01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2005年04月30日(土)

昨夜深夜に雨の音がした。 朝起きた時は快晴。 でも路面がちょっと濡れていた。

06:10に Paul Davies が迎えに来てくれる約束になっていたので 身体に鞭打って05:45に起床。 あわてて朝飯を食べて シャワーして、表通りに飛び出した。 しばらくしたら Paul がやってきた。

45分くらいかかって Lansdowne Park に到着。 Park というので Centennial Park をイメージしていたのだけど、ハッキリ言って森林。(笑) 2kmちょっとのサイクルコースがあるのだけど 30mくらいのアンジュレーションがあって、フラット区間はスタート・ゴール前の300mくらい。 Paul と歩いて一周したけど 歩くだけでもなかなかハードなコースになっている。

Hill Climb TT は、サイクリングコースの登り区間1kmを使って行われた。 流石Aグレードは速い! 1位は Simon Vagg。 登りで奴に適う奴は SCCにはいない。 下のムービーは、4位くらいだったけどAグレードの人(名前知らない)と 特別参加の Daemon Wade。 Daemon は、最後のスタートだったので TTを終わって周回して来た皆に応援されながらゴールしました。(笑)

Aグレードの走り (記録2分00秒程度) 特別参加 Daemon Wade (7歳)の走り (記録4分30秒くらい)

08:00くらいに Hill Climb TT が終わって、08:40からロードレース。 サイクリングコースを、Aグレードは1時間50分+2ラップ、Bグレードは1時間45分+2ラップ、Cグレードは1時間40分+2ラップ。 30ラップくらいするんじゃないか?(笑) そんなの俺は嫌だね。(爆)

AグレードとCグレードは6人くらいしかいない。 人数が少ないと休む時間が少なくなるので大変。 Bグレードは20人弱ってとこかな。 これだけ居れば楽なレースができるよね。 因みに、緊急事態の為に ちゃんと救急隊員が待機している。 多分、サイクリングフェデレーションからのレース許可をとるために必要だからだと思う。 もちクラブが金を払っている・・・と思う。 彼等の活躍がない事を祈るね。(笑)

Aグレードから順にスタート。 スタートから1時間くらいした頃 Bグレードでクラッシュがあった。 一人リタイヤ。 その人の自転車は再帰不可能状態。(汗) 幸い他に重傷者はいなく、バイクも被害はなかったよう。 その時俺はスタート・ゴール地点の反対側あたりに居て、救急隊員の車が走って行ったので クラッシュがあったのだと知った。 歩いて回りながら写真や動画を撮っていたので、残念ながら(笑)クラッシュの写真は撮れなかった。 ジャーナリスト失格。(爆)

レースが全部終わったのは 11:30くらい。 12:00くらいから他のクラブがレースに来るので とっとと退却しなくっちゃいけない。 帰りは John Kearney に Randwick まで乗っけてもらった。 John は、Bグレードで走っていて、最終2ラップでブレークをかけてリードしていた。 てっきりそのままゴールと思っていたら バンチが追い付いて スプリントで3位ゴール。 因みに、レーサー娘 Amber ちゃんは Bグレードの5位でした。 男共をけちらして スプリントで5位だって・・・すっげぇよね。(笑)

詳細は SCC クラブ写真集 でどうぞ。

Randwick のパン屋で ライ麦パンを買った。 長さ30cmくらいのでっかい奴でたったのAU$2.50。 帰り着いたらドッと疲れがでてきて、買って来たライ麦パンを食べた後(全部じゃないよ(笑)) TVを見ながら放心した。(笑)

お気に入りのライ麦パン
パン屋でスライスしてもらった

John が言っていたけど 明日は Calga でクラブの25kmTTがあるんだと。 John は当然参加するそうな・・・元気だな。(笑)





2005年04月29日(金)

明日は クラブの Hill Climb Race と Road Race が開催される。 場所は City から25km西の Lansdowne Park ってとこ。 ハンドラーが足りないそうなので 手伝うことにした。 起きれるかが問題だけど 鞭打って起きないとね。(笑)

Race Secretary の Tim Rice は、自信トラックもロードもこなすバリバリのスプリンター。 仕事に、オープンレースに、クラブレースの進行と 何かと忙しい。 暇な俺が手伝ってやらないとね。 どうせレース出来ない身体だし。(笑)

サイクリングで行っても良いのだけど Paul Davies がピックアップしてくれると言うのでお願いした。 Paul は直行で仕事に向うそうなので 帰りは電車かな。(笑)

・・・と思っていたら John Kearney から「帰りのっけてやる」というメールが来た。 ありがとう。(笑)

この前の「腐る」と「腐れる」の件だけど、google.com を使って統計をとってみた。

表現 ヒット件数[件] 百分率[%]
腐る 128,000 99.6
腐れる 547 0.4

表現 ヒット件数[件] 百分率[%]
腐っている 61,500 89.6
腐れてる 7,110 10.4

表現 ヒット件数[件] 百分率[%]
腐らない 39,100 91.6
腐れない 3,600 8.4

表現 ヒット件数[件] 百分率[%]
腐りそう 7,690 90.5
腐れそう 806 9.5

気付いたのだけど、文法的には「腐れる」の方が単純な変化をしている。 国語の文法をちゃんと勉強しなかったので何変化っていうのか全然知らない。 「腐れる」を使っている人は極めて少ないようだけど、「腐れている」を使う人は10%くらいいる。 勇気が湧いて来た。(笑)

「腐らない」と「腐れない」、また「腐りそう」と「腐れそう」を比べると、なんとなくニュアンスが違うような気がする。 「腐らない」と「腐りそう」は『自発的』な雰囲気があって、「腐れない」と「腐れそう」は『受動的』な意味合いがあるような感じがする・・・のは俺だけ? 多分「れ」が受動の雰囲気をかもしだしているのだと思う。

ドメイン名からホームページを書いている人の所在地が割り出せたりしたら、使っている人の分布から 放言起源(と決めつけている(笑))ってのが明確になるかもしれない。 意外な事実が分かったりしたら・・・嬉しいな。 でも面倒だからやらないけどね。(爆)

午後からどんより曇って来たので 今日はサイクリングは無し。 明日は雨臭い。 今週は、最高気温が27℃くらいまで上がったりして 夏みたいだったのだけど、日曜日から本格的に秋に突入するらしい。 最高気温が20℃って言ってた。





2005年04月28日(木)

今日も午後からサイクリング。 ちょっと出遅れて 16:00前から Centennial Park へ入った。

今日は多分1.5時間しか乗れないので 早めにバンチに加わって軽快に行きたいところだったのだけど、待っても待ってもバンチがやって来ない。 サイクリストが殆ど居ないので 絶対でっかいバンチがどこかに居るはずなのだけど、なかなか追い付いて来ない。 風が強いせいもあって ノロノロ走っていたのかもしれない。

1時間くらいしたらやっとバンチがやってきた。 予想通りでっかい。 40人弱ってとこかな。 時間も遅くなって来ていたので バンチのペースも速い。 いつもの様に最後尾について行く。 運悪く向かい風区間で風上側になる側についてしまって 向かい風区間が地獄。 バンチの速度がそれ程速くなくて助かった。(笑)

結局日の入り直後まで1時間40分くらい乗って終わり。 アパートに帰りついた時には もう暗くなっていた。





2005年04月27日(水)

今日も午後からサイクリング。 15:30前から Centennial Park へ入った。

走り出して 心拍数が低いのに気がついた。 一昨日の140kmが効いたのか堪えたのか。(笑) とにかく良い感じ。 疲れが残っているせいなのか、いまいちガンガン行きたい気持ちになれないので 脚に任せてトロトロペースで行く。 1時間ちょっとしたらバンチがやってきたので最後尾にくっつき虫。 暗くなるまでバンチにくっついて走った。

今日のバンチは小さかった。 最高で10人程度。 終始テンションが高くて、水のかけ合いを始める奴がいたり、手を振っている子供たちが居たらみんなで「はーーーいッ」と言いながら手を振ったりと、なかなか楽しかった。

意図的にバンチから遅れてバンチに追い付こうとペースアップをしてみたりもしたが、心拍数は最高で155bpm程度。 本当に低い。 心臓が壊れたのかな。(笑)





2005年04月26日(火)

今日は積極的にリカバリーの日。 昨日の疲れは それほどでもなく、思ったより衰えていないみたいだ。 早朝目が覚めてしまったので 心拍数をチェックしてみた。 最低で45-50bpm。 140km走った翌日にしては 良い感じで低い。 もうちょっとフィットネスを上げたら レース出来る身体になるかなぁ。

土曜日、えつこさん、たかさんとこで晩飯を御馳走になった時、俺が使った「腐れる」って表現について「変な日本語ねぇ」って指摘を受けた。 思いもしない指摘だったので ちょっとショックだった。 事は先週、向いのえつこさんにお土産を上げた。 なかなか会う機会が無いので、日本からのお土産のむらさき芋パイを「腐れていたらごめんなさい」みたいなメモと一緒に ドアの下に置いておいたのだ。 そしたら、その「腐れる」って言い方が日本語としておかしいと指摘されたのだ。 えつこさん、たかさん曰く、「腐れる」じゃなくて「腐る」、「腐れていたら」じゃなくて「腐っていたら」らしい。

今日インターネットで調べたら ちゃんとした日本語だった。 安心した。 なにせ、「日本語を忘れたのだ」とか「鹿児島だから」とまで言われたもんね。(涙) こんど反撃して上げよう。(笑)

google.com で「腐る」と「腐れる」で検索をかけたら それぞれ12,800件と533件だった。 確かに「腐れる」の方が圧倒的に少ない。 でも、ジャーナリスト 木村才蔵の著作に「生き腐れる国との訣別」って本が有るし、貫井徳郎の短編小説に「腐れる」ってのがあるくらいなので 普通の日本語だと思うのだけど・・・。 俺は、小さい頃から「腐れる」を使って来た。 もしかして放言由来の最近の言い方なのか? いやぁ、当たり前と思っていて当たり前じゃなかった事実に久しぶりに直面して・・・ちょっと嬉しい。(笑)





2005年04月25日(月)

今日は ANZAC Day で休日。 クラブは Cronulla へのサイクリング。 昨夜ベッドに入るまでは参加するつもりだったのだけど、いつものごとく起きたのは08:30。 昨夜F1を観てしまった・・・てか、いつものごとくうとうとしていたので 観たのは最初の5ラップと表彰台だけ。(笑) なんで M Schumach が2位になったのかちょっと不可解だった。(笑) やっぱ奴はただもんじゃない。

起きたらとっととサイクリングギアに着替えて Centennial Park のコーヒーショップに直行。 クラブの連中はもう帰って来ていた。 10:30までモーニングコーヒーを楽しんだ。 今日の朝飯はフラットホワイト2杯とチョコマフィン、それにベーコンエッグロールでした。

さてと、目が覚めたらトレーニング。 ほぼ中2日で脚は絶好調。 10:30からスタート。 今週はLSD重点なので 公園をトロトロのんびり長時間走るのだ。 最初の1時間は LSDペースでのんびりと。 チビッコや車が多くて 30km/h以上出す気にはなれない。 LSDには丁度良い。

1時間したら飽きたのでちょっくらパワートレーニング。 2kmの丘上りのループを10ラップか11ラップした。 今までは大腿四頭筋はなるべく使わないサイクリングをして来たのだけど 今回は大腿四頭筋重点パワートレーニング。 ・・・といっても負荷は低め。 5%の登りで 最初は39x21で。 終盤はちょっと負荷を高めにしたけど 39x17がマックス。 心拍数は170bpmマックスで。 依然心拍数が10bpm以上高めで ちょっと心臓に負担が大きい。

その後1時間はまたまたLSD。 マッサージする気持ちでのんびり走った。

その後は 飽きたので La Perouse 往復。 一人で La Perouse をやるのは 今年初めてじゃないか?(笑) 車と並走すると ついつい心拍数が高めになる。 エンデュランストレーニングをプチ入れてみた。 La Perouse では蛇小父さんを見学。(笑) 正式にはちゃんとした名前があるのだけど 通称 Snake Man。 週末とか祭日に トカゲや蛇のデモンストレーションをしてくれるのだ。 もちただ。(笑) トカゲって言っても 日本で観るような小さい奴じゃない。 小さくても30cmはある。 蛇なんか3mくらいあるやつ(本当)を触らせてくれる。 オーストラリアネイティブの爬虫類を色々観られてなかなか面白い。

Centennial Park へ帰って来たらコーヒーショップへ直行。 時間はもう15:00。 いつものようにフラットホワイトとスポーツドリンクを頼んだ。 そのコーヒーショップでは、客が多いので 混乱を避けるために名前と注文品をメモる事になっている。 俺がフラットホワイトを注文したら、注文を受けてくれたおねいさんがコーヒーを入れる担当の娘に「ヒロにフラットホワイトねッ!」なんて伝言してメモをとってくれるのだ。 そしたら、コーヒー担当の女の娘が「ヒロまだうろうろしてんのぉ?」なんて(多分呆れて)笑ってた。 すいませんねぇ〜〜。(笑)

ダックポンドで水鳥を眺めながら一息付いたら 仕上げのクールダウン。 公園を40分くらい走った。 今日の走行距離は 5時間で140km弱。 LSDだからトロいっす。(笑)

心拍数の記録なんだけど 全体で70点くらいしかデータを記録してくれない。 なので、パワートレーニングのインターバルの部分なんか 平均されてなにやってるかぜんぜんわかんなくなっちゃってる。 なんでたったの70ポイントなんだ? 1ポイントあたりたったの4バイトくらいなんだから ケチる必要なんて全然ないのにね。

今日の消費カロリーは3500kcal程度。 色々食ったり、ドリンクにジャングルジュースを飲んだりしていたので 実質消費2000kcal程度ってとこかな。 夕方腹が減ったので 近くのステーキハウス兼パブへ。 17:00くらいでまだ客が少ない・・・レストランはね。 ハブはもう酔っ払いだらけ。(笑) いつものようにビールとスコッチフィレを食った。 多分2000kcal程度。 結局、カロリーの収支は ±0って事ですね。(笑)

ビールなんだけど オーストラリアでお薦めは ハーン・プレミアムって奴。 旨いっす!





2005年04月24日(日)

起きたのは08:00前。 とっとと Centennial Park へコーヒーに。(笑) 昨夜寝る前にもまだ脚が痛かったので 今日は駄目だと思っていたのだけど、走り出したら回復しているのに気がついた。 Waterfall へ行ってれば良かったな。

30分走ってコーヒーショップへ。 George Schneller、Sam Kosky、Reg Shortland 等が寛いでいた。 Sutherland で引き返して来たらしい。 最近の George はいまいちサイクリングやクラブイベントに熱心じゃない。 2年前アキレス腱を切って以来 完全復活出来ていないのだ。 Sam おねいさんも 学校が忙しかったり脚を痛めたりして1年くらいサイクリングから遠ざかっていたのだけど、まだ完全に復帰できていない。 以前は俺も負けるくらい平地が速かったのに。 一度フィットネスを落とすと 復帰するのが大変なんだよね。(笑)

それに比べて レーサーな娘 Amber ちゃんは絶好調でフィットネス向上中。 俺が絶好調の時でも俺と五角くらいだった。 その頃より一回り絞れて、良い感じに仕上がっているのが一目で分かる。 「明日レースなので 今日は Waterfall にしておいたの。」だってさ。(笑) もう完全にかなわないな。(涙)

アパートへ帰って来たら SBS で Paris - Roubaix のダイジェストを観た。 Tom Boonen が勝ったのは知っていたのだけど、いやぁ Juan Antonio Flecha の強い事強い事。 George Hincapie とタメ張ってる。 2年前逃げでステージ優勝して、去年は Jakob Piil と同じくらい逃げに乗っていた。 ゴール前1kmでバンチに掴まったのは残念だった。 毎年強くなっているのは知っていたけど 今年の Flecha は一味違う。 Le Tour の活躍が楽しみだな。





2005年04月23日(土)

08:00に起きて Centennial Park へ・・・コーヒーに。(笑) ホカホカと良い天気で 最高だった。

コーヒーの後、ちょっと疲れ気味だけど リカバリーペースで50km走った。 気温が程よく 気持ち良かったので、飽きずに走る事が出来た。

サイクリングから帰って来たら 隣のえつこさんがやってきて「今夜どうですか」って事だった。 もちOK。

夕方いつもの時間にお邪魔した。 たかさん、えつこさん、たかさんの姪のゆりちゃんといつものメンバー。 NZから買って来たワインをもって行った。 赤ワインだったので冷やさなくて良いと思っていたのだけど、ちょっと冷やした方が美味しい奴だった。 でもOK。 いつもの様にたかさんが酔っ払うまで美味しく食った食った食った。(笑) 部屋に帰ったのは21:30。 いつもよりうんと早かった。





2005年04月22日(金)

朝軽く乗りたいと思っていたのだけど 起きれなかった。 昨夜遅くまでTVを観ていたのだ。

昨夜 Stargete Atlantic ってのをやっているってのを発見! Stargate SG-I と同じくスターゲートがでてくるのだけど キャストが全然違う。 ストーリー展開はほぼ同じ。(笑) ついつい観てしまって 寝ついたのは00:00くらい。

今度の月曜日は ANZAC Day で祝日。 ので、今週末は3連休。 まッ、俺には関係ないけど。(笑)

読売新聞の記事で 【中山文科相は、「『ゆとり教育』は間違ってとらえられ、勉強しなくていいという印象を与えた。」】という記事を読んだ。 先週日本に帰っていた時 妹の子供たち(つまり甥姪だよね)の教科書を見せてもらった・・・うすぅ〜〜い・・・50ページも無い。 「最近の教科書ってうすいんだなぁ」って思ったら 表に2,3,4年生用って書いてあった。 をいをい、これを3年間使うのかよッ!! ゆとり教育じゃなくて、今の日本の教育は「ばか大量生産工場」だよね。 日本の未来は真っ暗だ。

姪のまきちゃん(可愛い)から教科書を見せてもらった時 社会の教科書に世界地図が載っていた。 オーストラリアも載っていて サンタさんがサーフィンやっている絵が描いてあった。 それを観たまきちゃん「オーストラリアには サンタさんは泳いで来る」らしい。 そのまんまじゃん!(笑) 良く聞くと オーストラリア(南半球)と日本(北半球)では季節が逆だって事を知らないらしい。 そのくらい教えてやれよ!(涙) 「オーストラリアは 12月は夏で雪が無いのでそりは使えない。 代わりにサーフィンしてやって来るんだ!」って教えて上げた・・・と思う。

午後からサイクリング。 疲れ気味なので、今日ちょっと追い込んで明日リカバリーにする事にした。

15:30から開始して 今週のメニューのケイデンスを上げてのインターバルを開始。 4ラップで死んだ。 最高心拍数は178bpm。 2,3ラップ休憩を入れた後 レースペースで1ラップしてみた。 今一つスピードが乗らないのだけど 思ったよりは悪くなかった。 最高速度が43km/h。 ラップ平均は34.0km/h弱だ。 乳酸耐性を上げて、もうちょっと心拍数が落ちて来たらイケイケかもしれない。

・・・と、それはもうちょっと先の話で。 来週からはしばらくはLSDの予定。 20日間食っちゃ寝食っちゃ寝して、脂肪がついた分筋肉が落ちた。 まずは脂肪を2,3kg落としたい。 乗っててしんどいのだ。(笑)





2005年04月21日(木)

05:00過ぎに目が覚めて 一旦はサイクリングギアに着替えたのだけど、路面は乾いていたのだけど あんまりにも怪しい天気だったので、また寝た。 直後に雨が降り出した。 サイクリングしなくて正解。(笑)

午後15:00過ぎにアパートへ帰って サイクリング開始。 Centennial Park へ。 まだサイクリストはパラパラとしか居ない。 でもこんな時間でもサイクリストが居るところが凄い。 走り出して気がついたけど 心拍数が落ちて来ている。 月曜日なんて 普通に走っていて140bpm台だったもんね。 今日は130bpm台。 以前は120bpm台だったので、以前みたいに楽に走れるようになるには もうしばらくかかるかな。

初めの1時間は今週定番のケイデンスを上げてのインターバル。 180bpmまで上がったけど それ以上にはならなかった。 後の1時間はリカバリーで。 トロトロ行っていたら Sydney CC のクラブキャプテンともう一人良く会うけど名前を知らないメンバーに遭遇。 1ラップくらい後ろについてみたけど ペースが早過ぎたのでとっとと離脱。

バンチを待ちながらトロトロ行っていたら・・・来ました。 すっげーーーでかいバンチ。 平日16:00過ぎから50人以上のバンチが出来ている。 最後尾についたけど 先頭が見えない。 先頭が見えないと すっごい不安。(笑) 今オフシーズンでレースが少ないので バンチものんびり雰囲気。 心拍数も120bpm台で スッゲー楽。

「そろそろ2時間走ったので終わりかな」なんて思っていたら 急にバンチの中に緊張感が漂い始めた。 みんなそわそわし出した。 ・・・と、血の気の多い連中がブレークを掛け出した。 こうなったら もうバンチは狂気につつまれる。 当然俺も参加。(笑) フラット区間は軽く53km/hですっ飛ばす。 登り区間も46km/hで引っ張られた。 人数が多いので フィットしていない俺でも楽について行けた。 1ラップ遊んで とっとと離脱。 150mにも連なったペースラインは ハッキリ言って恐い。(笑)

帰って来てシャワーした後マッサージ。 以外にも疲れは少なかったようだ。 よしよし。(笑)





2005年04月20日(水)

今朝は目覚まし(05:30にセット)よりも早く03:00過ぎに目が覚めた。 外は雨。 なんで早起き(ちょっと早過ぎだけど(笑))出来た日に限って雨なのかな?

何故かスッキリ目が覚めて眠れそうに無いので ちょっと難しい本を読んだ。 そしたら30分もしないうちに爆睡。 良く効く睡眠薬。(爆) 次に起きたのは09:00。 外は依然雨。 今日は乗れそうに無い。

大学で PostDoc をやっている Matthew WhitingPanayiotis Tzanavaris がもうすぐ学校を去るので 今日は2人の送別会。 Panayiotis がギリシャ人なので City のアテネ料理屋へ。 19:00から始って10:00過ぎまで。 飲んで食って食って食った。(笑) 赤ワインを飲んだのだけど イマイチだったな。 いつもお隣さんのえつこさんとこで飲んでいるオーストラリアワインの方が2倍美味しい。 帰り着いたのは23:00過ぎ。 久しぶりに酔っ払って(食い過ぎて??)気持ち悪かった。





2005年04月19日(火)

クラブの朝練に参加して久しぶりの Watsons Bay と練習後のモーニングコーヒーを楽しもうと思っていたのだけど 起きれなかった。 目覚ましが鳴ったのは なんとなく憶えているのだけど・・・。

08:00前に起きてサイクリング。 Centennial Park へ入って 昨日と同じ様なメニューで行く。 相変わらず心拍数が高くて悲しくなる。 でも、昨日よりかは楽に乗れた。

1時間ぼちぼち走った後 4回だけインターバル・・・登り区間でスプリント。 昨日と同じくケイデンスを上げて 軽い負荷でくるるるるるるるッと(当社比)スピードを上げる。 昨日よりかは呼吸も楽だった。 この調子で早く復活しよう!





2005年04月18日(月)

朝06:00に携帯がなって叩き起こされた。 相手はJAL。 なんでJALなのか聞き違いなのかわかんないんだけど、行方不明の荷物を届けてくれるらしい。 07:00から10:00の間っていってた。

で、その後爆睡。 09:00に Manfred に起こされた。 荷物が届いたらしい。 お土産以外何も入ってなかったので 今日でなくても良かったんだけどね。

シャワーして目を覚ました後 久しぶりのサイクリング。 Centennial Park へ入って軽目に2時間、57km走った。 心肺機能がもうボロボロで 心拍数がメッチャ高い。 しかもなかなか落ちて来ない。 最悪。 心肺機能強化の為に ケイデンスを上げてインターバル的に走った。 明日は早起きして Watsons Bay をぶちかまそう!

シドニーは今日も快晴。 気温は28℃。 サイクリング後は 塩で顔がジャリジャリになった。(笑)

昼から学校へ。 3日振りにメールをチェックした。 ら、GEMINIのバーチャル・オブザーベードリの仕事をしている David Woods から「Hiro はどこじゃ!」のメールが来ていた。 バーチャル・オブザーベードリのデータベースの為のプログラマを探しているらしく 俺にやる気があるかどうか知りたかったらしい。 1月程前、Melinda からもそんな事を聞いていたのだけど ごたごたしていたのですっかり忘れていた。 運が良かったら もうちょっとSydneyに居れるかも知れない。 ただ、データベースなので いまいち歯ごたえが無いんだけどね。(笑)

久しぶりに3年前に一緒に Red Center に行ったKさんのHPを覗いたら「AUに住んでいるTさんが一時帰国したらしい。メールをもらっただけで姿を見ていないので本当に日本に居たかどうかは不明だが・・・」だそうだ。(笑) ちゃんと日本に居たんですよ。 食い倒れ人形の写真が証拠です!(爆)





2005年04月17日(日)

シドニーへの飛行機の中では 食事時間を除いてもう爆睡。 映画は面白いのはもう全部観ちゃったし 他にする事がない。 映画だけでも60チャネルもあるのに・・・なんで? 昨日から食っちゃ寝、食っちゃ寝の連続なので もう腹が減っているのかいないのか感覚麻痺状態。 食事は出て来た分全部平らげた。 腹減ってたのかなぁ。

シドニーには09:45に到着。 入国審査もスムーズで なんにも問題無し・・・でもない。 荷物が行方不明。(笑) そうだよね、SQ985->SQ221のラベルが貼ってあるのに 乗り継ぎ失敗してんだものね。 Luggage Service のオフィスで手続したら「SQ221は遅れて12:30着よ」だってさ。 なんで??? 多分その便に乗っているだろうって事だったけど 宅配してくれるって言うのでお願いした。

検疫を通って到着ロビーへ出て真っ先にした事は・・・コーヒー。(笑) いやぁ、やっぱシドニーのコーヒーはうまいわ。 これがないといきて行けないな。(笑)

日本へ発つ時シドニーはちょっと涼しくなって来ていたので、「今日も涼しいだろう」と思ったら なんと27℃。 暑い暑い。 シドニーはまだまた夏れす。

400番のバスを捕まえて アパートにたどり着いたのは12:00。 サイクリングする元気もなく、TVを観ながら爆睡した。





2005年04月16日(土)

日本を発つ飛行機が12:00なので ちょっと早めに09:00にチェックアウトして関西空港へ。 難波からは 急行で50分。 預けていた荷物をロッカーからとりだして、トイレでシャツを着替えて とっととチェックイン。

南海特急 従兄弟(もしかして甥だっけっか?(笑))曰く「鉄人28号」だそうだ

する事ないのでサッサと出国手続をしてターミナルへ入ったは良いのだけど 何にもない。 シンガポール空港とかシドニー空港は、出国後でも寛げるように売店やカフェが沢山並んでいる。 免税店も沢山あって 暇潰しが出来るのだ。 でも日本の空港って 何にもない。 最低。

SQ985便は、12:00発の予定が 飛行機の油圧系統の故障で13:30に変更。 13:30になっても直る様子はなく結局欠航になった。 乗客は 全員次の17:00発のSQ983便に変更されて、SQ983便はほぼ満席。 よく入ったよな。 こんなに詰め込んで 本当に飛ぶのか心配だったよ。(笑) 待っている間には シンガポール航空からジュースやらサンドイッチ、コーヒー、スープ、弁当のサービス。 そんなに食えないっててばさ・・・全部食ったけど。(笑) なんか「何か食わせておけば客は文句言わないだろう」って思っている臭い。(爆) あ、それでもシンガポール航空は好きよ。

サービスの弁当

飛行機が欠航になったお陰で シンガポールには7時間遅れの22:30に到着。 当然乗り継げるはずはない。 でもシンガポール航空の手配で 00:30発のSQ213に乗り継ぐ事が出来た。 1時間半時間があったので イタリアンコーヒーを飲んだ。 日本では飲めなかったので 久しぶりのエスプレッソ。 シドニーのコーヒーに比べたら不味いけど まぁ飲めないよっかまし。(笑) 他に、喉が乾いていたのでジジャービールも飲んだ。 日本人には不評らしいけど シドニーでは好きな人が多い。





2005年04月15日(金)

今日はオーストラリアへ帰る日。 てか、今日は大阪泊まりで 明日国際線に乗るんだけど。 妹夫婦と親父に送ってもらう事になった。 途中、輝北町の輝北天球館って言う天文台兼プラネタリウムへ寄る。 口径60cm、F3.5の望遠鏡があって 2つの一等星を見せてくれた。 知ってました? 明るい星は 昼間でも見えるんですよ。(笑)

天球館の側には ウインドファームって言う風力発電所もある。 それに鹿児島の象徴桜島が目の前に広がる。 最高!

ウインドファームの風車群 絶景の桜島 絶景の鹿児島湾と桜島(特大はここをクリック)

昼飯を食ってから飛行機に乗るかと思っていたのだけど 時間が無くなって空港へ直行。 直にチェックインして 間もなく搭乗。

関西空港へ着いたら 蕎麦を食う。 腹減ったんだ。(笑) その後空港のロッカーに要らない荷物を預けて 空港線で難波へGO! 今日は大阪で一泊。 因みに、大阪は初めて。(笑)

いやぁ、大阪はなんか・・・パワーあるわ。(笑) 商店街を歩いていて 圧倒されっぱなし。 適当に見つけた HOTEL ILCUORE っていうホテル(シングル1泊8500円)にチェックインした後 従兄弟(もしかして甥だっけっか?(笑))お薦めの「大たこ」ってタコ焼屋へ行ってタコ焼(10個で500円)を食った。 行列ができていた。 日本一って振れ込みだったけど・・・味は普通かな。(笑) たこは大きかったけどね。

大阪初心者コースで道頓堀を満喫。(笑) 晩飯に寿司弁当(残り物で安くなっていて490円)とチャーシュー饅頭(2個で390円)と、明日の朝食に 商店街の美味しそうなパン屋で1個105円均一(多分閉店前だったから)のパンを4つ買ってホテルへ帰った。





2005年04月14日(木)

田舎へ久しぶりに帰ったら 景色が大分変わっていた。 びっくりしたのは 道路が狭い。(笑) 「こんなに狭かったかなぁ〜」ってくらい。 子供の頃は あんなに広く感じていたのに。 因みに、車は道路の真ん中を走ります。 対向車がいないのでOK。

俺んち近くの表通り

子供の頃登って遊んでいた椿の木が今度切り倒される事になった。 その椿の木は 俺の実家の隣にある墓地の一角にしげっている。 子供の頃はまだそれ程大きくはなかったのだけど、15年くらい前 大きくなり過ぎて邪魔になったので大きな枝を落とした。 今回は、墓地を拡張するために切り倒すらしい。 昔は、その墓地も木々に囲まれていたのだけど、今じゃすっかり日当たり良好。(笑) 南東に立っているその椿の木だけが 日差しを邪魔しているのだ。 まぁ、時代の流れだね。

コケむした椿の木





2005年04月08日(金)

シンガポールでトラッンジットして・・・長い。 4時間くらいだったかな。 眠りたかったのだけど 眠れなかった。 空港の売店を観て回った。 ハイテク製品が多くてちょっと感動。 喉が乾いたのでコンビニに入ったら ポカリスウェット(S$1.40)が置いてあった。 オーストラリアにはないんだ。 飲むの久しぶり。(笑)

虫の形をした花を発見。 面白い。 シンガポールのお金 久しぶりのポカリスウェット

日本への飛行機は01:00過ぎ。 シドニーからの疲れもあって 激烈眠い。 でも眠れない。 映画を観ようと思ったら シドニーからの便と同じメニュー。 もう面白いのは観ちゃったし。(笑) たったの5時間半だったけど、辛かった。

関西空港に着いたのは08:00過ぎ。 入国審査もスススッて済んで やっと日本に入国。 鹿児島への国内便の手続をした後 売店へ。 ・・・カルチャーショックを起こして しばし呆然とする。 だって溢れるような日本語を観たの久しぶりだしぃ。 並んでいる製品がとっても華々しい。 完全に脳味噌がパニック状態。 多分説明しても これを読んでいる人には理解できないな。(笑) 慣れるのに2時間かかった。(爆)

鹿児島への便は13:30発。 長かった。 気温は16℃なんだけど、おいらだけシドニーの夏全開。 ちょっと涼し過ぎ。(爆) 回りの人が変な目で観てる。 オーストラリアだと 他人がどんな格好していようが「あんたの好き好き」って感じで何ともないんだけど、つくづく日本に帰って来たんだと 嫌気がさした。(笑)

鹿児島空港に着いたら スムーズにとっとと外へ・・・と思ったら、ラゲージクレームで 荷物の受取ステッカーをどっかにやっちゃって慌ててしまった。 荷物の受取なんて国際線でもチェックしないのに。(笑) 真面目過ぎよ。 それに、関西空港で 機内への危険物持込も 国際線以上に入念にチェックされた。 だれも鹿児島線なんてハイジャックしないってば。 そもそも日本なんて アメリカの金魚の糞くらいにしか思ってないし。(笑) 自意識過剰よ。

到着ロビーにでたら なんと5人も迎えに来ていた。 妹夫婦と 叔父さんと、叔母さん2人。 「なんて壮大な歓迎なんだぁ!」って感動したら、叔父さんが俺と入れ替わりに神戸に帰っちゃうので その見送りも兼ねていたらしい。 因みに、叔父さんは母の兄弟姉妹の一番下。 俺と会ったのは・・・何回なんでしょ? 高校卒業して直に関西に行ったらしく 俺は顔もしらなかった。(笑) 俺の妹の子供たちにも 今回初めて会う。 3人もいるのに。(爆) 最後に帰って来たのは13年前で 妹の結婚式以来だもんね。 ちょっと自慢。

妹も姉も 実家の隣に住んでいる。 姉の子供は上が男で下が女の2人。 最後に会ったのは 2人が小学校の時。 つまり13年前ってわけで、上の男の子は1年前に結婚して もう子供がいたりする。 前会った時「ひろゆきにいちゃーーーん!」って言ってたがきっちょが もういっぱしのおやぢになっている。 下の女の娘はもう21歳で保育園の先生。 ちょっとひょうきんな娘。(笑) もうギャップ有り過ぎ。 ギャップを埋めるのにあたふたする。 近所の人達も みんな年取っていて 誰が誰やら・・・。(笑)

妹の子供は3人。 男、女、男の順。 こいつらにとっての俺の存在は、正に俺にとっての神戸の叔父さんとおんなじ現象なんだろな。 妹は俺の事を「オーストラリアのおぢさん」って教えているので、興味津々って感じで接して来る。(笑) こっちがこっぱずかしい。

姉の息子の子供は、俺の親父にとっては曾孫。 おれの姉はまだ50歳そこそこなんだけど、もう孫がいる。 てか、俺の妹の一番下の子供はまだ小学1年生なんだけど、もう叔父さん。 ちょっと可哀相。(笑) ところで、兄弟姉妹の子供の子供(つまり甥、姪の子)って 俺にとってなんて関係なんだろ?





2005年04月07日(木)

今日日本へ飛ぶんだけど ちょっちサイクリング。 朝努力したのだけど 起きれなかった。 でも、06:30には起きたのだ。 最近の俺にしては偉い。 3時間くらい乗って置きたかったのだけど、何だか疲れていて 50kmでギブアップ。

アパートをでたのは 12:00丁度。 400番のバスで空港へ。 飛行機は15:45だったので余裕で間に合った。 ぼけぼけしながら時間を潰す。 コーヒーも飲んだかな。 美味しいコーヒーもしばらくさよならだ。

座席は、通路側をしきりにお願いしたのだけど 窓側になってしまった。 シンガポールへはアリススプリングス上空を通って行くのだと初めて知った。 アリススプリングスの街がちゃんと見えた。 以外と小さい。 残念ながら Uluru は確認できなかった。 多分反対側だったんだな。

隣は 地中海の国????へ向っている夫婦。 奥さんが隣でちょっと話したりしながらリラックスできた。 旦那さんもとっても良さそうな人で なんか幸せな気分になれた。 不思議だな。 60チャネルある映画を観倒していたら 7時間半のフライトもそれ程退屈ではなかった。





2005年04月06日(水)

NZから帰って「ちょっとゆっくりしよう」と思っていたら 妹から「母が死んだ」って電話があった。 俺がNZに居る間に容態が悪くなったみたいだ。 間が悪いよ。 もうちょっと早かったら(へんな言いぐさ) 死に目に会えたのに。

学校に10日振りに来たら もう俺の机は無かった・・・・・・て、嘘。(笑) メールが200通たまってた。 そのうちスパムとウイルスが140通くらい。 NZに行く前に知り合いに片っ端から「終わったよメール」したので その返事が10通程。 学校関係が50通程。 サイクリング関係が10通程。 片付けるのに一苦労さ。

さて、これからチケットを手配しなくっちゃ。 なんか・・・まだ実感が湧かないなぁ。

Randwick の旅行エイジェンシーに行って チケットを手配した。 明日の午後発のシンガポールエアライン。 当然シンガポール経由。 他にチケットが無かったんだけど、俺はシンガポールエアラインが好きなので問題なし。(笑)

NZ旅行の洗濯をした後 夕方サイクリング。 17:00前から始めたので 1時間で終わり。 夏時間が終わったので もう18:00にはサイクリングできないくらい暗くなる。 リカバリーで終わってしまった。





2005年04月05日(火)

今日は学校へ行くつもりだったのだけど すっかり怠け癖が身について(笑) のんびり11:00に起床。 昨日までは2時間速い時間帯で生活していたのに、帰って来たらすっかり時差もなく絶好調。(笑)

15:00過ぎからサイクリング。 10日乗っていなかったので ペダルが重い。 心拍数が高い。 身体中が痛い。 もう涙が出て来た。

1時間くらいジタバタしたらかんとか調子が出て来た。 といっても、すっかり屁たれなのは変わらない。 後半の1時間だけバンチで乗ったのだけど バンチのスピードが遅くて助かった。 夏時間が終わって 火曜日夕方のクリッツが無くなったのだ。 だからバンチものんびりムードだった。

2時間で60km乗って終わり。 明日も乗りたいので 今日は軽目にしておいた・・・つもり。(笑)





2005年04月04日(月)

やっと Australia に帰って来た。 ほんと、帰って来たって感じ。 空港から出てシドニーの匂いをかいだら 本当にホッとした。 やっぱシドニーが一番良いや。(笑)