2001年04月25日(快晴) 走行距離:126.12km、走行時間:5時間06分、所用時間:5時間40分、最低気温:15.0℃、最高気温:24.0℃

05:30前に起床。 今日がクラブの長距離ライディングだってことすっかり忘れて、月、火と練習に励んだお陰で ほんのちょっとだが脚に疲れが残っている。 まぁ、脚の痛みもないし100kmくらいのライディングだったら問題なしっす。

Centennial Park を2周して集合場所に着くと、30人程集まっていた。 市街を通り抜けて来た Frank Milner の話では、「市街は問題無く通り抜けられる」との事。 そういうわけで、北へ行く Galston Gorge/Berowra Waters/Bobbin Head 行き組と、南へ行く Stanwell Top 行き組の2グループに別れて走る事になった。 俺は、ここの所北へ行っていないし、また来月も行く機会が無さそうなのでので、Galston へ行く事にした。 Meg Croft の「それじゃあ、北へ行きたい人は出発してくださぁ〜い」の合図で出発。 なんと出発したのは、Frank Milner、Tony Johnson、他たったの10人。 内女性は Frankie Hopkins の一人だけ。 他40人くらいは皆南に行きたいらしい。 まぁ、10人くらいのバンチが小さすぎず大きすぎず丁度良い。

出発して Frank の言うとおり何の問題も無く City を通り抜けた後、Hornsby まではちょっときつかった。 脚の調子が今一なのもあるが、バンチの先頭を取っている Frank ともう一人が飛ばす飛ばす。 途中、バンチの最後尾にいた一人が急に何も言わず減速、付いて来なくなった。 姿が見えなくなったので、道路脇に止まって暫く待ったがやって来ない。 仕方ないので、「引き返した」と判断して先へ行く事にした。 Hornsby を過ぎた直後、HWY83 から Galston Rd に入る。 Galston Gorge のくねくね凸凹の下りをおっかなびっくりしながら下って、ながぁ〜〜〜〜〜い上りをたらたらとこなしたら脚の調子が良くなった。 良いウォームアップになったようだ。 気温は20℃くらい、雲一つ無い快晴で、のんびり走るには絶好の日和だ。

Galston から田舎道を Berowra へ向かって走る。 小さな上り下りが沢山あり、こりがまた結構堪える。 10:00くらい、Berowra Waters のフェリーに乗っている時が一番気持ちよかった。 日が照っていても暑くなく、谷間の景色がとっても綺麗だった。 Berowra の上りも、脚が疲れているので皆を蹴散らすほど元気はなかったが、谷を通り抜けて来る風が冷たくて、上っていてもとっても気持ちよかった。 ただ、狭い山道を大きなボートを引っ張って降りて来る車には時たまビビッてしまった。 それにしても Tony と Frank は元気が良い。 上りをガシガシ上って行く。

Berowra Hights の町から HWY83 に乗って、南に走る。 そして、Mt Colah のあたりで HWY を降りて Bobbin Head へ向かう。 11:00くらいだったと思うが、Bobbin Head でコーヒータイム。 ヨットハーバーがあってとっても長閑。 この頃には ちょっと日差しが強くなって、日の当たるところだとちょっと熱いが、日陰だと涼しくて気持ちが良かった。 俺はカプチーノと美味しそうなターンオーバーみたいな奴を頼んだ。 Framkie が「それとっても甘いわよ」という。 確かに・・・食べた瞬間頭が痛くなるほど甘かった。 こんなのはアメリカのチョー甘ドーナツ以来です。 俺がジタバタしているのを見て Frankie が「だから甘いって言ったでしょ!」だって。(^^; コーヒーの後は最後の上り。 この上りが一番楽。 みんな問題無く上り切って、後は City まですっ飛ばして帰って来た。 City へ着いたら、ANZAC Day のパレードのため あっちこっち道路が封鎖されていて、トラフィックが多く通り抜けるのにちょっと苦労した。 公園に戻って来たのは 多分12:00過ぎ。 いつものハンバーガーショップに着くと、南へ行った連中で Royal National Park の中を Stanwell Top から Audley へとフルに通り抜けて来た連中がまだ残っていた。 天気が良いし、休日とあって、公園は人と車でいっぱい。

アパートに帰り着いたら、急に疲れが出て、学校に行く気にもなれず、本を読みながらうとうとしていた。