01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2002年01月30日(水)

朝は雨だったのに、午後から突然快晴になった。 何故か青い空を見ると そわそわしてしまう。(^^; 学校を終わったのは17:30。 当然 Centennial Park へ繰り出す。 今日はLSDモードで走るつもりなので、ハートレートモニタのターゲットゾーンを60−70%(心拍数140−155/分)に設定。 18:30前から20:00くらいまで、50km超走った。 ターゲットゾーンのレンジは15もあるのに、間に保つのに苦労してしまった。 フラットでちょっと気を抜くと130台に落ちるし、坂道でちょっと踏み込むと160とかになっちゃうし。

ハートレートモニタの調子が 買った直後の昨日からなんかおかしかった。 走っているとハートレートが変化しなくなるのだ。 どうやらセンサーからの信号をうまく受信できていないよう。 最初はセンサーが胸にちゃんとついていなくて 心拍をピックアップできていないのかと思ったが、どうやらセンサーからの電波が弱過ぎて モニターまで届いていなかったようだ。 帰ってからセンサーの電池を交換したら なんか遠くまで信号が届くようになった・・・様な気がする。

今は、暫定的に 最高心拍数を200、最低を50で換算しているが、一度ちゃんと測定したいと思っている。 最高心拍数は・・・どこまで自分を追い込めるか・・・。(^^;きついんだよね 90%まで追い込んで+10しちゃおかな。(^^;; 昨日90%くらい(^^;ほんとに?追い込んだスプリントで185が出たので、200は行くんじゃないかと思う。 最低は多分45くらい。 運動しなかった日の翌朝 起きる前に計ったら48くらいが出た事があったので、もうちょっと低いんだと思う。





2002年01月29日(火)

今月末でVISAが切れてしまうので、Rockdale の DIMA へ出かけてVISA延長の申請書を提出して来た。 バスに揺られて往復1時間。 乗り物に弱いので気分が悪くなった。

帰りの途中で Maroubra Junction に寄って、 Maroubra Cyclery でハートレートモニターを買って来た。 心臓をいたわらなくちゃいけないので 必要なのだ。(^^; Polar の奴が欲しかったのだが 置いていなかったので Sigma Sport の PC14 (AU$179.00) を買った。

パッケージに入った状態 左上から 自転車のマウンター、モニター本体、
ベルト、そして下のがセンサー

機能は、

と、他にもあるが、まぁ欲しい機能は一通り揃っている。
注)*は、ストップウォッチが動いている時のみ機能

学校についたら早速セッティング&試着(?)。 動いている・・・。(^^; 心拍数は 安静時で55−60/分ってとこだ。 説明書が中途半端で機能を把握するのにちょっとかかってしまった。今日の庸子&Pabloさん達とのトレーニングで早速試すのだ。

「電話はまだかいなぁ〜」と庸子さんからの電話を待っていると ちょっと遅めにかかって来た。 早速学校を出て、アパートへ。 途中ハーフチキンを晩飯に買った。 サイクリングの準備をササッとやって アパートを出て Centennial Park へ着いたのは16:30過ぎ。 途中のガソリンスタンドで買ったチョコレートを頬張りつつたらたら走っていると 後ろから庸子さんが追い付いて来た。
早速今日のメニューの説明が・・・。 「今日は、2ラップミドルペースのタイムトライアル&1ラップイージーを3セットね♪」なんだと・・・。 ちょっときついかもね・・・俺にとっては。
タイムトライアルの結果は、1本目が13分03秒、2本目が13分03秒、3本目が12分53秒だった。 平均速度で35km/hってとこだ。 ミドルペースでこれだから恐ろしい。 彼女は去年より確実に強くなっている。
最後に200m程度のダッシュを4本やった。 これが一番疲れたね。(^^;

ハートレートモニターの使い心地は・・・面白い。 どのくらい負荷がかかっているのか一目瞭然。 意外と俺の心臓は良い反応をするって事も分かった。 タイムトライアルをやっていて イージーラップから次のタイムトライアルに入る時、145から170へと自転車の加速と同時に数秒で跳ね上がった。 自転車がトップスピードになる前に心拍数はもうトップの状態。 一方、クールダウンで140を保っていて「なかなか下がらないなぁ〜」と思っていたのだが、自転車を止めて柴の上に座ったら、ものの10秒程度で105にまで落ちた。 これには自分でもちょっと驚いた。 今日の最高心拍数は185。 最後のダッシュの時に出た。 平均は163だった。

先週と同じくキャノンの丘の所でピクニックをしていたら 何だか見慣れた姿の人がジョギングをしている。 一瞬目を疑ったが間違いなく俺の教官の Michael Ashley だった。 「Michael!!」と声をかけるとこっちへやって来た。 ちょちょっと挨拶程度に話しした後 彼は丘を駆け登って行った。 彼がジョギングをするなんて知らなかったのでびっくり。

今日もクラブの連中をいっぱい見掛けた。 Jochen Schroeder、Leigh Ringrose、Paul Rigby 等々・・・。

今日のサイクリングで今月の総走行距離が1000kmを越えました。 おめでとう!!(^O^) そいでもって、今年の総走行距離も1000kmになりました。 これまたおめでとう!!(^O^)





2002年01月27日(日)

今日はいよいよ Wollongong へのサイクリングの日。 張り切って行こう!!(^O^)

ガバッ!とめを覚ます。 時計を見たら07:00過ぎ。(^^;(^^;(^^;(^^; 寝坊ジャン! そういうわけでイヂケて二度寝した。 折角カメラも持って行ってパシパシ撮りまくろうと思っていたのに・・・。 もう何もする気がしなくなった。

昨日 Frankie Hopkins と話ししている時、「明日午後からアフタヌーンティーをするからいらっしゃい! でも、Wollongong へ行ったら間に合わないわね。」と言って、彼女の家のアドレスを書いたメモをもらった。 「Wollongong には行きそびれたので お茶でもゴチに行くか。」と思っていたのだが、気が抜けてしまったとよちゃんは一歩も動く気がしなかったのでした。

結局今日は一日中ソファーに寝っ転がってTVを見てました。





2002年01月26日(土)

今日は、明日の Wollongong Ride の為に自転車に乗るつもりはなかったが、クラブのホームページ改変についてのミーティングがあるので、コーヒーを飲みに Centennial Park へ自転車で出かけた。

07:00過ぎに起きてシャワーして07:30くらいにアパートを出た。 公園までたったの4分弱。 たらたらと晴天を楽しんでいたら、早朝のサイクリングから帰って来た Leigh Ringrose に遇った。 彼はしばらく自転車に乗っていなかったので 朝のサイクリングが堪えたらしい。 「昨日までは 今シーズンレースをする積もりでいたんだけど、今日のサイクリングが余りにも堪えたので がっかりしちゃった。 今期はレースは無理だ。」と言っていた。 Leigh はクラブではAグレードに入るくらい強い(強かった)のだが、そんな彼でもフィットネスがそこまで落ちるのだと つくづく・・・。

ホームページミーティングは、ネイティブの速い英語にほんろうされて、言いたい事があまり言えなかった。 でもまぁ、いいか。(^^)

久しぶりに Ann Clarence に遇った。 Dave Clarence がいないので「Dave は?」と聞くと、今朝は10:30からオーケストラのリハーサルがあったのだそうだ。 因みに Dave はオペラハウス専属のオーケストラのティンパニー奏者。 Ann は、今日は Frankie Hopkins と一緒に Waterfall まで言って来たのだそうだ。

Frankie が、「最近芸者の本を読み終えたの!」と言って 色々感想を聞かされた。 閉じた世界で、色々なシキタリがあったりして、西洋人には面白いらしい。 Roberto も(多分)同じ本を持っていて、以前面白いと言っていた。

とっても暑かったので、てくてく歩く気がしない。 そういうわけで、公園から帰って シャワーもせずサイクリングウエアを着たまま自転車で学校へ。 ちょっとデータをチェックして、プログラムを起動するだけだから問題なし。
学校へ着いて 早速作業をやっていると Roberto がやって来て「昼飯に Bondi Junction のパステリーに行こう」という。 「俺、サイクリング姿だから・・・」というと「自転車で行けばいいジャン!」と・・・。 「そう? んじゃ、やりたい事終わったし 昼飯食って帰るか!」というわけで 自転車で Bondi Junction へ。 Roberto はバスで。 バスは待ち時間もあるので、当然俺が先に着く。
そんなに大きなパステリーではないが、とっても美味しいピザ、ドーナツ、コーヒー等を売っている。 早速分厚いピザ(ビスケットと言うらしい)、でっかいドーナツ、カプチーノを買って(全部で AU$8.90)モールに並べてあるテーブルで食べる。 木陰だと風が涼しくてとっても気持ちよかった。
昼飯を終わったら 俺はアパートへ。 Roberto はまた学校へ。

今日は脚を温存する積もりでいたのに 結局50km弱走ってしまった。

サイクリングとは関係ないが・・・
俺が住んでいるアパートの向かいの部屋に日本人が住んでいる。 今週奥さんにばったり会ったら「土曜日晩御飯にいらして下さい」と誘われた。 そう言う訳で、今夜はただ飯。(^^; 19:30くらいにお邪魔して、夜中の11:30まで。 日本酒を飲みながらダラダラしてしまった。(^^;
奥さんには今まで何回か会った事があったのだが、旦那さんには会った事がなかった。 それもその筈、二人は別居中(理由は知らん)。 シドニーと Paramatta の中間辺りに家があって、旦那さんは家でジュエリー製造をしているのだそうだ。 奥さんはオパールの輸出の仕事をしていて、月に一回くらい日本に出張していると言っていた。
久しぶりに日本食を食べました。(^^)





2002年01月25日(金)

今日は、午前中は雨がふって 曇りがちだったが、午後からスッキリと晴れた。 夕方、Roberto と Ramesh に「晩御飯にインド料理屋に行こう!」と誘われたが、さんざん迷った挙げ句、断って自転車に乗る事にした。

ちょっと遅めだが、17:30過ぎに学校を出て アパートへ。 Centennial Park を走り出したのは18:10くらい。 日曜日の Wollongong Ride のために脚を温存して、たらたらLSDモードで走る事約2時間。 走行距離が50kmになったのと、丁度時間も20:00。 段々暗くなって来たので 今日のサイクリングは終わり。

久しぶりに公園のトラックを1周だけタイムトライアルした。 息が乱れず、脚が痛くならない程度でプッシュ。 風向きが余り良くなかったにもかかわらず3.8kmを6分10秒。 平均時速36.9km/hってとこだ。 なかなか良い感じになってきた。





2002年01月24日(木)

今朝こそは ライトの性能をチェックしなければならない。 そう言う訳で早起きしなくちゃいけないのだ。

05:00に目覚ましに起こされる。 なんか嫌な予感。 外を見たらドンヨリとくもり。 夜中の雨で 路面が完全に濡れている。 そういうわけで二度寝。

今度の日曜日には、年一回の Wollongong 往復サイクリングがある予定。 全長180kmで、しかも Royal National Park の中を走るので3ハードコース。 去年は行かなかったが、2000年12月03日のサイクリングでは 殆どの人達が死んでいた。 俺も死んだ。 そういうわけで、今週は体調を調整する積もりでいたのだが 完全に予定が狂ってしまった。 まいった。

午後になって 雨も止んで、降りそうで降らなそうだったので、「雨は降らない!」と決定。 2,3時間サイクリングをすることにした。 15:30過ぎに学校を出て、Centennial Park でサイクリングを始めたのは16:30。 たらたらウォームアップを始めていると前方に見慣れた後ろ姿発見! Paul Davis だ。 さっそく並んで雑談。 3周くらいしたら木曜日好例のバンチがやってきた。 雨が降り出しそうな天気のせいか20人弱。 早速最後尾につける。 しばらくして後ろを振り返ったらぞぞぞぞぉ〜〜ッとライダーが・・・。 いつものように40人くらいに膨れ上がっていた。
俺と Paul が先頭から4番目くらいになって、「先頭が直に回って来るなぁ〜」と思いつつ走っていたら、俺の直前の人がバンチから離脱。 吊られて俺も離脱してしまった。 その後は Paul と離れて、俺は最後尾で。
それまではバンチのスピードはそれほど速くなかったが、Paul が先頭になった瞬間スピードアップ。 向かい風の中41km/hで疾走。 バンチの中にいても結構大変。 その後も最高速度を46km/hまで更新しつつ40人が束になってドドドドドドドドドドッと・・・怖い。(^^; しばらくしたら Paul がバンチから離脱したので俺も離脱。 後は Paul と一緒にクールダウン。

Paul と別れて「このままたらたら走っていよ」と思っていたら5,6人のバンチが猛スピードでやってきた。 反射的にバンチに飛び乗る!(^^; その後ペースラインを作りつつ爆走! 最高速度は56km/h超を記録した。 こんなスピードで俺が堪えられるわけない。 「心臓もいたわらなきゃいけないしぃ〜」等と適当に理由を付けて 自分を納得させた後 バンチから落ちた。 鎖骨を折ってから初めての手ごたえを感じた。 なかなかいい感じでフィットネスが上がって来ている。(^^)

Paul とウォームアップしている時色々話しした。 彼は今朝も乗ったらしい。 路面が濡れていたのに 気合いが入っている。 La Perouse を引き返したらどしゃ降りに遇ったらしい。 その後 Sutherland まで往復もやったという。 すげーーッ。 今日はもう100km走っていたのにバンチを引っ張って向かい風の中46km/hとは・・・。 「隣の人がスピードを上げたのでついて行ったが、流石に1週はもたなかった」と言っていた。 「今週何キロ走った?」と聞くと、「日曜日から650km。」だそうだ。(*_*)ゲ〜ッ! 今年の Paul は去年の Paul とちょっと違う。 明日も、明後日も走って、更に日曜日には Wollongong までの180kmサイクリングをやるつもりでいるらしい。 あんたは怪物か?!(^^;





2002年01月22日(火)

今朝は 昨日買ったライトの性能をチェックしなければならない。 そう言う訳で早起きしなくちゃいけないのだ。

05:00に目覚ましに起こされる。 10分ほどムニャッとしたあとベッドからでる。 ・・・と、なんか外が・・・雨!?・・・ジャン。 しばし空と路面をにらみながら呆然。 雨は大丈夫みたいだが、昨夜からの雨で路面が濡れている。 今日は上り下りの多いコース。 オーストラリアの路面は馬鹿にしちゃいけない。 死にたくないので今日のサイクリングはパス。

シャワーして ふと腕時計を見ると・・・04:58。 ・・・なんで?(^^; 目覚ましを見たら04:15くらいにセットされていた。 不思議な事もあったものだ。(^^;; 目が覚めてしまったものはしょうがないので、05:15からの日本語放送(前夜のNHKのニュースを放送してくれる)を見る事にした。 06:00を過ぎたらまた眠くなった・・・ので寝た。

インターネットで研究関連の事を検索していて、ふと「鹿児島県 大崎町」ってのを入力してみた。 因みに我が故郷です。 (^^; そしたら、なんと立派なページが出て来ました。 我が故郷も立派になったものです。(^^; なんとウェッブカメラまであるし。 思わずグリグリ遊んでしまいました。
我が懐かしき小学校のページを覗いてみるとなんと校舎が綺麗! 最近新築されたようです。 私が通っていた頃は、まだ「学校の怪談」なんていう映画に出て来そうな校舎が残っていたのですが・・・。
ほいでもって中学校のページを覗いてみると・・・生徒数がたったの364人(2002年現在)でした。 私が通っていた頃は600人はいたのに。 校歌の歌詞には800と入ってます(ました)。 過疎化が進んでいるんですね。
オーストラリアからリアルタイムで見れるなんて、便利な世の中になったものです。

そうこうと遊んでいると庸子さんから電話が入った。 「Manly は雨がふりだしたのだけど サウスはどうですか?」と。 窓の外を見たが 曇ってはいるが降りそうにはない。 そういうわけで、いつもよりちょっと早目にサイクリングをすることになった。
学校を出てみると 北にどんよりと雨雲が。 Randwick Junction の coles に寄ってパンなどを買って外へ出ると どしゃ降り状態。 まぁ、にわか雨なのでしばらく待つ事にした。 10分くらいしたら小降りになったので 歩き出した。 アパートへ着く頃には日が照り出して 路面からは湯気が上がっていた。
サイクリングの準備をして Centennial Park へ向かう。 途中ガソリンスタンドでスポーツドリンクとチョコレートをゲット。 公園をウォームアップに走り出して 庸子&Pabloさん達がやって来るのを待つ。 「遅いなぁ〜」と思いつつ、30分くらいしたら前方に Pablo が出現!(^^; その前には庸子さんが! Pablo が「ショートカットしないと追い付かないよ!」というので公園の真ん中を通る道を走って トラックの反対側へ。 庸子さんが来るのを待ち受ける。 なんと彼らも 俺が公園に着いたくらいから走り始めていたのだそうだ。
その後は 軽くサイクリング・・・ではなかった。 予定では庸子さんの心拍数を150でリミットして 軽く走る予定だったのに、「今は心拍数を上げないようにしなくっちゃいけないのぉ〜」と言いつつ何故か飛ばす。 軽い追い風だったが最高時速44km/h。 ハーフラップのインターバルに近い。 練習が終わりに近くなった頃 火曜日好例のビッグバンチが追い付いて来た。 庸子さんはクールダウンにバンチの中で3週ほど走行。 俺は半周バンチの中で走ったが、バンチが大き過ぎたのと 心臓をいたわらなくっちゃいけないので(^^;直に練習をストップ。 後は Pablo と一緒にキャノン近くの柴の上でピクニック状態。
今日は庸子さんはランはなし。 明日朝早くからスイミングのレース(?)か何かがあるらしい。 ので、暗くなるまで柴の上で3人してピクニック。

先週庸子&Pablo さん一行は Snowy Mountain へ合宿行って来たのだそうだ。 Belinda Granger 夫妻も一緒で、良い刺激にも、また自信にもなったらしい。

庸子さんは近々新しい自転車を手に入れる予定でいるらしい。 何にしようか色々検討中。 どうやら今度のはトライアスロン仕様の自転車になりそうだ。 インターマックスのスポンサーシップも取れたので「ホイールはインターマックスで・・・」等と言っていた。 格好良い!!!

柴の上でくつろでいる時 Paul Rigby を見掛けた。 一人でミドルペースで走っていた。 俺に気付くと、映画スターがやるようなちょっと首をひねってウインクで挨拶。 あ・・・危ない! 俺が女だったらイチコロのところだったぁ!(^^; 相変わらず格好良過ぎるぞぉーーーーッ!!





2002年01月21日(月)

昨日昼間「そんなに寝たら そのまま起きなくて死んじゃうんじゃない?」って言うくらい寝たのに、昨夜もぐっすり。 ほいでもって今朝起きたのは08:00過ぎ。 暑くて目が覚めた。 今朝は早起きして自転車に乗るつもりでいたのに・・・。 08:00過ぎると暑くてしかたない。 こんな日に炎天下で自転車乗ったら健康に悪いでしょ。 そういうわけで、今日もサイクリングパス。

今週は またうんと暑くなるのだそうです。 昼間暑いと夕方近くからって相場が決まっています。 だから、今週は早起きして自転車に乗らないと・・・つらいなぁ〜。

早起きと言えば・・・最近日の出が遅くなって来ました。 今朝は06:05くらいだったはず。 去年はヘッドライト無しでサイクリングしていて こあい思いをしました。 まだまだ遅くなるはずなのでヘッドライトを買って来ました。 テールライト(といってもチカチカ光る奴)もついて AU$49.00 とお得。 最近テールライトを無くしたばっかりなので好都合です。





2002年01月20日(日)

昨日脚の調子がよかったので 今朝は乗るつもりでいた。 うんと頑張って Stanwell Top か Audly でも制覇しようかと思っていた。 でも起きたら08:00過ぎ。

そういうわけで、今日は一日中惰眠をむさぼっていました。 「なんでこんなに寝れるの?」って言うくらい寝てました。





2002年01月19日(土)

昨日のエコなんとかの診断結果が気になったので インターネットで色々調べてみた。 どうやら麻疹ではなくリウマチ熱が原因で起こる事があるらしい。 リウマチ熱は溶血性連鎖球菌の感染で起こるもので、症状は風邪の様なものらしく、患者に聞いてもかかった覚えがあるかどうか分からない事がほとんどだそうです。 実際俺もそんな病気にかかった事覚えていないっす。 感染してから10−20年たって 心臓弁膜症を発症することがあるらしいです。 で、リウマチ熱が原因かどうかも分かるんだそうです。 凄いっすね。 10年くらい前までは 5−15歳くらいの間にリウマチ熱にかかることが多かったらしいですが、最近は減って来ているらしいです。 弁膜症は進行すると心不全につながるとのこと・・・。(^^;こあ・・・

昨日専門家に診察してもらっている時、自転車に乗っている事など 色々話したし、「もう自転車に乗っちゃだめ!」なんて言われなかったのでOKってことにしておこう!!(^^)





2002年01月18日(金)

今日はVISA更新の為メディカルチェックの予約を入れていたので Health Service Australia へ行って来た。 身長と体重の測定、視力検査、尿検査、なんかわかんないけど色々脚と腕動かしたり、聴診器あてたり。 あとレントゲン。 ・・・なんと重大な事が・・・。 心臓の音になにか異音がするらしい。 というわけで Echocardiogram ってやつを撮るように言われた。(^^;なにそのエコなんとかって・・・

地元の Randwick に戻って、以前鎖骨を折った時にも訪ねた General Practioner の所へ行き、その Echocardiogram の専門医を紹介してもらった。 Randwick には医者がかたまっているので、歩いて10分の所を紹介してくれた。 で、早速その Echocardiogram ってやつを・・・と思ったらその前に心電図(らしきもの)。 両手脚に電極と、心臓の回りに5つくらい電極を付けて、「あッ」と思ったら「はいおわり。 正常です!」だそうだ。 その後本命の Echocardiogram。 想像はついていたが、超音波のエコーを使って心臓を見る奴だ。 蛍光ペンくらいの大きさのプローブを心臓の辺りに当てて撮影。 はっきり言って 自分の心臓が動いているのを見るのは感動的だ。 たくましいではないかッ!! 脈流の音まで聞けるようになっていて、医者は15分程波形やら心房の大きさやら色々計測していた。
・・・で結果は、「4つある弁のうち1つがほんのちょっともれていますねぇ」だそうだ。(;_;)う゛ぞぉ〜 「でも問題無いでしょう」ってことだった。 「以前麻疹(英語で言われたので分からないが、高熱と発疹が出ると言っていたので 多分麻疹の事だと思う)にかかった事があるか?」と聞かれた。 何か関係あるのかな? まぁ、自覚症状はないし(^^;、医者も問題無いと言っているので 問題なしって事で・・・。

そういうわけで、結局1日潰れてしまった。 それにお金もかかった。 しめて AU$505.00 の出費でした。(;_;)





2002年01月17日(木)

あぁ〜〜〜ッ、起きれなかった。 結局ベッドから出たのは07:00過ぎ。 自転車の汚れが目についたので 起きざまに自転車の掃除。 手が真っ黒になったので、自分をシャワーして、朝食を摂って学校へ。 今日は珍しく 自転車で学校へ行く事にした。

いつもの道を行くとたったの2kmくらいしかないので、ちょっと回り道をする事にした。 1年くらい前まで週2回程寄っていた Doncaster Shopping Center (と言っても小さな所)にあるギリシャ人の小母ちゃんたちがやっている八百屋/果物屋へ寄ってみる事にした。 なんとほぼ1年振り。 俺の事覚えてたいるかな? 自転車を押しながらショッピングセンターに入って八百屋の前に止めようとしていると 愛想の良い笑顔が・・・俺がサングラスを外すなり「あんたぁ!! 久しぶりじゃないッ!」といきなり。 覚えていてくれたようだ。 嬉しい。(^^) マンゴ、アプリコット、ホワイトピーチを適当にみつくろいながら雑談。 以前は見掛けなかったおねいさんがレジをやってくれた。 小母ちゃんの一人と顔が似ているので 多分娘さんだと思う。 俺が自転車に乗ろうとしていると「じゃあね〜〜」と笑顔で送り出してくれる。 いやぁ〜〜いいね。

全然勉強が捗らないので 15:30過ぎにとっとと学校を出てアパートへ帰った。 すぐにサイクリングの準備をして Centennial Park へ。 16:00過ぎから走り出して、たらたらとウォームアップをしていると木曜日好例のビッグバンチが早々とやってきた。 早速最後尾につける。 それから約1時間半、バンチの中で走行。 あっと言う間に走行距離が70kmになった。 バンチが消滅した後は クールダウンにたらたらと一人で走行。 時間が19:00を回ったら 距離も100kmを越えたので帰って来た。 バンチの中で 加速したり減速したりしながら走ったので脚が思ったより疲れた。





2002年01月16日(水)

起きたら路面が濡れていた。 自転車には乗らない。夕方から回復するかと思っていたが、シトシトシトシトと雨。 明日にかけよう!!

アパートに帰ったら Cycling Federation のライセンスカードが届いていた。 今年のは白基調で ちょっと格好良い。

古いライセンスカード 新しいライセンスカード




2002年01月15日(火)

さぁ、今日からまた脚をいぢめるのだッ!!

昨夜 稲垣くんと菅野美穂の映画「催眠」をSBSで放送していたので ついつい最後まで見てしまった。 そう言う訳でちょっと寝不足? 朝05:30に起きたが 身体の調子が今一。 サイクリングの準備をして 05:40にアパートを出た。

Centennial Park のトラックを周回しながらいつものようにウォームアップ。 暖まって来ても何だか調子が悪い。 脚には力が入るので 疲れは全然残っていないはず。 06:01くらいに集合場所へつくといきなり出発!! 今日は10人ってとこか。 主メンバーがアデレードへ The Tour Down Under を観戦に行っているので仕方ない。

まずは最初の Bondi Beach から Dover Hights への長い上り。 ダンシングで重めのギヤ比で上っているのだが堪えない。 脚の調子は悪くない。 そのうち息が切れてしまったのでシッティングに変更。 第二の Watosons Bay からの上り坂では、今までより一、二つ重い 39x23、21 のギヤでなんなく上れた。 Rose Bay から Bondi Junction への上り坂でも 39x23 で。 それでも、自分でも何だかよく分からないが調子が今一。

公園に帰って来たら トラックを2,3周して、走行距離が50kmを越えたので朝の練習終わり。(^^;午後もありかよ・・・

学校に来たら、再入学手続やらビザの更新の手続やらで 学校内をあっちへこっちへ。 疲れたよ。 結局勉強はなにも出来なかった(いつもしてないけど・・・)。

16:45になって外は晴れ気味。 さっさとアパートへ帰る。 17:30過ぎ、サイクリングの準備を終えてアパートをでた。 風が強い。 Centennial Park へ行くと、サイクリストは殆どいない。 「火曜日好例ビックバンチはもういなくなったのかな?」等と思いつつウォームアップを始める。 そしたら・・・1周もしないうちにでっかいバンチがやって来た。 50人強ってとこだ。 まだ暖まっていないけど 早速バンチの最後尾に付ける。 その後30km強、バンチの中でサイクリング。 18:30を過ぎたらサイクリストがどんどん帰り始め、あっと言う間にバンチが消滅した。 その後はLSDモードで20km走行。 今日の総走行距離が100kmになったので帰って来た。

今日は、午前中は今一の調子だったが、午後からはちょっとだけましになった。 でも脚には力が入るので、バンチの中で走っている時も いつもより重めのギヤ比で走行できた。

バンチの中に スッゴイ強い女の子を見掛けた。 黒い CANNONDALE に乗っていた。 Belinda Granger も強いが彼女ではなかった。 向かい風の中、男共とほぼ同じペースでバンチを引っ張っていた。 すげえ!! 多分彼女もトライアスリート。 有名な選手に違いない。





2002年01月12日(土)

今日が脚いぢめの最終日。 脚の疲れを極限までもって・・・行けるといいなぁ。(^^)

今日のクラブライディングは06:30からだっつーのに05:15に起床。 シャワーして身体を起こす。 ゆっくり目にサイクリングの準備をして05:50くらいにアパートを出た。

今日の脚の調子は・・・疲れ気味。 でも期待したほどではない。 Centennial Park のトラックを周回しながらウォームアップ。 今日は珍しく 土曜日だっていうのに06:00前から15人くらいのバンチがやって来た。 頑張ってる〜〜ッ。 それと、トライアスロンクラブのタイムトライアルレースがあるらしく、いつも集合場所に使っているキャノン前が占拠されてしまった。 4周くらいして集合場所へ。 今週から The Tour Down Under というサイクリングレースが始まっているので、一部(多分20人くらい)のメンバーはアデレードへ行っていて いつもより人数が少ない。 と言っても40人弱。 今日も3バンチに別れてサイクリングする事になった。 俺はCバンチで。 疲れているので無理せずLSDモードで。

適当に走るつもりでいたのだが、やっぱり本能には勝てない。 La Perouse を折り返した後 Maroubra の Mons Av の上りではトップをとってしまった。(^^; その後の Torrington Rd はきつ過ぎるのでパス。 疲れた脚に重過ぎる負荷は怪我の元だ。 最後の Oberon St では最後尾からごぼう抜き。 ふふふ・・・疲れていても並のライダーには負けませんぜぃ。 でも残念ながら2位。 トップは珍しく George Schneller。 ぶっ千切られてしまった。 あんなに強かったのか?(^^; Randwick Junction 手前で追い付いたら「あの坂は好きなんだぁ。」と・・・。 「追い付けなかったよぉ」と言ったら「トレーニングしてるんだよ。」だと。 いつもはB、Cバンチのリーダーとしてたらたら乗っているので意外だった。 今シーズンはクラブのタイムトライアルに挑戦する気でいるらしい。 ほうほう!(^^)

公園に帰って来たら いつものようにコーヒータイム。 何故か腹が空いていなかったので 甘いケーキを一切れとフラットホワイト、スポーツドリンクだけ食べた。 1時間弱うだうだしていたら 雲行きが怪しくなった。 昨夜洗濯して干したままなので いそいそと帰って来た。

今日のライディングで脚の調子は絶不調のはず。(^^)むふふ 明日、明後日と何もしないで完全回復をするのだ!!(^O^)強くなるぜーッ!





2002年01月11日(金)

さぁて、今日も脚をいぢめなくちゃいけない。

学校の屋上のドームにある口径28cmの望遠鏡の保守の手伝いを頼まれたので、今日は全然勉強は出来なかった(いつもしてないけど・・・)。 この望遠鏡、はっきり言っておもちゃなのだが、一丁前にトラッキングをコンピュータ制御出来るようになっている。 しかもCCDカメラを付けられるし。 主に学部学生の教育用に使われている。

望遠鏡の手入れが終わったら15:00。 うだうだしていたらあっと言う間に16:00になった。 帰り支度をして学校から出ようとした時気がついた・・・チューブを買わなきゃ! 早速 Alan がやっている自転車屋に行って チューブ2つ(AU$12.95)と新しいクラブ(AU$29.90)を買った。 Alan とこの店はアパートとは正反対で、近場の Pedal Pushers へ行く方がよかったのだが、新年休みのような予感がしたので やめておいた。

新しいグラブ
手のひらのイボイボが気持ち良い

アパートに着いてサイクリングの準備をして アパートから出たのは17:30くらい。 ちょっと遅めだが 日が沈むのは20:00過ぎなので まだまだたっぷり遊べる。 今日の調子は・・・よくない。 予定どうりだ。 今日も風は東より。 スピードが出ない。 Centennial Park のトラックをグルグルグルグル。 退屈なのでおねいちゃんを見ながら気分を紛らわす。 そうこうしていたら後ろにライダーがくっつていきた。 「うむ、振り落としちゃる!」と思い 疲れた脚で疾走。 1周かっとばしたが ピッタリ付いて来られてしまった。 敗北。(;_;) その後はLSDモードに切り換えて走行。 走行距離が50kmを越えたので帰って来た。

脚の疲れはなかなか言い感じだ。 それにもかかわらず今日の最高時速は45.4km/h。 ライダーを振り落とそうとした時に出した。 疲れていてもスピードが出るってことは ちょっとは強くなった証拠。 良い感じだ。(^^)





2002年01月10日(木)

「さぁて、今日から明日、明後日と脚をいぢめるぞぉ〜〜!」と思い、張り切って05:00に起床。 サイクリングの準備を終わって ちょっと明るくなるのを待っていると・・・外がなんだか騒がしい。 「風か?」と思って窓から顔を出すと パラパラと雨。 でも直に止んだ。 「明らかに通り雨なので問題なし!」と思っていると第2段、3段と雨がやって来る。 結局5分もしないうちに路面が濡れてしまった。 ウエットコンディションではサイクリングはしないのが主義なので あっさりと諦めた。 着替えて朝食を摂って いつもより3時間早く学校へ。 学校へ来る途中も雨雲がどんより。 学校へ着いて 部屋の窓を開けてびっくり。 さっきまで空を覆っていた雲がすっかり消えて、雲一つ無い晴天。(・o・;あら・・・ なんやっちゅ〜ねん まったくもぉ〜!

午後になって 突然眠気が襲って来た。 昨夜ろくに寝ていないのだ。 眠い・・・ので寝た。 気がついたら15:00前。 「おぉ、帰らなくちゃ!」と思い 勉強を止めて(何もしてないけど(^^;)学校を出る。 いつものように Randwick Junction で晩飯を仕入れて アパートへ。 帰り着いたら直にサイクリングの準備をして飛び出した。

時間は16:00。 気温は27℃ってとこだが、風が強く 空気も乾燥しているので涼しい。 Centennial Park へ着いたら コンディションのチェックとウォームアップ。 火曜日ほどの絶好調では無いが悪くはない。 木曜日好例のビッグバンチがやって来るのを待ちながら トラックを平均速度30km/hくらいで周回。 今日は東よりの風。 しかも強い。 この風向きだとキャノン手前の3/100の上りが向かい風。 タフな練習になる。

「もうそろそろバンチがやって来る頃だ」と思ってキャノンのところで止まってバンチを待ち受けていると サイクリストが近づいて来て「予備のチューブもってる?」と聞いて来た。 生憎パンクしたらしい。 ただで上げても良かったのだが、お金を払うと言うので AU$7.00 で売ってあげた。 そうこうしていたらすっげ〜でかいバンチがキューーーーーンッと行ってしまった。 慌てて追いかけたが もう見えなくなっていた。 仕方ないのでもう一周待つ事にした。

バンチを捕まえてからはバンチの中で楽々・・・でもなかった。 キャノン手前の上り坂で時速44km/h。 しかも向かい風。 俺はバンチの最後尾にいたのだが 坂を上り切るまではついて行けたが その後は落ちてしまった。 坂の途中で俺と同じ様に何人も落ちた。 この時点で走行距離50km。 「あとはクーリングで・・・」等と思いつつ2,3周したら またまたキャノン手前の上り坂の途中で10人くらいのバンチがキーーーーーーンッてやって来た。 最後尾に乗ろうとしたがタイミングをミスって乗れなかった。 奴等は多分 俺が振り落とされたバンチの連中で、他の連中もみんな落とされて 結局10人程度が残ったのだ。 信じられないくらい強い連中だ。 その後もバンチの中で走ったり、一人で走ったり。 何時の間にか走行距離が75kmになっていたので帰って来た。

今日の練習は 正にサイクリストの練習って感じだった。 ダッシュしたりイージーに走ったり。 早筋が疲れた。 心肺機能の強化には丁度良い。 今日の最高時速は48.4km/h。 バンチの中で、フラットな部分を走っている時に出た。

自分でも だんだん強くなっているのが分かる。 心肺機能が向上して来ているので、トップスピードで走っても 呼吸が楽。 呼吸が楽だとはしゃいで走っていて楽しいのだ。 怪我する前は、トップスピードで走った後もその先がまだあるって感じで粘りがあったのだが、まだそのレベルにはちょっと遠い。





2002年01月09日(水)

学校で愛機 toyopc号(ただのPC) が汗汗ッ!と計算している間、 主人の私はネットサーフィン(もしかして死語?)。 「サイクリング&日記」で検索をかけて 片っ端から読み耽っていた。 ・・・・・・と、面白いページ発見!! 椎名愛WEBというネットアイドルのHP。 いや・・・、別にそう言う訳では・・・。(^^; CYCLING のボタンを押して・・・読んでみた。 面白い!! その後1時間かけて全部の日記を読破したのは言うまでも無い。(--#暇人が・・・勉強せいッ!





2002年01月08日(火)

朝学校に来てメールをチェックしたら 庸子さんからメールが届いていた。 「今日 Centennial Park へちょっと早目に来ます」だそうだ。 ふふふふふ。(--) まってたよん。 2日間も自転車に乗らないと調子が良い。 朝練習しなかったので(正しくは、朝寝して練習に参加できなかった(^^;) エネルギー充電100%!

14:30過ぎ、庸子さんからいつもよりちょっと早目に電話が入った。 勉強をとっとと片付けてアパートへ。 気温は29℃。 太陽光線が熱い!(^.^; ついでに超乾燥状態。 息するのが苦しい。 途中いつものインドカレー屋によって Butter Chiken、Vegitable Corma、Mixed Lentils の3色カレーを晩飯にゲット。 アパートへ帰り着いたらサイクリングの準備をやって飛び出した。 今日は暑いし、空気が乾燥しているのでボトルは2本。

Centennial Park のトラックを周回しながら Snickers を齧る。 いつもの待ち合わせ場所付近に着くと、庸子&Pabloさんは既に準備OK。 早速走り始めた。 今日は西よりの風でちょっと強め。 この向きだとキャノン手前の3/100の上り坂が追い風になり、全体的にスピードに乗りやすくなる。

今日の俺は本当に調子良かった。 こんなに調子が良いのは 鎖骨を骨折して以来初めてだと思う。 今日の練習メニューは、庸子さんの心拍数を160マックスに抑えての軽い走行。 調子良過ぎる俺には精神的に良くない。 そういうわけで、調子良い時にしかやらない重い負荷での練習にすることにした。 前は52のリングに入れっ放し、ケイデンスは60で、キャノン手前の3/100の上りはダンシングで心肺機能に負荷をかける(って言っても大した負荷ではない)。 こんなサイクリングは2人の前では初めてするので、Pablo が「いつものヒロとは全然違う。 信じられない!」と驚いていた。 うーーーーーん、それにしても調子が良かった。

トラックを13周、51km走った後でも全然疲れが無い。 庸子さんは14、15周した後いつもの様に軽くランの練習をやっていた。 俺は Pablo と一緒に水飲み場の木陰で休憩。 Pablo に牛乳をもらった。 ヒンヤリしていて一気に飲んだらこれが旨い!!! トレーニング後の乳製品は俺にとっては禁止物なのだが 美味しかったのでOK!(^^;

庸子&Pabloさん達と別れた後、2,3周クールダウンをやってアパートへ帰って来た。 シャワーして一息付いたら 脚の早筋が疲れている事に気がついた。 自転車に乗っている時には全然疲れた感じは無かったのに・・・。

庸子さんと練習している時 Leigh Ringrose が追い付いて来た。 長い事見なかったと思ったら、ここん所殆ど自転車に乗っていなかったのだそうだ。 そういうわけで今週あたりから練習を開始したらしい。 庸子さんに気付いたので「プロのトライアスリートで強いんだよ!」って教えて上げたら驚いていた。 しばらく庸子さんと並んでなにやら話しした後、後ろに下がって来て俺と雑談。 庸子さんのライディングフォームを見て「綺麗で安定している!!」と感動していた。

今日は天気が良かったせいで、火曜日と言うのもあるが、サイクリストが多かったように思う。 うちのクラブの連中は、Leigh 意外に、Stan Genakis、Paul Rigby 等も見掛けた。





2002年01月06日(日)

今日はとっても疲れていたので クラブサイクリングはお休み。 朝から晩まで「今日はなぁ〜〜んにもしないんだにぁ〜〜」とゴロゴロしていた。

午後TVを見ていたら、2週間程前に Manly で開催された Accenture Seriese というトライアスロンを放送していた。 庸子さんと公園を走っている時、庸子さんが話していた奴だ。 残念ながら女子のレースの半分を見逃してしまった。
レースは、去年の今頃 Manly で見た F1 Triathlon に似ていた。 スイム(300mくらい?)、バイク(10km)、ラン(2.5km)を2回やる。 スピーディで面白い。 やっぱり見入ってしまうのはバイクレグ。





2002年01月05日(土)

昨日の疲れがちょっと残っているせいか、朝起きれなかった。 目覚ましが鳴ったのは覚えているのだが・・・。 07:30くらいにベットから出て、みんなの誤解を解くために 顔見せに Centennial Park へコーヒーに行く事にした。 公園へ着いたのは08:00前。 まだちょっと早いのでウォームアップにトラックを2,3周する事にした。 風は冷たいのだが 湿度が高いせいで あまり爽やかではない。 3,4周したら08:20くらいになったので いつものキャラバンの所へ。 もう数人サイクリングから帰って来ていた。

コーヒーを買いに列に並ぶと前に居た Suzanne Lyndon が「ヒロ、なんともないの?」・・・と。 何期待してんだか?(^^; 「全然大丈夫! クラッシュには巻き込まれなかったんだよ。」と答えておいた。 他の人からも「あっちこっち傷だらけだと思ってたよ!」・・・等。 あんたら何期待してんの?(^^;;;

Richard Scriven に久しぶりにあった。 彼は俺と一緒に去年の8月にクラッシュに巻き込まれた不幸組の一人で、手首を骨折した。 今では殆ど完治しているようだ。 俺を見るなり「ヒロ、またやったのかぁ?!」と。 「だいじょうぶだよん!」と安心させて上げた。 やっぱり訂正メール打っておけばよかった。

木曜日 俺の隣を走っていてクラッシュを避け切れなかった Peter Heywood がやってきていた。 あごと肱、指から血を流していたが、あごはちょっとした擦り傷だったらしい。 一番ひどかったのは肱。 それでも大した事はなくて 元気そうだった。 よかった。(^^)

みんなと別れた後、一人で平均時速25km/hくらいで たらたらとトラックを周回した。 日が差して来たら湿度が落ちたお陰で、ちょっと気温は上がったが、爽やかな日和になってきた。 たらたらと約2時間半、60km程リカバリーライディング兼LSDをやった。

夕方 Roberto が「The Lord of the Rings を見に行こう!」というので、お気に入りのステーキハウス Dukes Bistro に行ってでっかいステーキを腹一杯食べた後、Randwick の The Spots と呼ばれるレストランやら映画館やらが並んでいる所へ出かけた。 20:30くらいからの開始で延々と3時間。 映画が終わって 映画館から出た後暫くは尻が痛かった。

俺は日本にいる時も映画は殆ど見なかった。 1800円も払って2時間も時間を費やすほど面白いとは思わないから。 年に1回、なにかの間違いで行くか行かないかってとこだった。 オーストラリアでも同じ。 値段は日本に比べたら遥かに良心的で 大人でもたったの AU$8.00(500円) ってとこだ。 俺は学割きかしてたったの AU$6.00(400円)。 この値段でも見に行く気はしない。 時間の無駄だ。
The Lord of the Rings は知り合いの Tim がコンピュータグラフィックスを担当した映画なので、珍しく「見てみたい」と思っていた。 Roberto がダンジョンズ&ドラゴンズ狂なのでちょうど良かった。 何からかにまで説明してくれる。 で、感想は・・・
映画については

でも、 ストーリーについては、俺はアドベンチャー物は嫌い(だって先が読めるんだもの)なので 特にコメントなし。 ただ、50年以上も前に書かれたストーリーで 英文学のマスターピースだと言う事を聞くと納得の一言につきる。 The Lord of the Rings に比べたら他のアドベンチャー物全てはゴミだと感じる。





2002年01月04日(金)

学校で勉強していると Malcolm Wade から 昨日のクラッシュの状況説明メールが届いた。 なんと俺も巻き込まれた事になっている。 う〜〜ん・・・(^^; まぁ・・・いいか。 すると暫くして Debbie Pearce から「大丈夫?!」メールが届いた。 「大丈夫だよ」メールを返して上げた。 そのまたすぐ後に Ann&Dave Clarence から「またかぁ?!」メールが届いた。 「大丈夫だよん」メールを返して上げた。 いかん・・・訂正メールを出すべきか・・・。 でもみんなのアドレス全部に送信しないといけないんだよねぇ〜。

なんだか勉強が進まないので 夕方またサイクリングする事にした。 昨日と同じく17:00に学校を出て アパートへ。 途中夕御飯にハーフチキンとチップスの小(全部で AU$7.50)を買って帰った。 アパートにたどり着いたら 直にサイクリングの準備をして飛び出した。 今日は Centennial Park には サイクリストは殆どいない。 時たま無茶苦茶飛ばしているにわかサイクリストを見掛けた。 マイペースでウォームアップから本走行へと少しずつスピードを上げながら1時間。 疲れたのでクールダウン。 結局1時間半楽しんだ。

アパートについた時には腹ぺこで、チキンがめっちゃ旨かった。(^^)





2002年01月03日(木)

昨夜は割と涼しかった。 昨日 学校からの帰りに coles へ寄ったら 電気式の蚊取りがあったので買って来た。 そういうわけで昨夜は熟睡・・・でもない。 04:00くらいに目が覚めた。 何故か身体があっちこっちかゆい。 「蚊取りがあるし、蚊ではない。 気のせいだ!」と思いそのまま寝た。 朝起きたらタップのソケットが電源から少し抜けていて、結局蚊取りは働いていなかったのだ。 信じるものは救われる。 蚊取りを信じて寝ていたので 寝不足ではなかった。

今年最初のクラブサイクリング。 自転車も掃除したてだし やる気満々だ。 タイヤに空気を入れたりしてちょっと時間を食ったが、05:45くらいにアパートを出た。 Centennial Park のトラックを半周して いつもの集合場所へ到着。 少ない。15人ちょっとってとこだ。 06:00に出発。 空は快晴。 気温は17℃ってとこだ。 気持ちがいい!! いつものようにいつもの木曜コースをサイクリング。 俺は 初めはバンチの最後尾、Andrew Price のすぐ後、バンチの右側の列につけていたが、後から追い付いて来た人に場所を取られたので Andrew の左後、バンチの左側の列になった。 これがラッキーだった。

La Perouse への途中 ANZAC Parade からそれて Long Bay 沿いを走るのだが、今日は今年最初とあってちょっとコースを変更し いつもより1本海に近い道路(本当の入り江沿いの道路)に入った。 この道は、景色は良いのだが急な上りがあるので 特別な時にしか通らない。 慣れないコースなので「気を付けなくっちゃなぁ〜」と思っていたら Andrew がデコボコにハンドルを取られて転倒! 「キャーーッ!!」と思い左へ回避。 俺の右隣の人が Andrew を避け切れず前方へ転倒。 「こっちへ来ないでくれぇ〜〜〜!!」と思いつつ Andrew のすぐ脇を通り抜けた。 その時俺の右隣の人の自転車が俺の自転車をカスった。(^^; なんとか巻き込まれずにすんだよぉ〜。 Andrew は事故の直後暫く起きれず、起き上がった後もしばらく朦朧としていた。 本人は何が起こったか全く知らない。 肱と腰をひどく擦りむいていた。 正気に戻った後も「何があったんだ?」と聞いていた。 俺の右隣にいた人もあご、指、肱等を切ったり擦りむいたり・・・。 直に救急車を呼んで 5分程したらやってきた。 症状をチェックした後 応急処置して、Andrew は救急車で運ばれていった。(;_;)/~元気でねぇ〜
事故の直後 Pedal Pushers のオーナー Steve Hogg は、間髪入れずに Andrew の自転車を片手で押しながら 自分の自転車に乗って どこぞへ消えて行った。 やる事が速い!!

救急車が去った後、直にパトカーがやって来て 事情聴取。 会長の Alex Simmons が対応していた。 ・・・・・・で、その間他の連中は・・・世間話しながら寛いでいる。(^^;あんたら・・・ その後、みんな仕事とかあるので 三々五々に散って行った。 誰かが車で迎えに来るようで、Alex と俺の隣に居た人、Sam Kosky ともう一人女の人は帰る様子はない。 俺も残っていてもよかったのだが、一人で公園へ帰って来た。

今年は 年の初めから縁起が悪いのか・・・ラッキーなのか・・・。(?_?) 自転車のフレームにちょっと引っ掻き傷をもらったが、その程度ですんで良かった。

夕方、勉強を17:00に終わってアパートへ帰り Centennial Park へサイクリングに行った。 朝走り足りなかったので、天気も良いし、勉強は捗らないし、「こう言う時はサイクリング!」と思い ちょっと走る事にした。 好例の木曜日のビッグバンチには間に合わなかったが、バンチの中で走ったり、一人で走ったりと楽しんだ。

順調にフィットネスは回復して来てはいるが まだ怪我の直前には程遠いって感じだ。 怪我の後3ヶ月くらいの間は あまりフィットしていなかったので じたばたしっぱなしだった。 サイクリングしていても辛いのが先に立って あまり楽しくはなかった。 でも、最近フィットネスが向上してきたお陰で ちょっと踏み込んでも呼吸は乱れなくなり なかなかいい感じになってきた。 ここまでくれば 後は楽しく乗っているだけで順調に強くなるはず・・・だ!!





2002年01月02日(水)

昨夜はすっげ〜暑かった。 まぁ、鹿児島生まれの俺にとっては大した暑さではなく、眠れないほどではなかった。 ・・・が、流石の大隅隼人(薩摩じゃなくてごめんね)もには勝てない。 あっちこっち喰われて朝方3時くらいに目が覚めた。 その後眠れない。 そういうわけで、朝起きれず12:00まで寝ていた。

「これはいかん!」と思い、学校へ来る途中あっちこっち蚊取りを探し求めて放浪してしまった。 電気式の蚊取りが欲しかったのだが 何処にも置いていない。 いったい何処に売っているのか? 代わりに電源タップとサンスクリーンを買って来た。(^^;代わりになっていない! もしかして今夜も眠れないのか?(;_;)





2002年01月01日(火)

何だか年が明けたって気がしない。何故だろ? とりあえず元日から軽くサイクリンぐって事で・・・。

いかん、寝坊した。去年の最初のサイクリングでも寝坊したのに、また今年も。(^^; 06:15に目を覚まして、ぬくいシャワーーーーーーー。 サササッとアパートを飛び出す。 Centennial Park へ着いた時は とうの昔に集合時間の06:30を回ってたいた。 トラックを逆回りに走ったが、クラブのバンチは見当たらない。 完全に置いて行かれた。 今日のサイクリングは「びっくりコース!」って事で、コースを聞いていない。 ので、追いかけようにも・・・。(;_;) あきらめて のんびり一人で La Perouse を往復する事にした。

流石元日は人がいない。 サイクリストもいない。 車も少ない。 ひろぉ〜〜〜〜い道路は俺の物。(^O^) La Perouse を回ってANZAC Parade へ乗ったら誰かが俺を呼ぶ。 ・・・と見ると Dave&Ann Clarence だ!! おぉ、久しぶり!!!(^o^) その後は雑談しながら Ann と Dave の特別コースを一緒に走った。 もう2年も Sydney に居るので たいがいの道は知っているつもりでいたが なんのまだまだ未熟だった。 知らない道をあっちへこっちへ。 あっと言う間に50kmを走ってしまった。 その後は一緒に Centennial Park へ戻ってコーヒータイム。 暫くしたら特別ライディングを終えたクラブの人達が帰って来た。

George Schneller に「今日は何人集まった?」と聞くと「何人って? 6人だよ。」・・・と。 おや・・・? みんな気合いが足りないんじゃない? 俺もだけどね。

Debbie Pearce もやって来た。 「今日は何処走った?」と聞くと「Double Bay を2周ほど・・・」だと! 気合いが入ってる!(^^;

10:00前になって暑くなって来たので そそくさとアパートへ帰って来た。 アパートへ着いたら直に 今年最初の自転車掃除! 隅から隅まで綺麗にしたやった。 その後は自分を洗って そして洗濯。 全て終わったのは13:00過ぎだった。