

ただし、テーブル中の発生頻度は 2003年の実際のデータを元に算出している。 従って、今までと同じペースでサイクリングすれば自然とこの頻度になるという事だ。

プログラムは、調子が良い時には去年より高めの運動強度でトレーニングし、調子が悪い時には意識的にリカバリーにもって行くようになっている。 つまり、だらだらトレーニングするのではなく 減り張りのあるトレーニングにしたいのだ。

プログラムの効果を計るための指標は、従来通り Centennial Park でのラップタイムとする。


2004年01月01日 追記

ブレーキレバーをちょっと上にシフトした。 俺はちょっと押している時には ブレーキレバーのトップの部分を握る事が多いのだけど、ブレーキレバーの位置を上げる事によって トップの部分が後ろにシフトする。 するとライディングポジションが立って来るので 代わりにサドルを後ろに下げた。