2006年08月19日(曇り) 走行距離:84.9km、走行時間:3時間38分、所用時間:4時間30分、最低気温:26.0℃、最高気温:33.0℃


朝から雨が降ると思っていたのだけど、全然降らない。 ので、14:00からサイクリングに出かけることにした。 どんより曇っているけど とっても蒸し暑い。 ので、山なら涼しかろうと思って山のルート80kmくらいをGPSにぶち込んでGO! 関が原から右折してくるっと回って帰ってくるコース。 なんと滋賀、岐阜、三重の3県を通る。 まぁ、どおって事無いけどね。(笑)

出発のとき、前輪をみたらスローパンクチュァー気味。 なんか気持ちやわやわ。 先日自転車が届いたとき タイヤの空気を入れ直したんだけど、フロアーポンプが無いので CO2ボンベを使ってカチカチに入れてやったのだ。 古いチューブなのでどこかやっちまったらしい。 まぁ、よくある話。(笑) サイクリング途中で空気が抜けたら交換することにして そのまま出発。 相変らず能天気。(笑)

「山は涼しいべぇ?」と思っていたけど・・・何故かずっと向かい風。 涼しいけどね。(笑) 多賀町を抜けて彦根に出てくるセクションが本格山岳区間(っても500mくらいの標高差)なんだけど、この区間は良い感じの追い風で、乗っていると無風。(笑) しかも山には雲が良い感じにかかって 湿度急上昇。 もう・・・地獄だった。 最初は良いペースで走っていたけど、そのうちオーバーヒートでだれだれ。 腕からは汗が滝のように滴り落ちてた。

こういう時に前輪が完全パンク。 チューブを見たら、バルブの根元が破けていた。 古いチューブだと よくあるケース。 まぁ、寿命だな。 便利だねCO2ボンベ。 パンク修理が楽々。

もう死にそうになりながら峠点の鞍掛けトンネルへ到着。 ヘルメットを脱いでいたので つけるために一旦止まったのだけど、なんかそのままぶっ倒れそうな気分だった。

トンネルを抜けると そこは南極だった。(笑) すずしい風が吹いてきて もう一気に冷凍室に飛び込んだ気分。 最高。 久しぶりに天国を味わった。 そのまま気分爽快に一気に下り倒す。

帰り着いたら 蒸し暑さにやられてもうへろへろ。 ドリンクは水しか持って行かなかったので 腹もペコペコ。 部屋に入るなり 買い置きの朝食のパンとジュース、コーヒーを一気に掻き込んだ。 これがいけなかった。 水ばっかり飲んだ後で 胃の中は胃酸0。 その後、2,3時間なんか消化不良状態。 消化不良で血糖値が上がらないので 空腹感は消えず、ずっと貧血気味。 買い物に行くのも辛かった。 なんとか21:00前には回復したけど・・・ほんとうに辛かった。(涙)

今00:00前。 やっと落ち着いたけど、暑さのせいか すっごい疲労した。 距離は85km弱だし 暑さのせいでそんなにガンガン走れなかったので、脚は疲れてはいない。 でも体がどよぉ〜〜〜んと極限的に疲労状態。 心拍数が100bpm以下になかなか落ちなかった。 もうぢぢいなのかな・・・。(涙)

SUUNTO T6 のデータを解析したら、EPOCは260ml/kg・・・そこそこ上がってる。 積算運動強度は21.5・・・良い感じ。 トレーニングとしては ちょっとハード気味な程度なんだけど・・・やっぱりこの疲労感は (1)ミネラル摂取しなかったせい、(2)カーボハイドレートを摂取しなかったせい、(3)蒸し暑さのせい のトリプルダメージなのだな。