2002年11月17日(晴れ) 走行距離:167.24km、走行時間:6時間33分、所用時間:9時間00分、最低気温:17.0℃、最高気温:23.0℃


今日は Sydney Cycling Club の Patonga Day Tour の日。 Palm Beach に行く度に「あのフェリーに乗ってどっかへ行きたい・・・」 思っていたのだが、やっと夢が叶う。 ずっとこの日を楽しみにしていたので 逃すわけはいかない!

ゆっくり朝食を摂って行けるように、目覚ましは 余裕を持って05:00にセットしていたのだが、起きたのは06:00前。 目覚ましが鳴った記憶は全く無い!(--;う〜〜む 朝食は食べれないが まだ余裕で間に合うので、とっととシャワーして、サイクリングの準備して、アパートを飛び出す。 途中コンビニに寄って、スポーツドリンクと、朝食代わりに SNICKERS CRUNCHIE とミューズリーバー(アプリコット味)をゲット。 Centennial Park のトラックを半周しながら齧る。

集合場所に着くと もう何人か集まっていた。 06:30になって Club Captain の Jamie Bedford からアナウンスと注意事項が。 Palm Beach で引き返す人達もいて、Palm Beach までは Patonga 組と一緒に行くらしい。 他の人達は、いつもの日曜日サイクリングで Waterfall へ。

「ほいじゃ、出発!」の合図で、のたぁ〜〜っと出発。 まだまだ先は長いのだぁ。 いきなり公園の丘を登りながら 徐々にフォーメーションを整えて行く。 イギリスから観光で来た飛び入りさん一人も入れて 総勢20人ってとこだ。 珍しく Club Secretary の George Schneller いる。 俺の隣へ来て「ヒロ、Patonga へ行くのか?」と言うので「そうだよぉ」と答えると「秘密の特訓で強くなったんだろぉ!」だと。 えへえへ(^^)ばれちった

ANZAC Parade を City へ向っている時、車線変更しようとしたら Ken Lord が前の人の後輪に前輪を取られて転倒! 「をいをい、初っ端からアクシデントかよ・・・(--;」と思いながら様子を見る。 幸い擦り傷程度で大した事無く、その後直にサイクリング再開。

今日は、Sydney Cycling Day って言って「年一回、Sydney をサイクリングしよう!」ってイベントが行われているらしく、City に入るとなんだかサイクリストが多くなって来た。 出発場所は North Sydney の St Leonard Park で、Harbour Bridge を North に渡ったら 交通規制とサイクリストがいっぱい。 通り抜けるのにちょっと苦労した(でもなかったけど)。 途中 Ken は、「ちょっと調子悪いから・・・」と言って 一人で引き返して行った。 残念。 North Sydney を抜けたら しらない間に何だか人数が増えた・・・ような。 どうやら North に住んでいる連中が途中で合流してきたらしい。 数えたら全員で25人強ってとこでした。

その後は恙なく・・・でもない。 新人が多く、初めて North にサイクリングに来るという人もいる。 彼等にとって、Palm Beach サイクリングは ちょっとしたチャレンヂなのだ。 ちょっとした丘を登る時、バンチの先頭のペースと 遅い人とのペースが違うせいで、初めはバンチの先頭近くにいた遅い人等が 丘を越える度にふるいにかけられたように徐々にバンチの後方へシフト。 終いには、丘を越えるとバンチが速いバンチと遅いのとに分割状態。 その度に前のバンチがペースダウンして遅いバンチを待つ。 のだが、一回だけ待たずにおいてけ掘りを喰らわしてしまった。 そしたら、Newport Beah で一旦停止した時、遅いバンチにいた George が 今日の Riding Captain の Paul Davies に文句言っていた。 「そんな事言われてもねぇ・・・」と思うのだった。

Newport Beach から先 Palm Beach まではちょっと道が狭くなっているので、フォーメーションを変えて Sigle File で行く。 大きめの丘を3つ越えたら Palm Beach へ到着。 ここまでたったの50km。 朝飯前の運動が終わったので、フェリーの時間09:00まで Cafe で朝食タイム。 俺はミューズリーバーが効いているらしく 食べたくない気分。 水道から水だけ補給(ただ)。

08:50になったら Patonga 組は Palm Beach 組にお別れを言ってとっとと棧橋へ。 Patonga 組は・・・あれぇ!20人ですか? それは凄いね。(^^; 棧橋への途中、念の為もう一つミューズリーバー(同じくアプリコット味)をゲット。 写真など撮りながらフェリーを待つ。(^^)やっとフェリーに乗れる・・・わくわく 既に停泊していたフェリーが2隻出た後 俺等の乗るフェリーが到着・・・というかちょっと沖で待っていた。

なんと!!! 客は俺等だけ。(^^; 乗員は2人で乗り込む時親切に手伝ってくれる。 小さなフェリーなのだがそれでも2階建て。 1階は 座席の間につっこんだ自転車でいっぱい状態。 皆さん船の先頭の席とか2階席へ。 俺は最初は船の先頭あたりに居たのだが、写真を撮りに2階へ行ったら 揺れる揺れるぅ。 乗り物酔いする俺は 直に気分悪くなって降参。 とっとと下に降りて来ました。 しばらくしたら乗員さんが料金徴収に回って来た。 AU$7.50・・・安いのか? West Head をかすめるように航行して、約30分。 Patonga へ到着。 俺はちょっと酔い気味。 荒れてなくて良かったよぉ。(^^;

船から降りたら とりあえずトイレで用足し・・・と、みんな行っちゃったし(;_;) 流石のキャプテン、Paul だけは待っててくれた。 ほいでもっていきなり10%オーバーの登りから入る。 Royal National Park の Audley が4個くらい連続でやって来たみたいにきつい。 まあ、慌てても仕方ないのでマイペースで行く。 ・・・と皆さんが見え始めました。 しばらくしたら最後尾をキャッチ。 その後は最後尾の後(それを最後尾と言う!)でのたのたと登る。 きつい坂なのでみんなダンシングしてる。 皆さん空に向って登っているようです。(^O^)ほ〜〜い 「死ぬぅ〜」なんて思いながら、とりあえず写真は撮っておく。(^^;

登り終えたらガソリンスタンドで一服。 この先昼飯予定の Pie in the Sky まで2,3つ同じくらいの登りがあるらしい。 最年長の人(名前しらない)がもうエネルギー切れ気味。 ちょっと可哀相。 その後、再出発して登りをクリアする度に一服が入る。(^^; 最年長の人は、流石に Brooklyn で挫折。 「列車を捕まえて帰る」って言って離脱して行った。 他、序盤から遅れ気味だった Vicky (苗字知らない) が同じく列車でお帰りになりました。

さあて、勝負の時間です。(^^) 実は 今まで適当に走って、エネルギーを蓄えていたのだ。 Pie in the Sky への登り約4kmでトップを取るのだ!! 登りの序盤はバンチで走っていたが、ちょっとペースが落ちたのでバンチを引き千切る! ・・・と、誰もついて来ない。(;_;)つまらん でもとりあえずマイペースでスイスイと行く。 でもなかなか坂は終わらない。 ちょっとアタックが早すぎたか? 後ろを見たら誰も見えないので「ふっ・・・楽勝」と思っていたら脇をスルルルルルッて・・・?? だ・・・誰だお前?!(*_*)いつのまに! 他のクラブの人が楽勝で追い抜いて行きました。(^^; 悔しい! ので追撃。 その人のドラフティングにしがみついているのだが、ペースが速すぎて乳酸限界ギリギリ状態。 まいった・・・負けました。(;_;) 5mくらい離されたのでペースを落とすと その人もちょっとペースダウン。 その後は二人並んで雑談しながら登る。 その人も Sydney から来たらしく、一人で来たので、Sydney CC のジャージを見て「帰りはバンチで・・・」と思ったらしい。 でも、「パイ屋で30分くらい昼食だよ」って言ったら、「んじゃ一人で帰る」だって。 「待てば良いジャン」って薦めたんだけど、俺をパイ屋まで伴走してくれたあと行ってしまいました。 それにしても強かったなぁ。 年は20歳中、アジア系の顔でした。 3,4年前までUSAに住んでいて、今は St George CC に所属しているらしい。 う〜〜〜〜ん、強い奴は・・・やっは強いんだね。 俺がパイ屋に着いて自転車を止めた直後 Sam Vela 等3人がハァハァ言いながらやって来た。 そんなに一生懸命登って来なくても・・・。(^^;

やっと昼飯の時間です。 皆でテーブルを囲んでパイやらジュースやらを食べる。 俺はビーフパイ。 ここはなんだか映画の撮影も行われたらしい、チョー有名な場所。 パイも美味しいです。 喰い終わって Paul を見たらなんかクリームがのった美味しそうなパイを食べている・・・。 あ゛ッ、俺も食べる!! アップルパイで〜す。 まぁ、これもなんと美味しい事か・・・腹減ってるせいもあるけどね。(^^)

さて、腹が膨れたら再出発。 ・・・と、痛い痛い・・・脚がジワジワ痛いじゃない!!(;_;) そう、4kmの登りを登った直後突然ストップしたので、乳酸がたんまり溜まってたいたのでした。 その後15分くらい、脚が暖まるまで、ちょっと踏み込むと脚が痛かった。 ストレッチやっとけば良かったよぉ。 Hornsby までは、ちょっとしたアンジュレーションはあるものの どうって事はない。 ・・・が、イギリスからの飛び入りさんの自転車(サイクルショップで借りた奴)が調子悪くなった。 なんか、スポークが手で回せるくらいゆるゆるで、イマイチおっか無い。 不安を抱えながらも どうにか Hornsby へ到着。

さて、ここからが問題。 交通量が多くて20人ものバンチだとスムーズに行けない。 そういうわけで、4,5人ずつのグループに分割して Single File で行く事になった。 俺は、John Kearney(多分)、Tony Johnson、Sam Vella 等と一緒で、2番グループ。 Tony はいつも一生懸命走るので、1番グループからしばらくしてから出発したのに、あっと言う間に追い付いちゃった。 信号で止る度に、1番グループにいた Julie Avakian に「シッシッ、あっちいけッ」なんて言われるし・・・。(^^;

Single File で North Sydney をなんなく抜けて Harbour Bridge の階段へ。 途中 North に住んでいる人達は次々に消えて行った。 人数は大分減ったけど、ここで再度集合。 階段の所で、今日160kmをサバイブした記念に写真を撮る。 俺のカメラじゃなくてイギリスからの飛び入りさんのカメラでした。 しくぢったな。(--;

City を抜ける時も次々に人が消えて、Centennial Park へ帰って来た時は、John(多分)、Tony、Paul、Sam ともう一人名前をしらない人と俺の、たったの6人になっていた。 さて、やっとコーヒータイム。 この為だけに公園に寄っているのだ。 俺はフラットホワイト(AU$2.30)を頼んだ。 他の連中はハンバーガーとか齧り付いているんだけど、俺は我慢。 30分くらい雑談して解散。

帰り着いたら早速シャワー。 なんだか首が疲れていて痛い。 肩懲り懲り。 シャワーが済んだら自称 シドニーで一番のステーキハウス Dukes Bistro へ直行! でっかいステーキを食べました。 いつもはコーラを飲むのだが、夜眠れないといけないのでビールにした。 美味しかったよん。





Going through North Sydney

On the way to Palm Beach

In the Cafe at Palm Beach

Scenic of Palm Beach

On the Ferry to Patonga

Arriving at Patonga

Climbing to the Heaven

At a Lookout Point

Our Heros

........

At Pie in the Sky

Arrival at Centennial Park