2004年05月08日(晴れ時々くもり) 走行距離:186.5km、走行時間:8時間26分、所用時間:13時間30分、最低気温:13.0℃、最高気温:23.0℃


いつもいつも同じ様なルートを走っているのでいい加減飽きて来た。 昨日地図を見ながら「何処か良いサイクリングコースはないかな」なんて思っていると Sydney CC のクラブロードレース(通称 Hilltop Race)の一部を織り混ぜて よさげなコースを作る事が出来た。 まずは、Sydney から南西に約30kmのところにある Liverpool って街まで Sydney Central Station から電車を捕まえて輪行で行く。 で、そこから出発して Picton - Mittagong - Wollongong と回るのだ。 概算190kmで、楽観的予想ではちょっと起伏があって楽しめるかなって感じ。 ・・・決定!!(^^)

起きたのは04:30。 Liverpool 行きの始発が Central を05:35くらいなのだ。 余裕を持って05:00くらいにはアパートをでたい。 ・・・が、最近早起きしていないバチがあたって 身体が言う事を聞かない。(^^; なんとか気合いを入れて ベッドからはい出た。 シャワーして、とっととサイクリングの準備をして アパートを出たのは05:00前。 昨夜のうちに殆どの準備を終えていて正解。

今日はMTBで行く。 理由は初めての道だから。 オーストラリアの田舎道は とんでもなくひどい! もう「紀元前から放ったらかしじゃないの?」って思うくらいの道があたりまえにあったりするのだ。 タイヤの細いロードバイクなんかで知らない道を走るのは まさに自殺行為!! タイヤには めい一杯100PSIまで空気を詰め込んでやった。 100PSIまでOKって書いてあるので・・・(^^;

それとボトルは3本。 水とスポーツドリンクとスポーツドリンクにブラウンシュガーをたっぷり入れた奴(うっかりコカコーラを買うのを忘れていた)。 オーストラリアでは 地図に地名が載っていても 実際そこへ行ったら農家が一軒なんて事がざらにあるのだ。 何処で水の補給が出来るのか分からないので 余計に持って行く。

他には、いつもの様にハートレートモニタ。 最近これがないとサイクリングできない身体になってしまった。(^^; それとGPS。 下手な地図より役に立つ。 そうそう、GPS用の予備電池は忘れちゃいけない。 誰も居ないど田舎で電池切れになったりしたら 迷子になった上に見つかるのは1000年くらい後になるかもしれない(大袈裟)。 更にはデジカメ。 もう観光気分でわくわく! ほいでもって、途中で食べる朝食代わりのミューズリーバー。

服装は完全夏服にアームウォーマーのみ。 天気は良いはずなので、朝は1,2時間寒いけど 昼間は暑いくらいになるはずだ。 ・・・うーーーん完璧!(^O^)/

まずは Centennial Park へ。 City へ出るにはここを突っ切るのが一番近道。 でも真っ暗な公園は気持ち悪い。 ライトもないので月明かりだけが頼り。 City へ出たら Central はすぐそこ。 05:20くらいに到着。 ・・・と、切符を買うんだけど・・・慣れていないせいで戸惑う。(^^; 日本のと勝手が違うので 分かっていてもこれがなかなか。(^^; Liverpool まで大人片道 AU$4.40です。 どうにかこうにか余裕でプラットホームへ。

オーストラリアでは 近郊への電車に関しては 自転車はそのまま持ち込める。 しかも自転車には料金がかからない。 CountryLink っていう全席予約のちょっと長距離の奴だと、パッキングしないといけない。 料金もかかる。 まぁ、100kmくらいの輪行なら簡単楽チンなのだ。

Liverpool へは小1時間。 着いたのは06:30前かな。 電車の中で朝から酔っ払っているおっちゃんに話し掛けられた。 「おいおい・・・おめぇ〜乗りに行くのかぁ〜」って感じ。 手には何故かミルクコーヒー。(^^; しかもストローでチビチビ飲んでるし。(^^;; あんた・・・ミルクコーヒーで朝からラリってんのか? 「Wollongong まで行くんですよぉ」なんて答えたら 色々ルートのアドバイスを頂いた。(^^) 今回のルートじゃないのであんまり参考にはならなかったけど。

Liverpool Station ・・・06:30頃到着 乗って来た電車

さてと、気合いを入れて出発。 やっと夜明けって感じで 徐々に明るくなる。 しばらくすると日も出て来て 気分的にも良い感じ。 ぼちぼち行く。

最初はこんな感じで快適だった

しばらく行くと 当然の様に Liverpool の街から出ちゃうんだけど、途端に田舎道になった。 まぁ予想通り。 片側1車線で もうボロボロ。 道路脇は 白線から外れると もうゲロゲロの砂道。 かと言って 白線より20cmくらい内側に入ると 道路が割れてギャップがあるし。 ロードで走ったら 完全にはまるな。(^^; しかも、そんな狭くて危ない道を でっかいトラックとかがすっげースピードで行き来するのだ。 Liverpool って街が大きい街なのもそうだが、近くに(って言っても5-10kmくらい離れている) Freeway への出入口が2箇所あるので 交通量が多い。 回りは長閑なんだけど・・・。(ToT) 何回かこけそうになったり、振動でボトルを落としたり・・・この時点で「こなきゃよかったぁ」と後悔先に立たず状態。

景色は最高なんだけど 道が狭い&ボロい上に交通量が多い
余裕ぶっこいて写真撮ってるけど、本当は死にそうになりながら走っている

まぁ、そういう糞道もそう長くは続くはずがないので のんびり気を付けながら走る。 ・・・と、大きな交差点(土地が余っているので 余裕ででっかい・・・アメリカの田舎のHWYの交差点みたいな感じ)にマクドナルドの看板を発見! マックは喰いたくないのだけど さっきからトイレに行きたくなって来ていた。 そういうわけで用足しにGO! マックの有り難みを初めて知った。

中に入ると・・・と、マックの他にコーヒーショップも入っている。 「おお! モーニングコーヒーすべぇ!」って感じでとりあえず軽く朝食。 当然コーヒーはフラットホワイトね。(^^) 色々とケーキがあったのだけど チョコレートたっぷりの Mud Muffin (日本語では 泥マフィン)を食べた。 おいちぃ。(^,^)

出発後23km地点でやっと朝食
Flat White と Mud Muffin

出すものも出してちょっと軽くなったら出発。 ・・・と途端に道に迷った。 広過ぎじゃ!! 交差点の回りに住宅地があって 「ここを突っ切ったら行けそう」なんて入っちゃったからもうタイヘン。 気分は正に大迷路。(^^; いやぁ〜〜楽しめたさぁ。 結局入ったところからまた出て、道じゃない土手の上を走って(こう言う時 MTBで良かったと思う)、でっかい道路と広い中央分離帯を登って やっとこさ自分の道へ。(^^; 広過ぎよ・・・。

乗った道は Camden と Picton って街へ行く道なんだけど 広くて気持ち良い。 でも、やっと気がついたのだけど・・・向かい風。 南風で この先ずっとこんな感じでしょう! まぁ、強くはないので許すかな。 涼しいし。(^^;

広くて快適な道
ずっとこんなだといいなぁ〜〜

ずっと広い道で・・・って思っていたのだけど、どう言う訳か田舎道に入った。 知らない間に丘陵地帯にはまってしまった。(^^; もう小さな登り降りが次から次へと鬼の様に襲って来るのだ。 「おっかぁ〜を〜こえ〜てえゆっこうよッ!」なんて歌があるけど・・・あれ嘘よ。 あんなに楽しくないもの。 もう10年ぶんくらいの丘を一気に喰らった感じ。 この時点で、Liverpool からの悪路もあって すっかり脚を使い切った。 Liverpool からここまで Paris - Roubaix の石畳と Le Mont-Ventoux をダブルパンチでくらった感じだ(大嘘)。

鬼の様に続く丘陵・・・もうへとへと(;_;)

交通量も少なくなって気分良く Picton って町に到着。 ・・・と、何もない? 実は、ちょっと前にGPSの電池が切れた・・・たったの3時間で!! 信じられないくらいの糞電池だ。 eTrex の LEGEND だったら アルカリ電池で2日くらいは持つはずだ。 それがだったの3時間? 幸い予備を持って来ていたので 交換したけど、同じ電池なので また3時間後には交換をしなくっちゃいけなくなる。 そういうわけで電池が欲しいのだ。 この先更に田舎になるので 町があるかどうか・・・なんて思いながらウロウロ道を探していたら・・・ありました Picton の町。 いやぁ500mくらいだけど小綺麗な商店街が。 なんて愛らしいんでしょう! 雰囲気原宿って感じよ。 コーヒーショップもあって、サイクリストが優雅にコーヒーしていたりして・・・ど田舎のくせしてちょっと生意気!!

早速電池をゲット。 一番信用できる奴を買った・・・ちょっと高いけど。

今まで使ったうちで最低の電池 買うならこいつ
でも高い(2本でAU$5.00)

さてと、電池も補給して安心したので出発。 しばらくして気がついたのだけど・・・写真を撮っておけば良かった。 綺麗な町だったのに・・・失敗。

その先も5kmくらい登り降りが続いたのだけど、Sydney CC のクラブロードレースコースに入ったら 途端に起伏が少なくなった。 それまでが鬼の様だったので もう天国に近い感じ。 レースのスタート地点の Yanderra って所を通って 軽快に行く。 ・・・てか、向かい風があるのでスピードは20km/hってとこかな。 脚もちょっと痛いし。 まだたったの80kmしか走っていないんだけど もう先週のサイクリング後くらい脚がゲロッキー。 ちょっとピンチかも?(;_;)

Sydney CC のクラブロードレース
反時計回りに走る
Sydney CC のクラブロードレースのスタート地点・・・Yanderra って町

レースコースへ入った辺りから ゆるーーーやかな登りがずーーーーーっと続く。 Sydney CC のロードレースでは この区間を逆に下りながら 最終スプリントに入るのだ。 ただし、路面はヤスリの0.5番。 クラブ会員で ゴール前のスプリントでクラッシュして小指を持って行かれた人も居るくらいだ。 相対的に起伏が少ないので この区間で足休め。 ケイデンスを上げて 甘いものを摂りつつグリコーゲンの復活を図る(希望)。

雰囲気の良い田舎道が続く(まわりは牧場)

あんまり雰囲気が良いので 序盤の悪路が夢の様・・・天国。 来てよかったとしみじみおもふ。(~_~)

人家の植木には 色が変わる広葉樹が流行っている

・・・ってのも ロードコースを走っている束の間だけでした。 Mittagong へ行くか 途中で田舎道へそれるか迷った挙げ句、チャレンジャーな俺は田舎道を選んだのだッ。(^^; これが・・・また・・・登り降りの始まり。 地獄へ真っ逆様って感じ。(TQT)/~

途中面白そうなので 脇道へはまって ひどい思いをしたり、本当に道に迷ったり(+.+)、登り降りを繰り返しながら GPSのElevationを見るとこりゃまた徐々に登っているよう? ど田舎なのだけど、家という家(当然農家)が ちょーーーーモダン!! 住みたくなるような家ばっか。 農家ってそんなに儲かるのか??

Bong Bong Rd ってのに惹かれて入ってみた・・・そしたら行き止まり(人家)
葡萄が植えられていた

道を間違えて ひどい道に入ってしまった
2kmくらい入って行き止まり(人家)

そのうちに 登り降りもひどくなって。 それでも更に登っていたり。 一気に30mをジェットコースターの様に下って その後50mくらい登り返したり。 ・・・もう散々。(;_;) これだけ多くの小さな登り降りを繰り返すと もう下りが恐怖になる・・・マジで。

登り降りさえなければ最高の景色なんだけど・・・

こういう小さな標識でも ないと困っちゃう
助かってまぁ〜〜すッ

120km地点くらいから 森に入って。 登り降りは少しあるのだけど 10kmくらい平べったな所を走った。 これがまた良い感じだった。 日本じゃ「森」って言ったら 森林開発のお陰で殆ど「杉林」なんだけど、オーストラリアでは まだたっぷりネイティブの樹木がそのまま残っている。 全てユーカリ類。 僅かに匂って良い気分。

日本では味わえない森・・・ほとんどユウカリの木

森の中でみつけた蟻塚
直径1mってとこかな
ここまででかいのは初めてみた

森でリフレッシュしたら 80mくらいの登りがまっていて、えっちらほっちら登っていたら やっと大きめの通りに出た・・・Route 48。 ここからは間違いなく下り。 Wollongong まで一気に行っちゃいましょう!!

下っていて気がついたのだけど・・・この道来た事あるッ。(^^; いや・・・マジで。 急な下り具合と良い クネクネ具合と良い・・・そう忘れもしない。 身体が憶えているのだ。 180°コーナーなんか「おぉ! これこれ、おぼえてるでぇ〜〜ッ!」って感じ。 いやぁ、思いがけず16年振りに再会を果たしてしまった。(ToT)うれしーーーーッ それまでキコキコ貯金して来た650mを 10kmで一気に下る。 なんか・・・贅沢。(;_;) ずっとクネクネが続くのだけど、MTBでブレーキが良く効くので 高速滑降!!!

この坂を下るだけでも この道にわざわざ来る価値はあると思う。 それくらい気持ち良い。 下りは Wollongong の南西約40kmのところに位置する Robertson って町から約15km続く。 機会があったらどうぞ。(^^)

気持ち良い坂を 高速で下る(16年前にも通った事がある!)

更には 懐かしい牧草地を発見したりして・・・同じ所で写真を撮った(実際はちょっとずれていてみたい・・・下の写真)。 16年前は ウシがのんびりしていて良さ気だったので 撮ったのだけど・・・今日も居ましたウシさん。 毎日あんなんで飽きないのかなぁ?

牧草地が続く・・・綺麗

16年前にも通った所・・・ウシさん達は今でも元気にハムハムしてましたぁ(^^) 16年前に撮った写真
左のパノラマの中央部付近

下りを楽しんでしばらく登ったり降りたりしたら 大きなHWYへ。 Illawara HWY って言う。 雰囲気 もう Wollongong は近い。 当初の計画では ここから更に脚を伸ばして Shellharbour を通りたかったのだけど、もう脚が死んでる状態なので 今回は断念。 Wollongong へ向う事にした。

Illawara HWY を5kmくらい行くと Sydney へ続く1号線の Freeway に乗る。 ここからは有り難く追い風。 脚は残っていないけど 心拍数を150bpm下に抑えつつ なんとか35km/hで巡航。 気持ち良いっ!

Freeway へ乗ったら Wollongong へ激走!

Wollongong へ着いたのは16:00くらい。 もう日も傾いて 涼しくなりつつある。 駅を探しながら海へ向って走っていたら モールにぶち当たった。 見学する。 モールは(多分)海へ向う下り坂に作られていて 500mくらいある。 なかなか綺麗で良い感じ。

Wollongong のモール

モールを下り終わったら シーフード屋を発見。 途端に腹が減っていたのに気がついた。 ので早めの晩御飯にすることにした。 後でまたちゃんと食べるとして とりあえず軽目に Fish&Chips(2piece)ってのとジュースを頼んだ。 「魚2切れでAU$8.80はちょっと高くないかい?」なんて思っていたら・・・でかいのが出て来ました!(それでもちょっと高め) あぁ・・・まだ日本人の感覚なんだねぇ。 染みついてる。 オーストラリア英語では piece は「片」ではなく「塊」と訳します。 また一つ利口になりましたね。(^^)

モールのシーフード屋 やっとありついた今日最初のマトモな食事
ジュース(AU$2.50)とFish&Chips(AU$8.80)

シーフード屋のおやぢに駅を聞いたら 「モールを登って モールの入り口から更に300mくらいだ!」なんだと。 れれれ? とっくに通り過ぎてる? 駅なんかなかったよ? 言われるとおり来た道をえっちら登って行くと・・・ありました。(^^) 入り口が小さくて気がつかなかった。

Sydney Central まで大人片道 AU$8.80。 16:30くらいの奴を捕まえる事ができた。

Wollongong 駅から輪行(16:33の電車)
自転車をそのまま乗せられるので 自転車がいっぱい
ホームで乗り回している奴もいる(^^)

Central へ着いたのは18:00過ぎ。 そこから またまた Centennial Park を突っ切って・・・真っ暗。(;_;) 月明かりだけが頼り。 子供の頃「やっせんぼ」の異名を我が物にしたとよちゃん。 もう気味悪くてびびりまくり。 白いものが横切っていたら きっとちびってたかも? 知らない間に44x12(俺のMTBで一番重いギヤ比)でガンガン行ってるし。 今日の最高速度を記録!!(^^;ビビリパワー

アパートへ着いたら疲労困憊。 番御飯にはたんぱく質を多めに摂って 超回復!!



今日のプロィールマップ。 まぁ、一見大した事ないんだけど(日本の道でロードバイクだったら楽勝)、デコボコ道でしかもMTB、更に殆ど向かい風だったので x3で勘定してやって下さい。(^^;; 因みに、今日の最高高度は、GPSデータでは平均されているのでちょっと低くなっているのだけど、826mでした。 オーストラリアじゃ高い方よ。(^^;




追記

16年前の日記を読んでいて気が着いたのだけど、Mittagong からもうちょっと脚を伸ばして Moss Vale まで行っていれば Fitzroy Falls にも寄れたかもしれない。 Fitzroy Falls は Morton National Park の最北端にある滝で とても良いところだった記憶がある。 次の機会には 寄れるようなルート設定をしよう!!

16年前に撮った Fitzroy Falls