01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2005年01月31日(月)

05:00に目覚ましに起こされたのだけど 外はまだ真っ暗。 最近の日の出は06:00過ぎらしい。 そういうわけで 05:30過ぎまでちょっとぬくぬくする。

06:00から Centennial Park へ。 まだ薄暗い。 以前買ったチャージ出来るヘッドライトが壊れたので 今はライト無しなのだ。 ライトがあったら05:00からガンガン行くのに(希望)。

今日はひっさしぶりに自転車に乗ったので 身体慣らしに軽く行く事にした。 1時間トロトロ乗ったら飽きた。 1時間半で終わったのだけど、やっとその頃やる気がでてきた。 明日に持ち越し。(笑)

結局今月はやっせんぼ絶好調の屁たれで終わった。 来月も 今から危ない予感がする。(笑)

そうそう、ヘッドライトなんだけど、最近電球の接触が悪くなって来ていたのだ。 で、先日開けて調べたら、なんと電球のソケットが熱で溶けて 電球がちょっと明後日の方向に曲がっていた。 ソケットはプラスティックで出来ていて 反射鏡部分と一体型になっている。 耐熱性のプラスティックを使わなかったらしい。 完全な設計ミス。 馬鹿だね。

cyclingnews.com 見て驚いた。 康司選手が170kmを単独逃げ切りステージ優勝! 信じられん!(笑) 思えば2年前、TdLで逃げていた康司選手を見てフアンになったのだ。 同じレースで勝ってくれるとは 嬉しい限りだ。

小松メカの日記によると、リーダー、山岳、ベストアジアンジャージとてんこもりらしい。 なんか・・・ Anchor好き放題やってます。 嬉しい。(笑)

先週末、Crocodile Trophyで 日本人でただ一人連続出場している渡辺さんからメールを頂いた。 今年のコース概要が送られて来たらしい。 メールで送って貰ったのですが、参加登録フォームも貼付されてました。(笑) 「でろッ!」って事ですね。(爆) 出たいです出たいです。 レースコースがほとんど舗装されていないので フルサスが必須のようです。 アマチュアだったら尚更みたいですね。 買わないと!! てか、その前に就職だろ? いやいや、論文が先よ。(爆) もう完全にテンパってます。 イーペイコゥ・ドラドラ・リーチってとこでしょうか。 あとはイッパツ・ツモだけ? ・・・いみわかんねー。(笑)





2005年01月30日(日)

今日もやる気が起こらないので サイクリング無し。

「さて残るはコンクルージョンのみ、張り切って行くかぁ!」と思ったのだけど・・・やべ、何書くか考えてなかった。(笑) 何かネタを探し出さないと。(爆)





2005年01月29日(土)

05:00に目覚ましが鳴ったのだけど起きれなかった。 起きたのは09:00過ぎ。 最近にしてはちょっとゆっくり過ぎ。 昨夜は22:00には寝ついたと思うので 11時間くらい寝てたみたいだ。 そうとう脳味噌が疲労状態。(笑)





2005年01月28日(金)

06:00前に目を覚ましたのだけど、昨夜雨が降って路面がグッショリ。 朝練はなし。 どうせリカバリー程度に乗る予定だったのでOK。

論文書きも絶好調にとち狂っていて サイクリングどころではない。(笑)





2005年01月27日(木)

05:00に目が覚めたんだけど 今日は寝る方を選んだ。 なのでサイクリング無し。 やってもリカバリー程度に小一時間の予定だったので問題なし。

cyclingnews.comでTdLのスタートリストを見ていて 鈴木真理選手がAnchorに来たのを知った。 こういうのを鬼に金棒状態って言うんだよね?(笑) 田代選手も復活するみたいだし・・・なんかすげーーー。

SCC からメールがきて、保険の関係でずっとペンディングになっていた今年のクラブ内レースのスケジュールが正式に発表された。 TTが1kmから25kmまで5種類 それぞれ2回ずつ、ヒルクライムレースが2回、ロードレースが2回、Heffron Parkでのクライテリアムが6回。 ただし、フルレースライセンスのメンバーだけ参加可能。 実質去年よりパワーアップしてる・・・。 コミッティーの努力に感謝だな。

今日やっと 論文の4章ある主要部分をラフに書き終えた。 あとはイントロダクションとコンクルージョン。 最終的なチェックまでぜーーーーんぶひっくるめて今週末までに終わらせる・・・絶対!!(激汗)





2005年01月26日(水)

目が覚めたのは06:20。 一瞬もうちょっと寝ようかとも思ったのだけど、午前中に乗って 夕方のんびりする方を選んだ。 でも遅刻確実。 集合場所へ行っていたのでは間に合わないので Centennial Park のゲートで待つ事にした。

俺と同じ境遇の奴等と一緒に待つ事2,3分、バンチがやって来た。 50人。 今日は1バンチで。 すっげーー長い。 今日のサイクリングは Kurnell までの往復で 殆ど平地だったのだけど、バンチの後ろはちょっとした事でブレーキしたりスプリントしたり。 けっこう疲れた。

折り返してからバンチのペースが上がったのか 5,6人が脱落。 バンチは行ってしまう。 おれも行ってしまう。(笑) 会長の Jamie Bedford が減速して行ったので多分大丈夫。 それに 暫くしてからElinちゃんと彼氏の Marton も「Jamie を待つから」と言って落ちて行った。 俺はバンチの最後尾あたりにいて、バンチが長過ぎて危なっかしいので 落ちる事にした。

暫く待ったら8人くらいのバンチがトロトロとやってきた。 新人さんが2,3人辛い思いをしていた。 一人はギヤの変速の仕方さえ知らない。 バンチのサイクリングが慣れないようで 一人でヨーヨー状態になっている。 俺も最初はそうだった。 もう一人はハンガーノックみたいな状態で Jamie に尻を押されている。 他、女の娘が1人2人お疲れ状態。 もう見るも無残。(笑)

Centennial Park に帰って来たらそのままアパートへ。 今日は Australia Day で、マラソンのイベントか何かで公園の道路があっちこっち閉鎖。 公園からでるのに手間取ってしまった。

「ギヤの変速の仕方さえ知らない」ってのは、別に変速の方法を知らない訳じゃないんですよ・・・念の為・・・ガキじゃないんだから。(笑) 登り降りなどでペースを崩さないようにペダリングするために どうギヤ比を変更するかって事です。 一人で乗っているのならどうでも良いんだけどね。 まぁ、慣れです。





2005年01月25日(火)

05:00前に目が覚めて「さぁてサイクリングでもすべかぁ」と思っていたら 雨がとびゃ〜〜んと降り出した。 今朝もぐっすり07:30まで寝坊した。

今日は、120ワードくらいの文章を考えるのに半日費やした。 むずい・・・。(笑) いや、日本語でも同じくらい時間がかかると思う。 だって、英語がどうのという難しさじゃないんだ。(爆)

最近解決した英語の問題は、

なんて感じの複数単数のこんがらかった言い方。 The nose みたいに the をつけるか a にするかって問題もあるのだけど まあなんとか理解できた。 ここいらへんになると ネイティブに聞いてもちょっと悩む。(笑) 驚く事に、オーストラリアでは英語の文法を勉強しないらしい。 学校にもよると思うけど。 読み書きから自然に会得するらしい。 言葉は生きているので そうするのが当然なのかもしれないと思った。 なんでもかんでも形にはめるのは良くないよね。 だから「ら抜き」が問題になったりするのだ。 変わるのが当然なのにね。

最近悩んでいる問題は、名詞を制限するのに which を使うか、that を使うか:

って感じ。 日本の英語教育では、両方の言い方があるって習うだけで 違いは教えてくれない。 ネイティブに聞いても分からなかった。(笑) じゃあどっちでも良いジャン・・・なんだけどね。(笑) 俺は which を使うんだけど、俺の教官 Micheal Ashley は俺の英語を that に直して来た。 どうやらこだわりがあるらしい。(爆)

今日も夕方ちょっくらサイクリング。 ちょっと出遅れて18:30からスタート。 明日は祝日でクラブサイクリングがあるので、リカバリー程度に軽く行く。 1時間半乗って終わり。 最後に2,3ラップ押してみた。 ちょっと調子悪いみたい。





2005年01月24日(月)

学位論文用のデータは全て揃った。 あとは書き上げるだけ。 ガンガン行きましょう!

夕方脳がストップしたので サイクリングをする事にした。 18:00過ぎから始めて Centennial Park へ。 トロトロ行ってたらバンチが来たので 飛び乗った。 最初はノッタリだったのだけど、突然ペースが上がって その後2,3ラップでバンチが消滅した。 その後は一人でトロトロ。 2時間で終わり。





2005年01月23日(日)

昨日夕方雨が降り出した。 夕立程度だろうと思っていたのだけど、今朝も続けて雨絶好調。 ついでに雷まで御機嫌にゲロゲロ言っている。 お陰で今朝はぐっすり寝坊できた。

脳がオーバーヒートしそうになった時等サイクリストの日記を物色しているのだけど、最近は猫も杓子も(この言葉、最近のマイブーム)blogを使っている。 ハッキリ言ってうざいんだよ! blog使わないと日記書けないような頭悪い奴の日記は読まない事にしているので、読む日記がどんどん減って行く。(笑) blog使っても良いからさぁ〜〜〜設定いじってもっと読みやすくしろよ! ばぁ〜〜かッ!





2005年01月22日(土)

昨夜は寝ついたのは23:00くらいだったのだけど、05:00に起きれた。 でもなんだか外が気持ち明るい。 どう見ても05:00の暗さじゃない。 他の時計で確認したら05:30だった。 げッ、目覚ましが30分遅れてる。 昨夜ちゃんと確認して合わせたのに。

とっととアパートをでて Centennial Park へ。 クラブの練習前に軽くウォームアップだ。 ・・・と走り始めたのは良いんだけど なんかいまいちスピードに乗れない。 多分身体が寝てる。 でも、その割には心拍数が高い。 気温は19℃なんだけど 湿度100%。 あっちこっちに低く霧がよどんでいる。 つまり無風。

06:30に集合場所へ着くと もう殆ど揃った状態。 総勢50人ってとこかな。 天気が良いと人数も増える。 今日は3バンチで行く事になって、俺は軽目にBで。 公園を走りながらフォーメーションを整えている時 George Schneller と話しした。 Bバンチで乗れるまでに復活したのはちょっとめでたい。

BバンチはやっぱAに比べて ちょっとキレがない。 Foreshore Road では10人くらいでペースラインをしたのだけど、空港から折り返しての4kmでペースラインから逃げてみた。 41km/hで逃げて 掴まらなかった。 Maroubra の海岸沿いも 手抜き気味でも着いて行ける。 Aだと100%で行っても最後尾なのに。(笑)

Centennial Park への帰りの途中アパートの直ぐ近くの Frenchmans Road をとおるので、俺は公園に帰らずに離脱。 コンビニに寄ってオレンヂジュースを買って帰って来た。

George なんだけど、2002年のクリスマスにテニスやっててアキレス腱を切った。 それからもう丸2年。 まだ完全復帰出来てません。 まぁ、本人はレースする訳でもなく、急いで復帰する気も無いらしいんだけど・・・。 去年中くらいからバンチで短距離を乗るようになって やっと最近Bバンチで乗る気になって来たようだ。 怪我をすると あっちこっちに転移するので、なかなか身体のバランスが戻らないんだよねぇ〜〜。

最近インターバル的なトレーニングが多かったので フィットネスが上がって来た・・・んじゃなくて、心臓が高回転してくれるようになった。 今日の最高心拍数は184bpm。 最近の最高。 まぁ、走り始めからいつもより10bpmくらい高かったので こんなもんかな。

小松メカの日記を読んで知ったのですが、Tour of Siam で晋一選手優勝&山岳ジャージらしいです。 今年はなんかワクワクな予感ですな。





2005年01月21日(金)

昨日帰って来るのが早かったので 昨夜は21:00前にはもう眠っていた。 夜中に当然の様に目が覚めたんだけど、外は雨。 「明日の朝も路面グッショリ」って思って油断した。 08:00前に起きたら 爽やかな快晴で路面も乾いていた。 ちょっと悔しい。 それにしても良く寝た。(笑)

Tour of Siam ですが、Anchor が好き放題やってます。 cyclingnews.comによると、晋一選手が第3ステージをとってリーダージャージに間近。 山岳ジャージ獲得。 康治選手がポイントクラスィフィケーションのリーダー。

小松メカの日記では、Anchor 4人入った逃げが決まって 晋一選手がリーダーになったらしい。 それにしても、チーム5人のうち4人も入ってたら 普通潰されるだろ?

それにつけても、クラッシュした本人の康治選手より自転車の心配している小松メカって・・・素敵。(笑)





2005年01月20日(木)

起きたのは05:20。 目覚ましが何故か鳴らなかった。 誰かが止めたのかも。(笑)

とっととサイクリングギアに着替えてアパートを飛び出す。 涼しくてきんもち良い。 Centennial Park に入って まずはウォームアップ。 ミディアムペースで押しているのだけど 何故かスピードが40km/hを越えている。 一瞬「強くなったのか?」って思ったけど そんな筈はない。 MRモニタを見たけど 混信している様子は無い。 暫く放っておいたら スピードが58km/hとか38km/hとか45km/hとかコロコロ切り替わる。 駄目だ。 壊れた。(涙) 暫く考えてチカチカライトと混信しているのが分かった。 思わぬ盲点。

06:00にクラブ朝練の集合場所に着くと もう10人ほど集まっていた。 Tony Johnson もいる。 以前とちょっと顔ぶれが違うけど いつもの木曜メンバーだ。 みんなにくっついて軽快にサイクリングした。 公園へ帰って来たら 雑談しながらクールダウン。 2時間、60kmくらい乗って終わり。

George (だと思う、苗字不明) が年末年始にかけて New York へ行って来たんだと。 むかつくことに(笑)、「暖かいのは良いなぁ〜」なんてぬかしやがる。 冬のニューヨーク、しかも年末年始だなんて・・・ロマンチックじゃない? 憧れるなぁ〜〜。 羨ましい。

しかし早起きは良いやね。 2時間サイクリングして、シャワーして、朝飯食べながら洗濯して、洗濯物を干して学校に来ても いつもと同じ時間。(笑) ちょっと眠いのが問題だけど。(爆)

夕方気がついたら空が真っ黒。 「やべっ!」って事で超特急でアパートへ。 アパートにたどり着いた時にはちょっと降り出した状態で、朝干した洗濯物を取り入れた直後本降りになった。 セーフ!(笑)





2005年01月19日(水)

05:00前に目が覚めた。 外は多分晴れ。 でも今日の俺には睡眠の方が大事。 ・・・寝た。





2005年01月18日(火)

05:00前に起床! 正に奇跡はたまた神業。 外を観たら星が綺麗。 最高。(笑)

とっととサイクリングの準備をしてアパートを飛び出す。 まだ05:00過ぎで 今の時期だとまだ真っ暗。 日の出は06:00くらいのようだ。 Centennial Park へ入ってウォームアップを開始。 今朝は気温は18℃。 涼しくてきんもち良い。 脚に任せて押していたら なんか息苦しくなって来た。 暗いのでどのくらい飛ばしているかまったく分からん。

06:00前にクラブの朝練集合場所へ。 真っ先にやって来たのは Tony Johnson。 最近ずっと会ってなかったので 本当に久しぶり。 どうしてたか聞いたら 去年ずっと病気していたみたいだ。 今は大丈夫だとさ。 もう60歳近い(笑)おぢいさんなんだから 気を付けないとね。 でも俺よっか強いんですけどね。(笑)

集まったのは10人ってとこ。 火曜日の連中はガンガン行く奴ばっかで 女の娘やゆっくり行きたい人達には不評。(笑) 久しぶりに参加すると ちょっと顔ぶれが変わっている。 今朝は新人さんが加わって来たので ぼちぼちペースになるかも・・・とほんのちょっと期待。

やっぱ中2日は偉い! 調子良いし。 なんか・・・坂が坂じゃないみたいにスカスカ登れる。 信じられん。 「最後の坂ではカッ飛び先頭で行く」と気合いを入れていたら 俺の最近のライバル(勝手にそう思っている) Wayne Wheatley にスカッ!と置いて行かれた。 あっと言う間に30mも差がついた。 でもコンスタントに登っていたら 追い付いた。 流石にあのペースじゃ最後たれたみたい。 でも1番は持って行かれてしまった。 流石我がライバルにふさわしい根性。(笑) 久しぶりにガンガン行ったら 肺が痛くなった。

新人さんも最後尾だったけど ちゃんと付いて来ていた。 3ヶ月振りくらいのサイクリングとかなんとか言っていた割には 登りもペース良く登っている。 ちょっと話ししたらNZからやってきたのだそうだ。 そりゃ・・・当然か。(笑)

学校に来て心拍数をプロットしてみたら 最初の1時間は 徐々にペースが上がっていて、最後には180bpm下まで行っていた。 道理で息苦しい筈よ。

Anchor がタイでシーズン初めてのレースに参加しているみたいですね。 プロローグで康司選手がいきなりリーダージャージを捕ったみたいです。 なんかのりのりに脂がのり切って 絶好調みたいです。 今年のAnchorには、去年の故障から宮沢選手が帰って来て 本当に良い感じです。 これで田代選手が復活したら・・・おいおい手がつけられないよ。(爆)

なんて喜んだのも束の間、cyclingnews.comでチェックしたら 宿敵 Wong Kam Po にリーダーズジャージを捕られちゃったみたいです。(涙) 康治選手は13秒遅れの2位だったようです。 しかし、強いな Wong Kam Po。 でもまだまだ。 リーダーとの差は2,3秒です。

そう言えば、突然思い出したんだけど・・・。 こっちに来た直後の頃、何かの拍子にタクシーに乗った。 多分友達か妹かが遊びに来た時だと思う。 で、うんちゃんと話が弾んで うんちゃんが「俺は日本の映画を良く観る。 お前はミフューンって役者を知ってるか?」と聞くのだ。 一瞬「・・・??」ってなったのだけど、外人受けしそうな有名処の役者の名前を4,5こ横文字にしてやっと分かった・・・世界の三船の事だ! それにしても「ミフューン」はかっこ良すぎ。(笑)





2005年01月17日(月)

朝05:00に目は覚めたのだけど 外は暴風。 しかも雨。 とことんむかつく天気。

夕方から乗りたいと思っていたのだけど、教官からの有り難いメールで、またまたやる事が増えた。 どんどん厄介な方向へ導かれているようで ちょっと不安。(笑) そういうわけで、明日にかける。





2005年01月16日(日)

今朝も朝はゆっくり寝坊。 実際は05:00に目が覚めたんだけど・・・なんでだろ?・・・寝ちゃったよ。(笑)

夕方ガンガンブイブイ行こうと思っていたのだけど なんやかんやと教官へのメールの返信等やっていたら 何時の間には18:30。 もう屁たれ全開。(涙)





2005年01月15日(土)

昨日乗らなかったので今日は乗ると硬く決心。 でも朝起きれなかった。 夕方にかけよう!

学校へ来たら 教官の Michael Ashley から論文についてのメールが来ていて、「・・・ってなデータ取れないかな?」・・・ってさ。 言うのは簡単。 結局1日潰してデータ取りをした。 メールで返信しておいたけど 気に入ってもらえただろうか?

そんなこんなで18:00過ぎからサイクリング、Centennial Park へ。 今日は一日曇りだったのだけど、夕方から更に雲行きが悪くなって 降り出しそうな感じ。 でも良い。 乗るもんね。

中2日でいまいち調子が出ない。 1/2ラップカッ飛ばしたのだけど だめ。 結局1時間ちょっと乗ってからやる気が出て来た・・・ので今日は終わり。(笑) 明日に取っておくのだ。(爆)





2005年01月14日(金)

17:00過ぎ、「これからちょびっと乗るかな」と思って外を観たら 何やら不穏な雲行き。 見る見る暗くなって 雷までゴロゴロ鳴り出した。 雨雲が水に墨を流したみたいに 変な模様に渦巻いている。 あんなの初めてみるぞ。

腹が減ったので 雨が振り出す前にコンビニまで行って来た。 外へ出たらぬぉ〜〜んって感じで蒸し暑い。 とっとと大雨が降って 涼しくなっちまえば良いんだ。

あんなに異様な曇り方で雷もなっていたので さぞかし凄い雨になるだろうと思っていたのだけど、結局パラパラしただけ。 サイクリングを諦めて損した。(笑)





2005年01月13日(木)

我が UNSW でも太陽系外惑星を探しているってのは以前書いたかな。 Marton Hidas と Jessie Christiancen が中心になってやっている。 で、今週ちょっとばっかり手伝いをしていて、面白いのを見つけたのでちょっとばっかし紹介しよう。

世の中には恒星が沢山あるのだけど、その中には光度を周期的に変化させている「変光星」ってのがある。 変化する原理は主に星の半径が伸縮するせい。 表面積が変わるので 光度も変化するのだ。 周期は数秒から数十日と色々。 この世の中の恒星のだいたい5%くらい(すっげーー大ざっぱ)が変光星だと考えて良いと思う。

下の2つが変光星の光度変化。 これらの画像は、一晩に50-70画像も撮影して、それをなん夜も撮り続けた血と汗の結晶なのだ。(笑) 下のプロットは8夜分。 綺麗でしょ?

左のは典型的な変光星。 右は delta Scuti って分類なのだそうだ。 星のサイズが複数の周波数で振動している例。 これもそう珍しくない。 グラフの横軸は当然時間で 大きな刻みが1時間だ。

他に面白いのは 連星。 太陽系には太陽は1つだけど、世の中連星ってのは珍しくない。 驚くかもしれないけど、だいたい空に見える星のおよそ1/3(もっとかも)が二重、三重の連星を構成している。 で、その中には我々の視線方向に軌道が重なっているものもあって、そういう奴は光度が変化して見えるのだ。

下の2つが連星の光度変化。 良く観ると 曲線の沈み込みが2つ置きに深かったり浅かったりしているのが分かると思う。 この差を比べると 2つの恒星の大きさ(直径)の比が分かるのだ。 更に、スペクトルを撮ると どういう星かってのがわかって、典型的な質量ってのがかなり正確に出て来る。 そうすると、周期からどのくらいの距離を回りあっているかってのが分かるのだ。 物理って便利。(笑)

「右のは変光星じゃない?」って Marton に突っ込まれたけど(笑)、俺は連星だと信じている。(爆)





2005年01月12日(水)

夕方ちょっとばっかし時間ができたので乗る事にした。 18:00前に Centennial Park へ。 午前中はそれ程でもなかったのだけど、15:00くらいから風が強くなって もう暴風状態。 突風でハンドルを取られるわ 向かい風で自転車が進まないわで、最低のコンディションだった。 前半ウォームアップ後30分だけAT心拍数上で行ってみた。 もうちょっと強度を落とせば良かったのだけど 風が強くて全然進まないんだ。 30分飛ばしたら やる気も風に飛ばされたらしく、その後減速。 のったりLSDペースを維持して2時間乗った。





2005年01月11日(火)

今日は朝からなんだか身体がだるぅ〜〜。 昨日のトレーニングが堪えたか? たったの70kmちょっとなのに? なさけなッ。

SCC からメールが来て、「韓国のTVコマーシャルプロダクションが SCCからサイクリストを起用したい」って感じだった。 4時間の撮影でAU$200もらえるんだってさ。 「おぉ!」って感じだけど・・・暇ねぇ。(笑) 写ってもコマーシャル観れないし。(笑)(笑)





2005年01月10日(月)

年末から悩まされていた問題も スッキリ解決(だといいな)した。 一時は発狂するかと思ったよ・・・マジで。 脳味噌使い過ぎ。

脳味噌がもう限界なので 今日は早めに退散。 サイクリングをすることにした。 17:00前に Centennial Park へ。 今日も風が強い。 南東からの風で 登り区間後1/4周が向かい風。 丁度良いので、登り区間から向かい風区間にかけてペースアップする インターバルにすることにした。 このトレーニングの目的は 心肺機能の強化。 なので、ケイデンスを高めにして AT心拍数上でも十分有酸素運動になるようにする。 ちゃんと有酸素運動になっているかどうかは 呼吸でわかる。 呼吸が速くならないのは ちゃんと出来ていない証拠。 ターゲット心拍数的には、AT心拍数上をできるだけ維持する。

1時間後 今度は丘上りの2kmループに切れ変えてインターバル。 このトレーニングの目的は ペダリングに必要な筋肉の強化。 ケイデンスを低めにして 上半身を使わずに丘を登る。 手はハンドルに乗せるだけ。 あんまり高い負荷で行くと故障するので 普段より1つか2つアウターのギアを使う。 心拍数が低くても無酸素運動がメインになる。 最高心拍数をAT心拍数マックスに抑える。 本当はAT心拍数-10bpm程度に抑えたかったのだけど だめだった。

丘上りを40分くらいやった後 今日は終わり。 クールダウンに2ラップしてハートレートモニタを止めた。 2時間以内で止めないと s410はデータサンプル数が半分に圧縮されちゃうのだ。 最低。

時間は19:00でまだまだ明るいので もうちょっと乗る事にした。 ちょっと脚に来ているけど、トップスピードで2ラップ弱、約12分くらい押してみた。 感覚的にはAT心拍数上を維持している感じ。 モニタがないので不明だけど、そんな感じ。 なんかやっと満足できた。

夜ベッドに入ってマッサージ気味に脚の調子を観ていたら 突然大腿二頭筋の内側の筋肉が痙攣した。 ア゛〜〜〜〜チ゛ョーーーーーーーーーーーーーーーーッ!て感じで転げ回った。 立ち上がってペダリングの時みたいに膝下を振っていたら、暫くしたら治った。 ベッドの中で脚が吊ったの久しぶり。 念の為Mg錠剤を摂った。





2005年01月09日(日)

昨夜夕方サイクリングした後学校に戻ったのだけど、結局アパートに帰って来たのは23:00過ぎだった。 お陰で昨夜はぐっすり。 今朝も寝坊。 でも朝から冷たい雨だったのでOK。

日本ではベジタリアンってのは滅多に見掛けないのだけど、こっちには履いて捨てるほど居る。 で、観察した結果4種類くらいのベジタリアンが居るらしいってのが分かった:

体質上ってのは 子供の頃から動物性の物を食べていなかったため 物理的に拒絶してしまうケース。 以前学校にいた Ramesh Balasubramanyam がそうだった。 彼の場合、もともと宗教上の理由で食べなかったみたいなのだけど、今では物理的(体質的)に拒絶するらしい。

うちのクラブでは 会長の Jamie Bedford と その彼女の Debbie Pearce がベジタリアン。 二人がベジタリアンって事を初めて聞いた時「草だけ食ってて よくサイクリングできるなぁ? 筋肉つかんだろ?」って思っていたのだけど、Jamie が言ってたけど 定期的に必要な栄養を注射しているらしい。 ・・・難儀な。(笑)

この前 向いのえつこさんの所で会ったソンディさんは 思想と信念で動物を食べないって人だった。 たかさんが「これ魚だから食べられるでしょ?」って適当に言ったら 「魚は動物よ!」って憤慨していた。 でも、「以前貝(って言っても下等で目が無い種類らしい)を より原始的だから食べてみた事がある」って言っていたので 自分の意志でベジタリアンをやっているみたいだ。 動物を殺すのが嫌でベジタリアンをやっているのかと思ったら、茹で卵はパクパク食ってた。 変な奴。 何でベジタリアンやっているのか 未だに謎。(笑)

学校で 一緒に研究をやったりしている Marton Hidas もベジタリアン。 でも、けいけんなベジタリアンじゃなくて 食えって肉を出されたら食うらしい。 いい加減。(笑)

つまらない問題で考え込んでいたら 何時の間にか外は薄暗くなっていた。 だめジャン! 今日もマトモなサイクリング無し。 明日の朝にかけよう。





2005年01月08日(土)

昨夜も何回も目が覚めて しっかり眠れなかったので、今朝は寝坊。 サイクリングよりも睡眠の方が大事なのだ。

朝乗れなかったので夕方乗る事にした。 ボケボケしてたらもう17:00を回ってる。 Centennial Park へ入ったのは18:30前。 日が落ちて暗くなる20:00過ぎまでトロトロ乗った。

今夜はぐっすり寝て、明日朝サイクリングしたいな。





2005年01月07日(金)

昨夜何故か眠れなかった。 最悪。 今朝は集中力ゼロ。 今日はサイクリング無し。 明日頑張る。 それにしても ムカツクほど良い天気。 明日くらいまで持ちそうな予報。

昨夜帰る前にスタートさせた計算が ことごとく失敗。 スクリプトのバグ。 もうがっかり。 再度スタートさせたのだけど 終わるのは夕方。 以前は2週間かかっていたのがたったの8時間に短縮されたのだから ちょっと画期的。 まぁ、元のアルゴリズムが天才的に間抜けだったのだけど。(笑)

その間 他の事をやるしかない。 他の事は書き物ばっかなんだけど・・・脳味噌はストライキ中。 どうにもこうにも。

俺のシェアーメイトはスイス人のおっちゃん。 名前は Manfred。 以前 Manfred の息子さんが滞在していたのは書いた・・・よねぇ? そういうことにしておこう。 で、1月1日に 今度は末っ子の娘さんがやってきた。 2年前にも一度来た事があったかな。 今回が2回目。 バックパッカーなので そりゃもう多荷物。 全部担いで抱えてやってきたのだ。 パワーがある。

容姿は・・・うーーーん・・・可愛い部類。(笑) 寝顔が可愛い。(爆) 性格も良い。 ちょっと太り気味なところを除けば問題ないんだけど、Manfred の血が混ざっているかと思うと -20点。(笑)

で、バックパッカーなのにやたらとスプレー類が多い。 なんかわからんクリームやらスプレーやらが20種類くらいバスルームに展示してある。 そんなの担いで歩き回る気になるってのが ちょっと感動的。 ほいでもって、俺の寛ぎのスペースの居間を占拠されてしまった。 寛ぎのソファーはベッドにもなるので 独占されちゃったのだ。 まいった。 TVも優雅に観れない。 まぁ、TV観てる場合じゃないので 問題ないんだけど。(笑)





2005年01月06日(木)

今日もむかつくほど良い天気。 夕方乗れたら良いな。

一昨日くらいまで VAIOがフリーズ調子悪かったのだけど、何故か機嫌が治った。 とうやら「新年おめでとー!」ウイルスに感染している臭い。 フリーズした直後ウイルスチェッカーでくまなくチェックしたのだけど なんにも検出しなかった。 不思議。

夕方コンピュータに計算させている間に ちょっくらサイクリングをすることにした。 20:00前に帰って来れば計算は終わっているはず。

17:00過ぎに Centennial Park へ入ってバンチを待つ。 直ぐにやって来たので飛び乗った。 今日も北東からの風が強くて なかなかしんどい。 でも、今日はめっちゃくちゃ調子良くて・・・てか、ろくに乗っていないのに中2日入れたんだから当然なんだけど、2時間AT心拍数上まで心拍数を上げたインターバルみたいな事を何回もやった後も まだまだ脚は元気。 信じられない。 学校に帰って来て心拍数をプロットしたら すっげーーー汚かった。(笑)

今日 SCC のメンバーにいっぱい会った。 Peter (苗字ど忘れ)、名前知らない人(笑)、それと犬の散歩をしていた Frankie Hopkins (Peter の奥さん)、一生懸命トレーニングしていた Ken Lord。 それと 可愛くて速いElinちゃん。

Elin とは 今までちょこちょこって挨拶程度に話しするくらいだったのだけど、今日はたまたまバンチの中で隣同志になって3ラップ(25分弱)くらい話しした。 いや・・・若い娘は良い。 彼女が Sydney Uni で大学生をしているのは知っていたけど、何を勉強しているのか知らなかった。 聞いたら Medicine って言ってた。 ケミカルかドクターかって聞いたら ドクターだそうだ。 あったま良いジャン。 天は2物でも3物でも与えるんだね。(笑)

そうそう、Victoria McNeill にも会ったんだ。 彼女は半年前に赤ちゃんを産んだ。 で、直後会った時は ふっくら太ってた。 「昔は痩せてて美しかったのに」とちょっと落胆していた(笑)のだけど、今日見たら元に戻ってた。 ながぁーーーーーーい脚で、ほっそり。 ほいでもって美人。 やっぱ天はえこひいきだぞぉ。

んで、その名前知らない人なんだけど、「良いクリスマスだった?」って聞いたら 「良いクリスマスだったけど、ここ6週間自転車には乗れなかった」のだそうだ。 理由は、なんか神経をはさんだらしく(医者がそう言っていたと言っていた・・・俺の和訳なので怪しい)、直後は左足が痙攣して 痛くて眠れなかったらしい。 で、今も左足が麻痺していて 力が入れられないんだそうだ。 そんなんで自転車に乗って良いのか? とにかく、早く治るのを祈るだけだね。 彼は、奥田庸子選手が以前 Centennial Park で練習していた時、一緒にトレーニングした事もある つ〜んよい人なのだ。 ところで、もう2年も3年も知っている人なのに・・・未だに名前知らないのって・・・失礼だよね。(笑) 今度誰かにこっそり聞いて置こう。





2005年01月05日(水)

昨日は一日中雨模様だったのだけど 今朝起きたら快晴。 気持ち良い。 夕方、時間に余裕があったらサイクリングするかな。

昨日書いておいてなんなんですが・・・最低心拍数は廃止です。(笑) 昨夜寝る前に計ったら50bpmだったのに、今朝計ったら52bpm。 ベッドの中で身体をストレッチした後計ったら 二度と52bpmまでは落ちなかった。 安定した状態で計らないと正確な値が出ないので そんなんだったらとっとと廃止です。

それから、自覚的運動強度指数も止めた。 積算運動強度で正確な値が出るのだから必要ない。 シンプルなのが一番です。

年末から出ていた不可解な現象の原因がやっと解決した・・・みたいです。 多分、恐らく、十中八九。 GSL のオプティマイズルーティンを使っていたのだけど 効率が良過ぎて局所的な最小値に取っ捕まっていたみたいです。 自分で作った効率悪い奴に置き換えたら なんなく動きました。 世の中、効率だけを追及していたのでは巧く行かないという良い例ですね。(笑)

すっげーーーー天気が良いので自転車に乗りたいところなんだけど、それどころじゃありません。(笑) さっき外に出たらむぅ〜〜んって暖かかった。 最高。 サイクリングできたらもっと最高!(爆)





2005年01月04日(火)

昨夜アパートに帰ってから洗濯したのだけど 朝目が覚めたら雨。 今日も晴れだと思っていたのに。(涙)

そうそう、今年から最低(?)心拍数を計る事にした。 多分疲れのバロメーターになるんじゃないだろか? 計り方は、朝目覚めてベッドから出る前に計る。 「ベッドから出る前」なのでHRモニタも取りに行けない。 でも、時計があれば10秒くらいで正確な値は出せるのでOK。 今まで計った結果では、だいたい50-58bpmくらい。 最低と言うより 安静時って言う方が適切かも。 学校でモニターの前に座っている時も だいたい50bpm中くらいがでている。 疲れている時はやっぱりちょっと高い。 自転車に乗らなかった日の翌朝は50bpmくらいが出ている。





2005年01月03日(月)

宇宙人の声も聞こえなくなって、今朝はスッキリお目覚めです・・・08:30に。 05:30に目覚ましをセットしておいたのだけど 起きなかった。 外は快晴!とまではいかないけど 爽やかな晴れ。 今日のサイクリングは Three Gorges。 ちょっと暑くなる予報なんだけど 良いサイクリングが出来たのに・・・残念。 論文書き終わったら乗り倒してやるッ!

学校に来てメールを読んでたら VAIO がフリーズした。 やべッ、そろそろか? もうちょっと持ってもらわないと・・・。(笑) クラッシュするのは 論文を書き終わった後にしてほしい。(切なる要望)

天気が良いので 夕方サイクリング。 18:00過ぎから始めて1時間半。 のんびりリカバリーペースで行くつもりだったのだけど 風が強かったのでインターバルにした。 でも調子が悪くて 中途半端になってしまった。





2005年01月02日(日)

05:45に起きた。 外はどんよりなのでハッキリ言って自転車には乗りたくないんだけど 中2日いれると余計しんどくなるので我慢して乗る事にした。

Centennial Park を1周くらいして いつもの集合場所へ向う。気温は最近にしては高めで20℃。 ほいでもって湿度が高い。集合場所に着くと 30人くらい集まっていた。

今日のサイクリングは Sublime Point の予定だったのだけど、天気が悪いので中止。 いつもの日曜サイクリングと同じ Waterfall 往復になった。 さて出発!って時に Phil McKnight の後輪がパンク。 遅い組だけ先に出発して 速い組はチューブ交換を待つ。 流石慣れていて ものの6,7分で完了。

出発した直後 バンチの先頭は Phil。 パンクした罰。(笑) Meg Croft お姉の命令なので仕方ない。 南からの風が強いにもかかわらず 良いペースで引っ張る。 暫くしたら East Suburb のバンチが追い越して来た。 中には怪物Anthony君もいて 「おはよぉおはよぉおはよぉ!」といつもの様に愛想を振りまいていた。 相変わらずのキャラクター。 めっちゃ強いのにエリート振っていないところが好感度指数を上げる。

East Suburb に追い抜かれた後 その後にくっついたのだけど、バンチが長過ぎて 後ろはスプリントの繰り返し。 俺もいい加減疲れて来た。 最後尾に居た Phil が堪り兼ねて 先頭に East Suburb から離れるように指示して、それ以降はスムーズになった。

俺は今日は Sutherland で折り返し。 他に折り返すのが居るんだろうと思っていたのだけど、他は皆さん Waterfall へ。 遅い組の連中も 誰一人 Sutherland で引き返したのは居なかったみたいで、帰りは俺一人。 追い風気味でのったりクルージングして帰って来た。 今日は軽目に70kmでした。

論文なんですが、問題がなんかあらぬ方向へ展開して ちょっと面白くなって来ました。 というか、「今頃こんな事やってちゃいかんだろ?」って感じです。 大丈夫なのか?(汗)

そういうわけそんなわけで(笑)、アパートにたどり着いたのは22:00過ぎ。 速攻でシャワーしてベッドへ。 眠ろうとすると・・・なんか頭の中で宇宙人が喋っているんですけど・・・特殊な電波を受信できるようになったみたいです。(爆)





2005年01月01日(土)

いやぁ〜〜、またまたまた明けてしまいました 新年。 未だに何人の人がこの日記を読んでくれているのか知りませんが、とりあえず今年もよろしくお願いします。

さて早速ですが今年の目標は

  1. 博士号ゲット
  2. 就職する
  3. クリッツレースにでまくって ことごとく勝つ! 白人に隼人の何たるかを実力で教え込む。 最後には「クリッツ荒し」の異名をものにする。
って事で。 最後のは ちょっと大きくでてみました。(爆)

今年からホームページのデザインが小さく変わりました!! 長年使って来た「とよちゃんのホームページ」を改め「ゆけッ!やっせんぼ・とよちゃん!」に変更です。 今時「・・・のホームページ」ってのはねーーだろって事にようやく気がついたんですよ。

それと、面白そうなので日記に「禁句」条項を作りました。 去年頻繁に使っていた常用句を禁止して マンネリ化を防ごうって魂胆です。 いや、もう200%まんねりなんで 腐敗を食い止めようってことかも?
で、その禁句項目は

です。 一番使っていた言葉は「サイクリング」ですが、これを禁止すると「サイクリング日記」じゃなくなるんでね。(笑)