01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2005年07月29日(金)

今朝サイクリングで都井岬に野生の馬を見に行こうと思っていたのだけど、起きたら咳が止まらなかったので サイクリングは中止にした。 一昨日が最悪で(・・・にも関わらずサイクリングしたけど(笑)) 昨日から回復に向かい始めた様な気がする。 風邪引いたの久しぶりで ちょっち辛い。

午後調子が良くなってきたので 夕方涼しくなってから1時間だけサイクリングをした。 軽めに行きたかったけど 最後は41km/hですっ飛んで帰ってきた。 相当調子が良かったらしい。(笑)





2005年07月27日(水)

一昨日から風邪気味で 今日も不調。 喉が痛くて鼻水がちょっとたれてくる。(涙)

病気は自転車の上で治すってのがサイクリストの掟。 なので、05:30に起床。 ちょっと調子悪いけど 多分大丈夫。(笑)

町を乗り回していて やっと最近地理的な感がついてきた。 ・・・てか生まれ育った町なので 当然なんだけど。 で、町の交通量の少ない道を利用して 1周22km程度の周回コースを開発した。 高低差は30mくらいで 基本的にはフラットコース。 前半の10kmは 海岸沿いの新しくて広い道を往復、後半は 谷あいを登ったり降りたり山間の田んぼ道を走ったり。 今朝はそのルートを3周した。 3周もするといい加減飽きる。(笑)

本当は毎日でも乗りたいのだけど こう毎日猛暑だと嫌気が差す。 せめて朝夕涼しければ好いんだけど・・・。

夕方先週注文したヘルメットと地図ソフトが届いた。

OGK Alecules Pro Atlas W3

Pro Atlas W3 は期待していたとおり GPS との通信がOK。 トラックデータやらウェイポイントのやり取りができる。 早速帰国後のサイクリングをプロットした。





2005年07月26日(火)

朝一番で町の役場に出向いて 転入届やら年金、健康保険の手続きをしてきた。 まぁ、長く居座るつもりは無いんだけど 虫歯を治したいので保険に入っておきたかったのだ。





2005年07月25日(月)

今日も寝坊した。 けど、台風の影響で雨気味で涼しいので ちょっくら乗ることにした。

昔の鉄道跡志布志〜垂水(の近く)58kmがサイクリングロードになっているとインターネットで紹介されているので 実際に乗ってみようと思ったのだ。 で、実際に乗ってみると・・・サイクリングロードじゃないじゃん! 車がバンバン通っているし。(涙) それに、橋がかかっていないので、途中で分断していて 結局車道に追い出されてしまう。 東串良までは自称サイクリングロードを走ったのだけど、結局諦めて 適当なルートを走ることにした。

後半は南大隈半島一周(130km程度)の予行練習で 肝属山のふもとをかすめて海(志布志湾)へ。 その後海沿いを走って帰ってきた。 志布志湾沿いは国の松原と言って松林が続いている。 車の通らない松林の道は最高だった。

サイクリング中何度も雨に降られた。 もうぐっしょり。 バイクもドロドロ。 帰ってきたらバイクを洗って、それからシャワー(てか水風呂)を浴びた。

サイクリング中は雨が降ったり止んだりだったのに 俺が帰ってきたら晴れてきた。 まッ、暑いより雨のほうがましなのでOK。

昨日からちょっと喉の調子が悪くなってきたと思っていたら どうやら風邪をひいたらしい。 朝起きると喉が痛かった。 サイクリング後 鼻水が出るようになった。 ちょっとやばいかも。(笑)





2005年07月24日(日)

昨夜遅くまでインターネットしていたら今朝は寝坊した。 ので、サイクリングなし。

台風が近づいているせいなのか 今日は涼しかった。 ・・・ってか、最高気温は 依然として30℃以上あるんだけど。(笑)

昨日高隈の辺りを走っていたとき 野生の猿を見かけた。 親父に話したら 最近家の周りでも見かけるようになったのだそうだ。 蜜柑を作っている農家が多いので 蜜柑の収穫の時期には被害が大きかったらしい。





2005年07月23日(土)

今朝は、05:00過ぎに起きて 05:30からサイクリングに出かけた。 目的地は 鹿児島県最高峰(?)の高隈山(1237m・・・ひくう〜い)。 地図を観たら 林道の様なものが中腹を通っているようなので、サイクリングには持って来いかもと思ったのだ。

気温は23℃程度。 天気は晴れ。 迷子にならないように GPSを持って出る。 これさえあれば どんなところに行っても帰ってこれる。(笑)

家を出たら西へ向かう。 一昨日あっちこっち回ったお陰で 近所の地理が分かってきた。 「自分の田舎なのに 何言ってんの」と思うかも知れないけど、田舎道は区画整備がされてちょっと変わってしまっているし、家がのきなみ増えていて 景色が全くと言っていいほど変わってしまっているのだ。

大雑把に言うと、西へ向かって輝北町って所から南に曲がって、大隈湖を過ぎたあたりから山道へ入って、鹿屋市と垂水市の間に出て、国道220号線に乗って北東に向かって帰ってくる・・・って感じ。

大隈湖までは順調だったのだけど、山道と思った道が実は遊歩道で車両乗り入れ禁止。 無視して入っていったのだけど、がけ崩れの看板があったので 断念引き返してきた。 結果、最大標高差が300m程度、走行距離が63kmの普通のサイクリングになってしまった。(涙)

今日も鹿屋市手前で バイクのペースメーカーで疾走した。 だいたい50km/h。 バイクに乗っていたのは鹿屋市内の高校生。 調子良く走っていたら、3kmくらい走った頃とろい車の隊列に阻まれて 40km/h程度に減速させられてしまった。 40km/hだったらペーサー無くても走れるので 楽すぎ。(笑)

明日も早起きする予定なのだけど、近くに昔の鉄道後に作ったサイクリングロードがあるので へろへろ乗ってみようと思う。

今後のサイクリングの予定は、多分地図ソフトが届いた後になると思うけど(台風も近づいてきているし)、桜島一周(120km程度)、南大隈半島一周(130km程度)、霧島屋久国立公園への往復(160km程度)って感じ。 その前に、都井岬(100km程度)に行って 野生の馬を鑑賞ってのが入るかも。

実家は林に囲まれているので 色々な鳥がやってくる。 何故かウグイスが鳴いていたりする。 なんか・・・鳴き方がちょっと下手なんだけど・・・偽者?(笑)





2005年07月22日(金)

もう毎日暑すぎて・・・サイクリングする気にならなひ。(笑)

その代わり、インターネットでヘルメット(OGK Alecules)とGPS対応の地図ソフト(Pro Atlas W3)を注文した。 ヘルメットは、隣町の(田舎にしては)大きなショッピングモールとか自転車屋とかに行ったのだけど 置いてなかった。 鹿児島には サイクリングする人なんて居ないのだ。(涙)





2005年07月21日(木)

06:00前に起床! 田舎の朝は早いのだ。(笑) 着替えてとっととサイクリングに出かける。 なんと中5日。 足が腐っているので ゆっくり気味に行く。 GPSも持って出た。 田舎の道はくねくねしていて 北へ向かっているつもりでもいつの間にか東に走っていたりするのだ。 それに迷っても帰ってこれる。

ゆっくり行くつもりだったのだけど、何故か谷に入ってしまって 上ったり下ったり。 100mくらいの上り下りなのだけど ちょっち堪えた。 でっかいトラックのペースメーカーで55km/hで快走したりして 予定よりちょっと強度が高くなった。 2時間15分で丁度60km。 満足。(笑)

サイクリングから帰ってきたら 甥姪が待ち伏せていた。 土産をかぎつけたらしい。(笑) シャワーする前に土産を配布して終わり。 やっと痛い視線から開放された。(爆)

夕方リカバリーにちょっと乗ることにした。 今日の最高気温は34℃で、17:00でもまだ32℃。 日が傾いてもまだ暑い。 なるべく平らなコースを走っていたのだけど あんまり暑いので1時間で切り上げた。

心拍遷移をプロットしたいのだけど まだTclTkをインストールしていないので出来ない。 ぴーーひょろひょろの環境じゃ インストールは無理。(笑)





2005年07月20日(水)

実家は 親父がメールとかやっているのでインターネットの環境はあるのだけど、まだぴーーーーひょろひょろのダイヤルアップ。 原始時代全開。 なので、ブロードバンド化計画を発動。 俺もLinux環境が必要なので 親父の運転で近くの町の電気屋へ。 でも、途中色々考え直して 結局髭剃りだけ買ってきた。 我ながら無計画。

電気屋に寄る直前 親父の車がエンスト気味になってきた。 電気屋の駐車場に入ったら なんとか駐車するまでは行けたのだけど、その後死んだ。 なんとラジエーターの水がなくなっていた。 俺の姉夫婦は車の修理工場をやっている。 困ったときの姉妹。 電話する・・・でない。(笑) 役に立たない奴等。 ので、妹夫婦を呼び出して 迎えに来てもらう。 妹夫婦は農家やっているのだけど 今は暇な時期。 朝涼しい時間の1,2時間しか仕事しないのだ。

夜 成田から発送した荷物がやっと届いた。 自転車がやっと届いた。 お土産もやっと届いた。 これで甥姪の痛い視線から解放される。(笑) 自転車はとっとと組み立てた。 チェーンステーにちょっと傷が入っていた。(涙) 明日朝乗るぞ!





2005年07月19日(火)

今日は田舎の鹿児島へ帰る日。 飛行機は11:00発。 Kさんところからは都心を通って行かなくっちゃいけないので 電車が混むかと思っていたのだけど、それほどでもなかった。 今日東京も梅雨明け。 激暑い。(汗)

飛行機で1時間半。 13:00前に鹿児島空港へ到着。 鹿児島は 32℃。 むっちゃ暑いやん。(笑) 東京とは違うちょっと渇き気味の暑さなので ちょっと助かる。 妹夫婦に迎えに来てもらって実家へ。 空港から更に2時間。 田舎やなぁ〜。

帰り着いたら 甥と姪がお土産催促攻撃。 口では言わないけど 視線がそう言っている。(笑) すまぬ! 土産は 成田から直送になっちゃって、まだ着いていないんだよ。(涙)





2005年07月18日(月)

今日は夕方 ナイフメーカーの RyuKさんとそのまた昔一緒に仕事したA子さんと会うことになっている。 RyuKさんとは5年ぶり。 A子さんとは・・・2年くらい。 彼女とは以前仕事でシドニーに来た時 無理やり時間を作ってもらって一緒に晩飯を食べた。

それまで Let's Note で遊ぶ。 そして死掛けているVAIOから大切なHPのデータやら研究のデータを Let's Note へコピーする。 VAIOの余生は 昨日一緒に飲んだこりゃまた別のKさんが欲しいというので、HDDをスッキリ掃除した。 VAIOさん、5年間ありがとう! VAIOはKさんの下で サーバーとして余生を過ごすらしいです。

夕方 王子にある RyuK さんの工房へお邪魔した。 2時間くらいナイフ製作の現場を見せてもらった。 地味。(笑)

08:00前に工房を出て 麻布十番へ。 RyuKさんとA子さんは なんと麻布十番に住んでいるのだ。 すげえ。 なんかエスニック居酒屋みたいなところに集合。 A子さんは30分以上待っていたらしい。 どうもごめんなさい。 食って飲んでおごってもらって(笑) ついでにお土産までもらった。(爆) 俺が上げなきゃいけないと思うのだけど・・・。

Kさんのマンションに着いたのは00:00過ぎ。 Kさんには 泊めてもらっている上に最寄の駅まで送り迎えをしてもらった。 申し訳ない。





2005年07月17日(日)

夕べはとっても良く眠れた。 クーラーさんありがとう!

今日はまたまた秋葉原へ出て ノートPCを買うことになっている。 Kさんにも付き合ってもらう。 まずはLaoxへ行って実際の物を観たり触ったりする。 店員さんにも説明してもらう。 VAIOのTシリーズにするか Let's Note のW4にするか迷ったのだけど、軽いのが良いのでW4にした。 買うものが決まったらインターネットで最安値店を調べておいたので とっととLaoxを出てその店へ向かう。 そして買う。 205,000円だった。 Laoxって便利。(笑)

秋葉原にはもうひとつ用事があった。 昨日一緒に飲んだ違うKさんが イベントをやっているというのだ。 電話で呼び出して 3人で昼飯を食べた。 久しぶりにラーメンを食べた。 多分、Red Center から帰ってきて Kさんと一緒に食べて以来。(笑)

飯食ったらイベント会場へ行って 記念品をもらう。 グラフィックスボードの会社なんだけど・・・凄すぎて良く分からん。(笑)

Kさんのマンションへ帰ってきたら さっそく買ってきた Let's Note のセットアップをする。 気がついたらいつの間にか02:00。 寝る。





2005年07月16日(土)

バンコクでの乗り換えも何も問題なく つつがなく成田に到着。 飛行機を出たとたん「むッ」って感じで 不快指数120%。 空港の建物の中ももし暑い。 タイ空港でも こんな思いはしなかったのに・・・日本ってどこもかしこも暑い。

入国手続きもスララッて終わって バゲージクレームへ。 みなさんの荷物が出てくる前に係員がなんか大きな看板を持って ベルトの上に乗ってきた。 「なによ?」って思っていたら なんと俺の名前が書いてあるじゃん? 係員に聞くと 「バンコクであなたの荷物が乗り遅れました」だと。(笑) 次の便で到着するというのだけど、「手続きしたら こちらで発送します」って言ってくれたので お願いすることにした。 どうせ自分で発送するつもりだったので 料金儲け。(笑)

夜友達と秋葉原で飲む予定になっていたので、京成スカイライナーで上野へ出て 京浜東北線で秋葉原へ。 もう駅の方角とか忘れてる。(笑) それに暑い。

なんと同時に全員が集まって 同じエレベータで乗り合わせる。 奇跡的なタイミング。 そして久しぶりの居酒屋・・・飲んだ食った笑った。 しかもおごり。(笑) 改めて、皆さんご馳走になりました。

着替えが成田から田舎へ直送になっちゃったので、飲み屋から出たらBOMBERっていう安売り雑貨店へ。 Tシャツたら短パンやらを買った。

夜は、一緒に Red Center へ行ったKさんのマンションへ。 2,3泊させてもらう事になっている。 酔っちゃってたので 着くまで結構長かった。





2005年07月15日(金)

今日はシドニーを離れる日。 5年は長かったな。(笑) 朝ちょっと自転車に乗ろうかと思ったのだけど、パッキングのはかどり具合を冷静に考えると そんな場合じゃないって結論に達したのだった。 自転車をパッキングし終わったのは14:00くらい。 タクシーを16:30に予約してた。

シドニーのタクシーにしては珍しく時間通りにやってきた。 丁度ラッシュアワーの時間で HWY1がチョー渋滞。 でも出発は21:30くらいなのでOK。 空港に着いたのは18:00過ぎ。 航空会社は Thai Air で カウンターは19:00前に開いた。 とっとと荷物をチェックインしてしまう。 自転車が、工具やら靴やら空気入れ込みで、20kg丁度。 スポーツバックが6kgちょっとだった。

シドニー空港は良い。 出国手続きを終わった後でも 免税店やら喫茶店で暇つぶしが出来るのだ。 出発までの2時間ちょっとを ほけーーーーーッと過ごした。





2005年07月14日(木)

今日は学校の机の最後の後始末。 スッキリ。

今日が学校の最後の日なので Jon Everette がケーキを買って来てくれた・・・2つも(笑)・・・学校のお金で(爆)。 お世話になった人をみんな呼んで ケーキを食べた。 残念ながら PostDoc の多くがコンファレンスなんかに行っていて不在。 学生も観測所に行っていたりして ほとんど不在。 残っている人10人程度で つつましく。(涙)

午後から Pedal Pushers へ行って 自転車用の箱をもらって来た。

その後サイクリング。 時間ちょっと 乗った。 今日は2,3ラップだけAT心拍数で走った。 なんだか調子がわるくて ガンガン行く気にならなかったのだ。

サイクリングの後梱包を始めたのだけど・・・思ったより多い。(汗) エレクトリックガジェットが多い。 お土産も なんかかさばる。 どうしよう・・・。(汗)2





2005年07月13日(水)

昨夜感動したせいなのか イタリアンレストランでのコーヒーが効いたのか、朝の05:00過ぎまで眠れなかった。 なんとか08:00過ぎに起きたのだけど 脳味噌は臨時休業中。 あかん。

学校に来たら PhD学生のサポートをしてくれている Mike Gal が3人のうち2人のレフリーのコメントを持って来てくれた。 1人のレフリーからは最高の評価をもらって もう天にも登る思い。 しんじられない。(笑) これではればれと日本に帰れる。

午後からサイクリング。 久しぶりに晴れて、気温は最高18℃。 でも風があって ちょっと涼し過ぎるくらいだった。 一昨日30分しかスレッシュホールドトレーニングが出来なかったので 追加でやろうと思っていたのだけど、脚の調子がイマイチだったので止めた。 後半バンチがやってきたので バンチの最後尾で1時間弱乗った。 バンチのスピードが速い上に風が強くて なかなか強度の高いサイクリングになった。

今日は ハートレートモニタの混信が激しかったので 記録は無し。





2005年07月12日(火)

今日は午後からCityへでて 甥姪のためにお土産探し。 何が良いのかいつも迷う。

夕方 シェアーメートの Manfred と最後の晩餐。 近くタイレストランへ。 本当はハンガリーレストランに行く予定だったのだけど 会計年度末で閉まっていた。 タイレストランではフライドヌードルを食べたのだけど 美味しくなくて殆ど残した。(涙) その後、向いのイタリアンレストランへ行って コーヒーとケーキを食べた。 何故か吐きそうなくらい満腹。

夜は Le Tour をTVで観た。 Discovery Channel Train はすばらしかった! 最高。 それ以上に 今日の Lance Armstrong はすばらしかった。 限界まで追い込んだ Lance を観たのは初めてだ。 更に更に、最後まで生き残っていた Alejandro Valverde、Lance Armstrong、Michael Rasmussen、Francisco Mancebo の4人の死闘は感動した。 Michael Rasmussen はすんばらしいね。 いやいや、とにかく感動した。

ところで、ちょっと気になったのだけど・・・DSCは今からあんなにきばって行って この先大丈夫なのか? まだ半分残ってんぞ。 アルプスステージもあと2ステージ(Col du Galibier も!)、ピレネーステージも3ステージ残ってんだぞ!! SDCがどういう戦略で Lance Armstrong をサポートするのか、そこいらへんが楽しみだな。





2005年07月11日(月)

昨日の雨が嘘みたいに 今日は晴れ。 でもちょっと寒い。

学校でちょっと論文の修正をして 14:00過ぎにアパートに帰って来た。 とっととサイクリングにでる。 気温は16℃。 完全夏服にアームウォーマーででた。

Centennial Park へ入ったら 西からの風でちょっと涼し過ぎるくらい。 ウォームアップを始めたら 脚の調子は最高。 心拍数もピンピン撥ね上がる。 インターバルにしようかと思ったのだけど、登り区間が追い風でスピードが出過ぎるので AT心拍数あたりで1時間くらい疾走することにした。

ウォームアップから少しずつ心拍数を上げて行って 30分でAT心拍数に届いた。 脚はやっぱり絶好調。 このまま1時間巡航しましょ。

・・・と調子良く行っていたら、MTBに乗った人が 俺が追い抜いた直後に「Hiro!」って呼びかけて来た。 振り返って誰なのか確認したけど 分からなかった。 そのままトレーニング続行。 2,3ラップしたらまたまた そのMTBの人に追い付いた。 今度は追い越しざまにちゃんと確認してみた。 なんと、Kelvin Haisman。 すっげーーーー久しぶり。 手を振って挨拶して そのままトレーニング続行。 その後2,3ラップしたらまたまた追い付いた。 AT心拍数で30分走ったので もういいかなと言う事でトレーニング中断。 Kelvin に並んでトロトロ行く。

しばらく会わなかったと思ったら、4WDでひっくり返って 背骨を折ったのだそうだ。 一番近くの町から400kmあって 友達と4人。 幸い水と食料がたっぷりあって 1,2日で見つけてもらったので死ななくて済んだらしい。 ので、ここんところ全然乗っていたかったのだそうだ。 「今日が怪我以来最初のサイクリングだ」と言っていた。 2,3ラップ世間話しながら一緒に走って 彼は30km乗ったので終わり。 帰って行った。

Kelvinと走ったらすっかり冷めた。 気温は何時の間にか14℃。 もう手の感覚が無い。(笑) ので、暖まるために 丘上りのインターバルを始めた。 でも、一生懸命走っている時間が短くて その後下らなくっちゃいけないので、なかなか身体が暖まらない。 インターバル止め。 その後、3,4ラップ150bpm程度で暖まって 走行距離が60kmになったので帰って来た。

今日の心拍遷移は ウォームアップから2時間記録した。

AT心拍数上で走っている時のラップタイムは 3.8kmを6分半。 平均時速35km/h。 まぁ、やっせんぼの俺にしては ぼちぼちの速度。 フラット区間が向かい風で 最高時速は40kmちょっとだった。 その時の心拍数は178bpm。(笑) ガンガン行くには絶好の風向きでした。

最近 Frenchmans Road にインド飯屋ができた。 ので、最近はカレーばっか。 いや、理由は可愛いおねいさんが働いているからなんだぁ。 インド人のおねいさんで、ちっちゃくて、ほんのりぽっちゃりで、話し方がマイルド。 ついつい寄ってしまう・・・カレーの味はイマイチなんだけど。(笑) 色々話しして分かったのだけど どうやらサイクリストが好きらしい。(あぁ勘違い)





2005年07月10日(日)

昨夜から天気が崩れて 今日は雨。 しかも暴風。(涙)

起きたら 昨夜の Le Tour をビデオで観た。 Alexandre Vinokourov のアタックと Andreas Kloeden のブレークは最高! それにしても Pieter Weening は良い。 プロ2年目、始めての Le Tour でステージ優勝だとよ。 将来が楽しみ。

Le Tour を観たらちょっと勇気が湧いて来たので サイクリングギアに着替えて・・・どうしよう。 着替えたのだけど 外のあまりの暴風雨にめげた・・・寒いし。 また普段着に着替えて TVの前へ。 相変わらずのやっせんぼ。(笑)

午後からは TVを観ながら学位論文最終提出のためのチェックをやった。

昨日レストランからの帰り えつこさんに「明日の夜もいらっしゃい」なんてお誘いをうけた。 内心「2日も続けてじゃ迷惑だろうから・・・バックレちゃえ」なんて思っていたのだけど(笑)、夕方えつこさんがやって来て 「忘れてないですよね」って念押しされた。 伺います・・・。(笑)

日曜日はいつもすき焼きなんだそうで・・・とっても美味しかったです。 すき焼き喰ったの何年振りかな。(笑) 今日は酒は控えめに 高さんの話を聞いた。 10:30頃、2人とも眠そうだったので 帰って来た。

その後は Le Tour。 なんかつまんねーー。 Vino アタックしろよ! F1 と交互に観た。 Michael Rasmussen の独走を観ていて Richard Virenque を思い出した。 明日ちゃんとビデオで復習する予定。(笑)





2005年07月09日(土)

昨夜の Le Tour はちっとも面白くなかった。 最後の2,3分だけ燃えたかな。(笑) ゴール前200mくらいでクラッシュが起こった。 Styart O'Grady のまん前だったのだけど 紙一重で回避しやがった。 トラッキーのテクニックはすげえッ! Paul Sherwen も感動してた。(笑)

昨夜雨がしとしと降った。 朝09:00過ぎに起きたら快晴。 でも路面はグッショリ。

とりあえずサイクリングギアに着替えて Centennial Park へ・・・コーヒーに。 Sydney CC の連中が居るとは思わなかったけど George Schneller、Tim Rice 等が寛いでいた。 朝サイクリングしたんだろか?

コーヒーとケーキを食べたら 皆さんお別れ。 俺はとっととアパートに帰って来た。 公園はまだグッショリで サイクリングする気にならなかった。

2,3時間 昨夜の Le Tour の復習をして、昼過ぎに再度サイクリングにでかけた。 昨日完全オフを入れたせいか 調子がイマイチ。 リカバリーペースで トロトロ3時間乗った。

今日の心拍遷移は 1時間くらい乗ってから記録を始めた。

夜 向いのえつこさん、たかさん、ゆりちゃん達に送別会をしてもらった。 いつもはえつこさんの手料理なのだけど、今回はゆりちゃんが働いている Coogee の日本人がやっているイタリアンレストランへ。 ワインを呑みながら 美味しい料理を御馳走になった。 11:00過ぎにレストランを出たのだけど、その頃にはもう酔いが絶好調で 眠いわプチ気持ち悪いわ・・・最高。(笑) 結局そのまま爆睡。

そうそう、なんか高そうなワインとチョコレートをお土産にと言ってもらった。 ワインは重いよ。 呑んじゃおかな。(笑)





2005年07月08日(金)

うーーむ、昨夜の Le Tour 第5ステージは熱かった。 まずは、ブレークアウェイに Jaan Kirsipuu に驚いた。 過去にも逃げた事があったらしいが 観るのは初めて。 そして、Christophe Mengin の粘りに感動した! ほいでもって、Mengin のクラッシュに思いっきりずっこけた!! ドラマだ・・・。(笑)

朝一番で本等を日本に追加発送した。 2箱で多分15kgくらい? アパートから郵便局までは1kmくらいあるのだけど ハッキリ言って死んだ。 本って重い。 朝から汗だく。(笑) 2箱でAU$150とられた。 あと2箱もある。(涙)

学校への途中 日本のCITIBANKの銀行カードでお金を下ろしてみた。 オーストラリアのCITIBANKの口座はもうクローズの手続をとったので 多分下ろせないのだ。 お金がちょっと足りなくなりそうで プチ緊急事態。(笑) で、当然下ろせたのだけど 驚いた事に残高まで表示してくれる。 しかもAU$で。 ちょっと感動した。

学位論文の最終仕上げをやっていたら 何時の間にか外は真っ暗。 まッ、今日はどんより曇りで寒いし もともとオフの積りだったのでOK。





2005年07月07日(木)

昨夜の Le Tour 第4ステージ・・・逃げてくれました Juan Antonio Flecha。 スプリンターに潰されたけど 最高。 それにしても 元 Netherland ナショナルチャンプの Servais Knaven は格好良過ぎ。 ワークホースの中では一番格好良い。

失格になったと思ってた Robbie McEwen がいるじゃん? ちぇッ!(笑) US$100(EUROだったかも?)の罰金で済んだらしい。 しかも勝っちゃうし。(爆) 侮れない・・・。

今週の Sydney CC の速報メールで「Wayne Wheatley が、先週土曜日のHeffron Parkでのクリッツで Bグレードの5位だった」てのがあった。 俺の宿敵 Wayne・・・ふッ、流石だぜ。(笑)

教官の Michael Ashley からメールがきて 「レフリー3人ともにお前の論文はOKと言っているので 博士の学位は大丈夫そうだ」って知らせがあった。 やっとほっとした。 オーストラリアに居る間に 正式版の論文を提出できれば良いんだけど・・・。

論文の最終提出の為の修正をしていたら いつもよりちょっと遅くなってしまった。 しかも外はドンヨリ曇り。 今日は晴れって予報だったのに・・・嘘つき。

朝快晴だったので 洗濯した。 学校を出たら雨がぽつぽつ落ちて来たので バスで急いで帰った。 なんとかセーフ。(笑)

時間は14:00。 とっととサイクリングにでかける。 うまくすれば3時間乗れる。 雨が降って来そうだったけど まぁ、路面が濡れる程度のにわか雨に違いない。 気温は16℃。 完全夏服にアームウォーマーのみ。 雨に濡れたら寒いかもね。(笑)

昨日のリカバリーのお陰か 脚の調子は悪くない・・・みたい。 130bpm上で3時間いくかなと思ってペースアップするのだけど 全然心拍数が上がって行ってくれない。 調子が悪いのか 心拍数が低いのか・・・変なの。 1時間半くらいしたら 心拍数が5bpmくらい高く出だした。 どうやら身体の反応が変わったらしい。 面白い。

サイクリング中 やっぱりにわか雨が降った。 路面が濡れて ちょっと飛沫が飛ぶくらい。 金曜日だったかな、雨の後乗って 自転車はドロドロだった。 飛沫で洗われるかもしれないので 全然OK。(笑)

2時間ちょっと乗ったら バンチがやって来たので2ラップだけバンチで乗った。 その後、時間が17:00になって薄暗くなって来たので 今日のサイクリングは終わり。 今日は3時間弱で83kmちょっとでした。

今日の心拍遷移は サイクリングを始めて1時間くらいしてから記録を開始した。 後半、ちょっとスプリントしたりして遊んでみた。 今日の最高速度は50.1km/h(無風のフラット区間)。 39x14でスプリントした時に出た。 計算したら その時のケイデンスは142rpmだってさ。 悪くない。(笑)

夜久しぶりに奥田庸子選手に電話してみた。 元気そうだった。 で、なんと半年前にトライアスロンを止めたのだそうだ。 ので、奥田庸子元選手になってしまいました。 今は自転車だけやっていて 彼女曰く「すっごく強くなったよ。 ヒロはもうついてこれないわよ!」だってよ。 アマチュアのトップレベルの選手等と一緒にトレーニングしているのだそうだ。 オーストラリアのアマチュアのトップって言ったら 日本のプロ並。 本当にもうついて行けそうにないな。(汗)





2005年07月06日(水)

昨夜の Le Tour 第4ステージTTTは興奮した。 TTTがあんなに面白いとは思わなかった。(笑) Discovery Channel の平均速度が57.31km/hだってよ。 追い風だったけど それにしても凄い。 終盤 Lance Armstrong が積極的に引いていた。 流石だった。

今年のCSCは強いね。 Phil Leggett のコメントでは「Jakob Pill を犠牲にした甲斐があった」だそうだ。 そういう事だったのか。 コース終盤の10kmは、DSCのタイムにプレッシャーを受けて CSCはちょっと焦っているように見えた。 コーナーが多くて「だれかこけるんじゃないか?」って思っていたら・・・ツワーリーダーの David Zabriskie がこけるなんて・・・ドラマだね。(笑) CSCは これでやっと Ivan Basso 一人に集中できるね。(爆)

今日は学校には行かないので 09:00にのんびり起きる。 朝食をのんびり摂って 洗濯してからサイクリングに出た。

昨日のリカバリーサイクリングがリカバリーになっていなくて 脚が過労気味。(笑) バンチで乗ったのがいかんかったですか? あ、スプリントしたのがまずかったかぁ?(笑)

なので、今日もリカバリー。 今日は150kmくらい乗る積りだったのだけど 60kmにまけておくことにした。 リカバリーなので 今日もハートレートモニタは無し。 学校が休みの時期のせいなのか 平日なのに人出が多い。 ガキどもに気を付けながら 2時間半トロトロ乗った。 今日も快晴で 気温は10:00で16℃。 爽やか。

64kmくらい乗ったので、そろそろ終わるかと思っていたら 前方になんだか懐かしい後ろ姿2つを発見。 でも、折り畳み式の軟弱(笑)バイクに乗っている。 もしかして人違いかと思いつつ横に並んだら やっぱり Dave と Ann Clarence だった。 久しぶりに会う。 「レースバイクはどうした??」って聞いたら 「Ann がヨーロッパに旅行に行くので 飛行機に乗せやすい折り畳み式のバイクを買った」のだそうだ。 フルサスで乗り心地は悪くないらしい。

Ann は Suzanne Lyndon、Frankie Hopkins & Peter、Alan Lumb、Walter Rolli、Kate Roberts 他数人と一緒にヨーロッパを乗り倒すのだ。 みんな別々の予定で、ある人はイタリアの Gilo de Italia のコースを回ったり、ある人はイギリスの両親の所を訪れたりと色々。 終盤フランスで集合して1週間くらい一緒に乗り回すらしい。 オーストラリアでは年に1月くらいまとめて休みをとるのが当たり前なので みんな4,5週間のんびり旅行するのだ。 うらやましいよね。 それにくらべたら、日本の労働条件は 動物園の猿山並だよ。 とても先進国とは思えないね。

Dave と Ann ももう50kmくらい乗ったというので Fox Studio で一緒にコーヒーをする事になった。 久しぶりだったので 話が弾んだ。(笑)

午後からは 荷物の1つだけを日本に発送した。 一番大きな箱(6.3kg)でAU$60とられた。 思ったより高かった。 この分だと、荷物全部でAU$300くらいかかりそうだな。 本が多いんだよね。(涙)

夕方いつものように ビデオで昨夜の Le Tour の復習。 優雅な時間。(笑)





2005年07月05日(火)

昨夜の Le Tour 第3ステージの展開は今一つだった。 第2ステージと殆ど同じなんだもん。 それにしても 今年の Tom Boonen は強い。

昨夜の逃げを観ていて気がついたのだけど・・・Jakob Pill がいない!! 大好きな選手なのに。(涙) Juan Antonio Flecha にガンガン逃げてほしい。

午後からサイクリング・・・の前に荷物の整理。 日本に送るもの(主に本)を箱に詰め始めた。 要らない服(主に下着のシャツやTシャツ)を捨てた。 以外と物が少ない。(笑)

15:00からサイクリング開始。 今日も19℃北東の風で 爽やか全開。 今日はリカバリーなのでハートレートモニタは持って出なかった。 脚の調子にあわせて のんびり走る。 最高。

バンチを待ちながら走っていたら Frankie Hopkins が追い付いて来た。 ので、一緒に世間話しながらとろとろ走る。 2,3ラップしたら 彼女の旦那の Peter が仕事帰りに加わって来た。 しばらくしたらバンチがやってきたのでみんなで飛び乗った。 今日のバンチは40人くらい。 相変わらず盛況。 17:00を過ぎて薄暗くなったので帰って来たけど バンチはいよいよスピードを上げて絶好調って感じだった。 みんなよくやる。

夕方昨夜の Le Tour の復習。 それにしても Erick Decker は強いな・・・感動した。

T-Mobile ですが・・・チームが Jan Ullrich 派と Alexandre Vinokourov 派の2つに割れてますね。 をいをい・・・大丈夫なのかよぉ。(汗)

夕方のニュースで Robbie McEwen が失格になったってニュースを観た。 今年のグリーンジャージは Tom Boonen に決定かな。





2005年07月04日(月)

昨日の Le Tour 第2ステージも面白かった。 去年大活躍だった Tomy Voeckler は、コースが地元だったので 勝ちたかったらしい。(笑)

Tomy Voeckler がマウンテンジャージを取ったのを観て気付いたのだけど 大好きな Paolo Bettini が居ない。(涙) Paolo Bettini は Richard Virenque のマウンテンジャージのサポート係で いつも二人して1,2でマウンテンポイントを取りに行っていた。 大物選手が来ないのは ちょっと寂しい。

午後からサイクリング・・・なんだけど、その前に床屋に寄る。 いつもの Randwick の Williams の所。 入ると先客がいて Will は忙しそう。 挨拶してから 待ち椅子に座って雑誌を読み始めた。 したら、もう一人の理髪氏が帰って来て 直にやってもらえた。 たまには違う人にやってもらうのも良い。 「すっごく短くして」って言ったら 本当に短くしてくれた。(笑) 2cmくらいってとこかな。 サイクリングには丁度良い長さ。

郵便局に寄って アパートに帰り着いたのは 13:30前。 とっととサイクリングにでかける。 今日も快晴、気温は19℃、ほぼ無風。 爽やかで御機嫌。 これが Sydney の真冬。(笑) ちなみに、今日は学校には完全夏服で行った。 朝ちょっと涼しかったけど 昼間は丁度良い感じ。 今日の Centennial Park は、平日なのに人出が多く 車も多い。 気を付けて行く事にした。

今日のトレーニングは AT心拍数上のインターバル・・・希望。 トレーニングを始める前に 20分くらい調子をみてみた。 絶好調って感じではないけど そんなに悪くもない。 のでトレーニング決行。

いつものように ウォームアップ代わりに低い心拍数から徐々に上げて行く。 やっとAT心拍数まで届いて来たと思ったら うざいサイクリストの集団が追い付いて来た。 俺のラップタイムがラップ毎に上がって行くので 集団を追い抜いたり追い越されたりでなかなか離れない。 車も多くて はっきりいってうざい。 ので、1ラップトップで走って タイミングを外した。

ほしたらほしたら・・・疲れた。(笑) 心拍数が下がりにくくなって ついでに最高心拍数がAT心拍数上に行かなくなった。 ので、終わり。 なんだか中途半端なトレーニングになってしまった。(涙)

シャワーして洗濯して一息付いたら、今夜の第3ステージに備えて 昨夜の第2ステージの復習。 ビデオを観る。 最高。(笑)

Paul Sherwen のコメントでは「Erik Zabel が入っていないのは ちょっとだけ失敗だ。」と言っていた。 彼は Erik Zabel のフアンなのだ。(笑) 常々、「Erik Zabel はシーズンを通して活躍できる 数少ない選手だ」と言っている。 それに、「ゴールスプリントでは いつもそこに居る」とも言っている。

いつも行くコンビニで働いているバングラディッシュ出身のお兄さん Aziz に これからも連絡をとれるようにメールアドレスを聞いた。 紙に書いてもらったのだけど、夕方ジャージごと洗濯してしまった。 干してから気がついたのだけど・・・跡形もなく粉砕状態。(涙) メールアドレスは憶えているのだけど 念の為今度会った時もう一度聞いておこう。





2005年07月03日(日)

09:00に目を覚ました。 天気が良いので とっとと Centennial Park へ・・・コーヒーに。(笑)

今日の皆の話題は当然 Le Tour の第1ステージの結果。 Lance Armstrong 強過ぎ。(笑) Jan Ullrich には幻滅。 Ule は 常々「Lance の居ない Tour で勝っても意味がない」なんて言っているので 「Lance の最後のプロレースだから 当然勝つ気で挑んで来るんだろう」と思っていたのに・・・。 19kmTTで1分遅れはねーだろ。 前日事故って怪我しているのもあるかも知れないけど、それにしても駄目過ぎ。

T-Mobile Team は一つ問題を抱えているようだ。 Alexandre Vinokourov と Jan Ullrich がライバル状態で、前日のチームプレゼンテーションでは 一緒に写真に写りたがらなかったなんて言っていた。 こりゃ深刻。(笑) T-Mobile は Ule を切るべきだな。 Vino の方が有望だよ。

Liberty Seguros の監督はちょっと間抜け。 だって Joseba Beloki 入れてんだもの。 Le Tour を捨ててるとしか思えないね。 入れてやりたい気持ちは分からなくもないけど・・・大丈夫なのか?

2003年のプロローグで勝ったTT職人 Bradley McGee にもちょっとがっかりした。 前日のインタビューでは「心拍数をガンガン上げて 俺のパワーで走り倒してやる(意訳(笑))」みたいな事言っていたのに ベスト10にすら入ってねーーッ。

Paul Sherwen のコメントでは「Ivan Basso が Gilo de Italia に出場したのは 失敗だろう。 Le Tour 1つに絞るべきだった。」と言っていた。 俺も同感。 「Michael Rogers が Tour of Swiss に出場したのも 失敗だろう」とも言っていたな。

まとめると、今年も Lance の勝ちが決定。(笑)

個人的には Phonak の Floyd Landis がどこまで活躍するかに期待したい。 他には Vino を応援する。 更に Ule の大復活に期待したい!

コーヒーの後は 2時間だけサイクリング。 最初の1時間はちょっとペースを上げて、後の1時間はゆっくり。 明日ハードに行く予定なので 今日は程々に。(笑)

午後からは 昨夜の第1ステージをもう一回観た。 昨夜寝ぼけて観ていたのでね。(笑)





2005年07月02日(土)

06:00前に目が覚めたのだけど まだ真っ暗。 ・・・寝る。 06:30に目が覚めたのだけど まだ真っ暗。 ・・・寝る。 起きたのは08:00前。 快晴。 最高!(笑)

Centennial Park へ入って1ラップする。 今日は脚がじゃじゃ馬。(笑) ウォームアップもせずに1ラップスプリントしてしまった。

スプリントの後はコーヒータイム。 16℃と割と暖かく ほかほか日向ぼっこしながら10:00前まで寛いだ。

10:00前、皆が帰るので俺も・・・サイクリング。 今日もリカバリーペースでぼちぼちの予定だったのだけど 脚がじゃじゃ馬。 それに何故か心拍数が10bpmくらい高い。 脚に任せて行っていたら AT心拍数上まで上げてしまった。 今日は土曜日なんだけど 人出が少なめで助かった。

30分飛ばしたら 意図的に強度を下げて行く。 でも脚がじゃじゃ馬で 徐々に心拍数が上がって行く。 そうとう調子が良いらしい。(笑) その後は30分毎に 心拍数を下げて行って 2時間でハートレートモニタを止めた。

ハートレートモニタを止めた後、リカバリーペースで更に40分くらい乗って 今日のサイクリングは終わり。

アパートに帰って来たら MTBの洗浄。 ロードバイクは日本に持ち帰る事にしたのだけど、MTBは持って帰れないので 向いのたかさんの姪のゆりちゃんに上げる事にした。 上げる前に洗っておいて上げないとね。 しばーーーーーらく洗ってなかったので 汚かった。

今日は21:30から6時間連続で サイクリングプログラムが放送された。 当然我らがSBS。 最高!

まず09:30からは ドイツ語名「Hellon Tour」、英語名「Hell on Wheels」っていう Erik Zabel 等 T-Mobile Team の 2003年度 Le Tour をメインにしたサイクリングレースのドキュメンタリー映画。 「Hell」ってくらいだから Tour の辛い部分や痛い部分を主題にしている。(涙) 人は痛みや辛い思いをしている時 その人の本当の人間性や内面の弱さが現れるのだと言う事が良く分かった。 Rolf や Erik の人間性がかいまみられて なかなか面白かった。 Erik の男気に感動した。 他には Alexandre Vinokourov や Andreas Kloeden 等 T-Mobile の選手やスタッフがたくさん出ていた。 良い映画だった。 お薦め。

13:30からは 去年の Le Tour のダイジェスト。 ここ1年毎日ビデオで復習して来たので(笑) 隅々まで知っているのだけど 一応観た。

01:30から 2005年 Le Tour の第1ステージ。 解説は いつもの Phil Leggett と Paul Sherwen。 名コンビ。 終わったのは03:30。 眠い。(笑)





2005年07月01日(金)

昨夜深夜まで暴風・豪雨が続いた。 「明日晴れなんて嘘だろ?」なんて思っていたら 深夜過ぎに雨と風がハタッと止った。 起きたら快晴。(笑) なんちゅーーーー天気じゃ。

昨夜 Confederations Cup のブラジルvsアルゼンチン戦を観た。 昨日の朝方あった試合の再放送。 放送してくれたのは 当然われらがSBS。(笑)

俺の好きな選手はロナウジーニョ(Ronaldinho)。 初めて彼のプレーを観たのは 2002年の World Cup だった。 日本は ダイゴロウカットのロナウドとロベルトカルロスに喜んでいたけど、俺の目にはロナウジーニョが一番輝いて見えた。 確か、左ボランチでプレーしていたと記憶している。 昨夜観たロナウジーニョも良いプレーをしていた。 指令塔としてだけでなく 守りでも良い動きをしていた。 すばらしい選手だな。

午後からサイクリング。 快晴とまでは行かないけど ここ1週間に比べたら最高。 14:30から Centennial Park へ入った。

昨日オフを入れたので 今日はウォームアップで調子上げの日。 平均心拍数は130bpm程度が目標。 風があってペースが掴みにくく、調子が良いのでついついペースが上がってしまう。 ケイデンスを上げてサクサク行く。 2時間ちょっとで60km強乗ってクールダウン。

今日の心拍遷移は ウォームアップからクールダウン直前まで。 最後ちょっとペースアップしてみた。