Australia Telescope Compact Array
Workshop 12-16 May 2003





2003年05月11日(日)から17日(土)にかけて、Sydney から北北東へ約800kmの所にある 電波干渉計 Australia Telescope Compact Array でワークショップがあったので参加して来ました。 以前から電波干渉計には興味があったのでとっても有意義な1週間でした。


スケジュールは以下の様な感じでした。

日(曜日) 午前 午後 夕方
11日(日) Sydney から Narrabri へ移動。 列車で7時間半
12日(月) 電波干渉計とイメージングについての基本的な講義 ディナーパーティ
13日(火) アンテナ、コリレーターについての講義 天文台ツワー
14日(水) ディコンボリューション、イメージングについての講義 干渉計での観測デモ ディナーパーティー
15日(木) イメージング、イメージ解析についての講義 データリダクションの実習
16日(金) 観測結果その他についての講義 ブッシュウォークや観光飛行
17日(土) Narrabri から Sydney へ移動。 列車で7時間半

参加者はオーストラリア各地の大学からの PostDoc や大学院生の他、イギリス、アイルランド、USAからも多数来てました。 全員で40人ってとこ。 大学を卒業してこれから大学院を始めるって人が以外と多いのにビックリしました。

全体的にいたれりつくせりって感じで、列車で着くとタクシー(無料)が待っててくれてモーテルまで送ってくれるし、泊まっているモーテルから観測所までは毎日送迎バスが行き来してくれるし、午前午後2回のお茶+ケーキの他昼御飯まで。 ただ座って講義聞いて、食べて、寝るだけの1週間でした。(^^;いやぁ、太ったさぁ




11日(日) Narrabri へ

Sydney Central Station Narrabri への列車 チケットです

モーテルの部屋、2人でシェアーして一日一人 AU$25
・・・のはずだったのだけど、7日間滞在してチェックアウトの時請求された額はAU$150.00


12日(月) 夕方のディナーパーティ

夕方寒くなるのでたき火しながら夕食を待つ 光学望遠鏡で星も観測
土星の2つの縞と衛星5個がくっきり見えました!

お土産の葛籠をもらいました
中には豪華マグカップまで!!


13日(火) 午後からの天文台ツワー

コントロールルーム
6基のアンテナを独立にコントロールできます
アンテナもでかいけど、ベースラインも・・・(^^;
アンテナまで遠いよ!

アンテナの表面 12,22cm(多分) 用のレシーバーと
コントロールパネル
この部屋は右写真の一階下
4つのホーンと mm 用レシーバー
手は説明してくれてる Ravi Subrahmanyan の
この部屋は左写真の一階上
隣のアンテナはあんなところに
高いところが得意ではないので ちょっとビビリながら撮影

夕方は真っ暗になるまでサッカーゲーム
蚊との戦いでもあります
夕食は近くの Country Kitchen って言う
フードストアでフィッシュアンドチップスでした。
コーヒーが絶品でした!


16日(金) 午後からのブッシュウォーク (Mt Caputar National Park)

往きの風景・・・何もない

Sawn Rocks っていう一番難易度の低いコースをハイキング

柱状節理です(懐かしい・・・那須紀幸先生に教わったなぁ。 お元気ですかぁ〜?)。
溶岩の流れで 冷却面と垂直の方向に割れ目が入るのだそうです。
条件によって四角から八角まであるそうで、ここは五角形でした。

落下したかけら・・・でっかい みんな歩き回る 足下も五角形に模様が入ってる

当然の様にみんな上りはじめる 天辺からの眺めは最高!

下を見ると・・・ハイキングコース 横はこんなん これはモーテルのルームメート
Ireland からの Stephen Bourke

Tony Wong がこんなところに! 同じところに立ってみる(^^;

歩き回るのに飽きたら植物鑑賞 カマキリの卵?

ワラビーの糞 古いので乾いてる こっちのは新しくて ほかほか

帰りの風景・・・何もない


17日(土) Sydney へ

Narrabri 駅


その他

天文台のお土産屋でゲット Warkshop の終了証書