1999年09月21日(晴れのち曇りのち雨) 走行距離:162.49km、走行時間:6時間37分、所用時間:8時間00分

最近、週に2日江ノ島ルートでトレーニングして来たが、いい加減飽きて来てしまったので、久しぶりに長距離をライディングすることにした。 もう少し涼しくなってからと思っていたが なかなか涼しくならないし、涼しくなったら雨が多くなりそうなので、まだちょっと暑いが秋雨の時期の前にもう一度ヤビツ峠(標高750m)に挑戦することにした。 ただ、今回は前回8/31の逆方向の楽なルートで登る。 行きは、登戸まで多摩川沿いに走り、登戸からしばらくは小田急線沿いに走るが、その後は町田市、相模原市を通って津久井湖のちょっと下流まで走る。 そこから相模川沿いに津久井湖に向かってしばらく走りヤビツ峠の峠道に入る。 峠道に入ったら宮ヶ瀬湖を通って延々と峠をめざし、峠越えを行った後は秦野市街へ出る。 帰りは、秦野市街から大磯ロングビーチあたりに出て、そこから海沿いに走って茅ヶ崎を過ぎたあたりで国道1号線に乗り、そのまま江ノ島ルートと同じルートで川崎に帰って来る。 事前のチェックでは、登戸から相模原市あたりまでは、中原街道や国道246号線と違い起伏はあまりなさそうなので安心している。 全長160km程度で、13:00過ぎくらいには帰ってこれる予定。

最近朝晩が涼しくなったので、ぐっすり眠ることができた。 ちょっと寝坊して04:00に起床。 日の出が05:30くらいになっているせいでまだまだ薄暗いが、05:10に出発。 天気予報では晴れのち雨。 ただし雨は夕方からということだったのでライディングには影響なさそうだ。 体がまだ起きていないので、登戸までは時速28km/h程度でゆっくり目に走った。 登戸でしばらく道に迷って(^^;、順調にGPSV+の指し示すとおりに走った。 予想通り、ゆったりとした上り下りはあるが激しい起伏はなく、とっても楽だった。 ただ、道が狭く、道の脇の方は凸凹していて、なおかつトラックの交通量も割かし多くてちょっと乗りづらかった。 でも、前回の国道246号線を通るルートに比べて近道なので、あっという間に相模川の小倉橋に着いてしまった。

脚もそれほど疲れておらず、張り切って山道に挑んだ。 最初の城山町と津久井町を通るあたりは、結構急な上り坂があり脚にこたえてしまった。 ただ、峠道(県道70号線)に入ると、上り坂と下り坂が入り交じっていて、上り坂もあまり急ではないので、時速23〜30km/hで走ることができた。 この頃になるとドンヨリ曇って来て、時たま冷たい風が吹いたりしてとっても気持ちよかった。 ただ、後半になったら坂道もだんだん急になって来て脚にかなりこたえた。 山頂あたりにはハイキングコースがあり、今日は登山客が結構多かった。 息を切らしながらせっせと登っていると突然目の前が下り坂になった。 「おぉ、いつの間にか峠点だ。 やったー!」 時計を見たら09:15。 走行時間3時間30分だった。 けっこう早く着いてしまった。(^^) 峠点で一息入れたあと下りに入った。 下界はドヨヨォ〜ンと雲がかかっていた。 「雨じゃなきゃいいけど。」 下りはあっという間だった。 くねくね道を走っているととっても気持ちよかった。 標高700mから一気に100mまで下ったので、途中耳が変になった。 降り終わって国道246号線とぶつかるポイントに着いた時にはちらほら雨が降っていた。 でも、まだ濡れる程度ではない。 前回峠越えを行った時には 宮ヶ瀬湖方向から登って来たと見られるライダーに何人か出会ったが、今回は 秦野市方向から登って来たライダーには一人も出会わなかった。 やっぱり秦野市方向から登って来る無謀なライダーは少ないようだ。(^^;

その後、湘南に向けてしばらく走った。 この間は下り気味だろうと予想していたが、実際は結構上り下りが多く、峠越えでくたびれている脚には大分こたえた。 国道1号線に着いてさらに湾岸道路に出ようとしたが、適当な道を見つけることができず、自動車専用道路に出てしまった。 「地図ではこのあたりの湾岸道路は自動車専用ではなかったはずなのに?」と不思議に思いつつ、いい加減疲れていたのとドンヨリと曇って今にも雨が降り出しそうだったので、湾岸線に出るのは諦めてそのまま国道1号線でまっすぐ帰ることにした。

時間も11:00を過ぎると 自動車の交通量も増えて来て、渋滞がひどくなって来た。 殆ど駐車場状態で止まっている自動車の脇をすり抜けて、軽快に走った。 横浜市内に入った頃 急に風向きが変わり向かい風になった。 それに結構風も強い。 しばらくしたら雨まで降って来た。 「天気予報の嘘つき!」 寒冷前線が通り過ぎたらしく、風が急に冷たくなった。 東神奈川あたりからは、向かい風が強いので、いつもならスピードを出して下れる坂も25km/hくらいしかスピードが出ず、たらたらと帰って来た。 風が冷たいのと雨が降っているのとで、少し寒いくらいだった。 「秋だなぁ〜。(^^) 涼しくなって嬉しひ。」

帰り着いたのは13:10だった。 帰り着いた時には雨は一時止んでいたが、1時間もしない内に雨が本降りになった。 早く帰って来て良かった。(^^) 東神奈川からは、ずぅ〜っと強い向かい風で、完全にグロッキーしている脚に追い打ちをかけてしまい、くたくたになってしまった。 今日は、それほど日差しは強くなかったが、3リットル強水分を摂った。 とっても疲れたけど楽しいライディングだった。

右図は、上のルート図の緑色のルート部分を、ルートに沿ってカシミール3Dで断面図を作成したもの。 細かいギザギザのヒゲ状の起伏があるが、これはルートのポイントの取りかたによって実際の道とは違い標高の高い部分をショートカットしてプロットしまうためにおこるもので、実際のルートはなめらか。