2001年05月26日(快晴) 走行距離:103.81km、走行時間:4時間18分、所用時間:6時間00分、最低気温:10.0℃、最高気温:20.0℃

今日は久しぶりの庸子&Pabloさんとのトレーニング。 足の調整も完璧!!(--;ふッ・・・

04:10に目覚ましをセットしていたが、結局起きたのは04:45。 ややッ、ちょっと急がないとやばい・・・かも。 慌てて熱いシャワーで身体を起こす。 ピーナツバターとチョコレートペーストをたぁ〜〜っぷりとぬったくったサンドイッチを朝食に摂って、ストレッチもせずに05:20くらいにアパートを出た。 そうそう、今日はお気に入りの selle ITALIA のイッチョラの長袖ジャージを来て行く事にした。(^^;実は洗濯していないので着るものがないのです

06:30に Manly で待ち合わせ。 Circular Quay まで自転車で走って、06:10の Jet Cat に乗らなければいけない。 気温は10℃くらい。 最近寒いのにも慣れて、辛くはなくなった。 「どうやって City へ行こうかぁ〜」と考えたすえ、一旦 Centennila Park を抜けて Oxford St へ乗ることにした。 これで City のど真ん中まで一直線。 Circular Quay には 以外と早く25分で到着。 Jet Cat の出発時間より25分も早く着いてしまった。 切符(AU$5.00)を買って待っている間、ふッと温度表示が目に入った。 12℃だそうだ。 なんだぁ、暖かいのか・・・。 Jet Cat でたったの15分で Manly に到着。 すんげぇ〜速くて、早朝の City を撮る暇も無かった。

Manly へ到着すると、ワーフの出口で Pablo&庸子さんが待っていた。 もう一人 Fergus という人も来る予定だったが、キャンセルになったらしい。 そういうわけで、早速3人で出発。 うううッ、さ・・・寒い。 手が痛い! 上下とも完全防寒しているので 身体は寒くはないのだが、手袋からひっこり覗いた指先と耳が痛い。 この痛みは9℃。 北は南より寒かったようだ。 Mona Vale までは HWY14 を北上、トラフイックに気を使いながらゆっくり目に走った。

Mona Vale から Pittwater Rd に入ると車の数がぐぅ〜んと少なくなり、とっても走りやすい。 ・・・と思っていたら、後ろから猛スピードでクラクションを「ヴぅーーーーッ!」と鳴らしながらトラックがやって来た。 「げげッ!」と思っていると、俺たち3人の直前を走っていた2人のライダーの直後で急ブレーキ。 タイヤから煙が出ていた。 2人並んで走っていたライダーのうち、内側を走っていたライダーが反対車線に避けた(?)ので危なくはねそうになっていた。(^^;危ねぇ〜

その後 Church Point を過ぎて、暫く行ったら上りに入った。 まだ身体が暖まっていなかったのでちょっときつかったが、良いウォームアップになった。 途中から1つ目のT字路を右への道に入り Akuna Bay の方向に上る。 このT字路を左の道へ行くと Terry Hills へ上って行く。 上り切った所に2つ目のT字路がある。 左の道へ下れば Akuna Bay だが、今日は右の道に入って特別 West Head へ向かう。 このルートは、Sydney CC の連中の間では「とってもきつい」と専らの評判。 誰一人として行きたがらないコース。 でも綺麗らしい・・・のでOK! 実際走ってみると、道はラフではあるが穴は空いていなくて、車も通らないので御機嫌。 上り下りが多くてちょっとしんどいものの、恐れる程のことはなかった。 ただ、庸子さんと話ししながら走っていたのでそうでもなかったが、一人で走ったら精神的に堪えるかも知れない。 雲一つ無い快晴で、ほぼ無風、すがすがしい空気・・・う〜ん、完璧ではないか。 12kmくらい走ったら West Head に到着! 「おぉ、これが噂の West Head かぁ!」とちょっと感動した。 感動ついでに写真も何枚かゲット! 昨年まで頻繁に行っていた大好きな Palm Beach が見下ろせてとっても綺麗だった。 Pablo がいっこうにやって来ないので「パブは?」と庸子さんに聞くと、「ん? パブこない!」だって。 そのまま Akuna Bay へ下ったらしい。

West Head

トイレに行って身軽になったら折り返し。 帰りは何故か楽だった。 身体が暖まって 足にも力が入るようになったせいだろう。 2つ目のT字路まで帰って来たら右の道へ。 ながぁ〜い下り坂をちょっとびくびくしながら下り終わると、小さな入り江に着いた・・・そこが Akana Bay。 ワーフのコーヒーショップに行くと Pablo が新聞を読みながら寛いでいた。 彼は West Head へ向かって途中まで走ったらしいが、急な坂があったので引き返したらしい。 15分くらい待ったと言っていた。

俺はマグチーノ(マグカップで出て来るカプチーノ)を飲んだ。 AU$5.00 だと・・・高いぞぉ! でも払ったのは Pablo なので問題なし! コーヒータイムの話題は当然あのトラックだった。 「トラックのドライバーも馬鹿だけど、反対車線へ避けたライダーもいけない!」 「いやいや、あのライダーはわざと車をブロックしたんだ!」と話が弾んだ。 出発前にトイレへ行った。 どうも朝から腹の具合がちょっと緩い。 まぁ、ライディングには問題なし。

Akuna Bay

休憩の後は、来た道を折り返し。 Pablo は、ショートカットにと Cottage Point の方向へ走って行った。 あっちの方がきついと思ったが・・・。 俺と庸子さんは、2つ目のT字路までたらたらと上り、一旦1つ目のT字路まで下って右の道へ入り、Terry Hills へ上って行った。 足も暖まって来たお陰か、上りで苦労する事も無く、たらたらと気持ちよく上る事が出来た。 Terry Hills に着いて HWY3 の側で待っていると3分くらいで Pablo がやって来た。 距離的には同じくらいで、Pablo が走ったコースの方が坂がちょっと急なはず。 ただ、俺たちが走ったルートだと傾斜は緩いものの2回上らなければならない。

帰りは、 Terry Hills の裏道をちょっと走って Forest Way に乗り、HWY29、HWY22 と通って帰って来た。 帰り着いたら11:30くらいで、丁度昼御飯時。 週末 Tim が NZ から帰って来ていると言うので、彼と待ち合わせて昼飯&コーヒーを楽しんだ。 Tim と会うのは本当に久しぶり。 最後に会ったのが何時だったかさえ覚えていない。 でも、また会えて本当に良かった。(^^)

Lunch

気が着いたら15:00。 Pablo が送ってくれると言う。 Tim も City で買い物したいと言うので、4人で City へ。 ただ、俺の自転車のため後ろの座席が一つ占拠されてしまったので、3つの座席に4人乗るという中国歌劇団みたいな荒技を実行。 割を食ってしまったのは一番小さくて軽い庸子さん。 助手席に座っていた Tim の膝の上に窮屈な体制で座っていた。(^^;ごめんねぇ〜 アパートまで送ってくれると言うが、リカバリーにもうちょっとゆっくり走りたかったので Centennial Park で下ろしてもらった。 2人と別れた後走り始めたは良いが、ちびっこやブレイダー、にわかライダー、右のレーンには車の列ととっても危なかったので、1周半してそそくさと帰って来た。

上り下りのきついコースを100km弱走ったのにもかかわらず、足の疲れは殆どなかった。 自分でも不思議だ。