1999年06月21日(くもりのち晴れ) 走行距離:324km、走行時間:16時間43分、所用時間:20時間00分

今日は、一日走行距離の自己新記録を樹立するために、犬吠埼に挑戦する。 予定走行距離はおよそ300km。 予定走行時間は、平均時速22km/hで走ったとして、14時間弱。 明るいうちに帰ってこれたらいいなぁ。 (^^; 予定ルートは、国道1号を品川へ向かい、都心を抜けて国道6号を取手まで。 取手から利根川沿いに国道356号を銚子まで。 ちょっと犬吠埼を観光した後九十九里浜沿いに九十九里町まで行って、そこから国道126号に乗って千葉へ。 千葉からは、湾岸沿いに走って都心へ向かい、品川から国道1号を川崎へ。



昨日明るいうちにたっぷり昼寝したため、結局昨夜は一睡もできなかった。 まぁ、眠くないんだからしかたない。 03:30からストレッチ等出発の準備を始め、朝食を軽く摂って、04:30に出発。 脚の調子はまあまあだった。 最近天気が悪く、自転車に5日間くらい乗っていなかったためだろう。 日本橋あたりを通過したのは、06:00くらいだったと思う。 何の問題も無く国道6号に乗って、取手に着いたのは08:30だったと思う。 ここまでは順調だった。

利根川沿いに走り始めて、海に向かって走るのでちょっとは覚悟はしていたが、やっぱり向かい風。 多摩川を20〜30kmサイクリングする程度なら大したことはない程度の風なのだが、それが銚子まで延々と80km以上も続くと、さすがに脚にこたえる。 先も長いので、25km/hくらいでゆっくり走った。 利根川沿いはたんぼが多く、独特の匂いがする。 田舎を思い出した。 また、多摩川と同じように土手にアスファルトが貼ってあるところもあって、自転車で走れるようになっている。 ただし、突然砂利道になる。 平日のせいか土手をを走っている人はまったくない。 利根川で釣りをしている人はチラホラみかけた。 機嫌良くそのアスファルトの上を走っていると、何の予告も無く砂利道になった。 「う゛げ、まいったなぁ。 車道に降りれる道もないし、しばらくこのまま走るか。」とがたがたと走っていると「・・・?! 後輪がおかしい。 来たっ、パンクだ! まぁ、休憩もしたかったことだし、丁度いいかなぁ」というわけでのんびり修理していると、土手をトラックがやって来ておじさんが私の修理しているのを見学し始めた。 「へぇ〜そうやって修理するの?」というので、「パンク修理は簡単なんですよ。」ってな具合に愛想良く返事してあげた。 田舎ってのんびりしていていいなぁ。 しばらくしたら、おじさんはトラックを走らせて去って行った。 パンクの原因は、とうやら釘のような鋭い物に乗り上げてしまったらしい。 チューブに2箇所何かか貫通した小さな穴があいていた。 修理し終わって、このまま砂利道を走っていたらまたパンクすると思い、土手の草をわけて車道に無理やり降りた。 その後、GPSV+のルートどうりに走って、犬吠埼に着いたのは13:45。 「げげっ、予定より2時間押してる! やばい」 冷静に考えたところ、やっぱり明るいうちに帰れないという結論になった。 「どうしよう。(^^;」 考えてもしょうがないので、海を見ながらアイスクリームを食べて、しばし現実を忘れた。

暗くなったら千葉あたりで泊まることにして、九十九里に向かった。 一旦銚子に戻って、国道126号に乗った。 そのまま調子良く走って、GPSV+のルートをチェックしながら予定道理に走っているはずだったが、気がつくと海岸線から随分内陸に入ってしまっていた。 時間を見たら15:00を過ぎている。 海岸に向かって道を捜してもいいが、ただでさえ時間を押しているのにこれ以上は時間ロスは避けたいと思い、このまま国道126号で千葉市に向かうことにした。 「あぁ〜ん、九十九里はまた今度。(;_;)」

千葉市の市街に着いた時は17:30を過ぎていた。 泊まれそうなホテルはないかとうろうろしたがなかなか見つからない。 「どうしよう、夜間走行でこのまま泊まらずに帰るかぁ。」というわけで、夜間走行に備えてコンビニで懐中電灯を買った。 市街を出たのは18:30過ぎだったと思う。 それから湾岸沿いに走って、予定ルートどうりに走っているつもりだったが、暗い中あまり頻繁にGPSV+をチェック出来ないせいで、気が着いたら道に迷っていた。 江戸川を越えたのは確かなのだが・・・。 うろうろしていたら地下鉄だろうか「行徳」という駅があった。 「・・・しらない。 それどこ?」 入り組んだ道をあちこち走り、GPSV+のウェイポイントを目標に、なんとか市川までたどり着いた。 何処で間違ったんだろう? まっすぐ市川に来る予定だったのに。 時間を見たら22:30。 「今日中に帰りつくかなぁ?(^^;」と新たな不安が過ぎった。 まぁ考えてもしょうがないし、いい加減腹もへったので、朝食以来のマトモな食事を摂ることにした。 マックで、ハンバーガ、フィレオフィッシュ、ホテトL、オレンジジュースLを食べた。 そうとう空腹だったようで、ペロリとたいらげてしまった。 それでも腹7分くらいだ。

「腹もふくらんだし、頑張ってはしるかぁ。」というわけで、都心へ向けて出発。 亀戸、錦糸町を抜けて日本橋へ。 夜も遅くなったせいで、道はすいている。 あっちこっちによっぱらいがいる。 朝と同じルートで、品川から国道1号に乗って、帰りついたのは24:30だった。 ははは、日付が変わっちゃった。(^^; 帰りついてからセブンイレブンで、冷たいトマトスパゲティ(だったと思う)、餃子、カップラーメン、おにぎり2つを買って食べた。 やっと満腹になった。(^^)

今日は随分と暑かったようだ。 走っている時は涼しいので分からないが、随分水分を補給した。 1回に450ccくらいずつ計7回。 それとマックでオレンジジュース。 出発の時に800ccあったので、合計4リットル以上飲んだことになる。 それに随分と日に焼けた。 天気予報では曇りみたいなことを言っていたので薄目に日焼け止めを塗ってはいたが、汗で流れたのだろう、まったく役にたたなかった。

予定どうり走行距離324kmの自己新記録は樹立したが、一日に走る距離は200kmが精々だということがよく分かった。 千葉市街に入った時は走行距離200kmを越えていたので、もうへとへとだったが、街の中をうろうろ走っていたら疲れがとれて脚が楽になった。 千葉市で泊まらなくて良かった。 泊まっていたら、次の日身体中痛くて走れなかったに違いない。

九十九里の海岸沿いを走れなかったのは残念でしかたない。 そのためにこのルートを計画したようなものだったのに! 次は200kmくらいで、九十九里ルートを計画しようと思う。

下図は、GPSV+でトラッキングしたデータをGARMAPで描画したもの。 千葉市へ入るあたりでトラッキングが切れているが、市川への途中道に迷ってうろうろしている時、うっかりしてアクティブトラッキングをセーブするのを忘れてしまい、容量を越えた分新しいデータでオーバーライトされてしまった。