1999年05月11日(くもりのち雨)走行距離:98km、走行時間:6時間程度

新しい自転車のライディングに興奮して、結局一睡もできずに04:30に起床。 朝食を少し摂って、ストレッチをして05:45に出発。 行きは起伏の多い「中原街道」を大和市まで行って、そこから藤沢市を通って江ノ島まで。 体の調子もよく、機嫌良く乗っていると、工事中でアスファルトがパッチ状に貼ってあって凸凹しているところで、大きな石に乗り上げた拍子にパンクしてしまった。 「ありゃ、初めてのライディングでパンクかよっ!」 坂を下り終わったところでスピードが少し出ていたが、道が悪くてブレーキをかけていたので、転倒しなくてよかった。 「ここ数年パンクしたこと無いから、たまにはいいかな。 修理道具も買ったばかりでバッチリだしぃ。」 最近は、パンク修理も楽になったものだ。 ちょっと前まではゴム用の接着剤を塗ってパッチを貼る方法だったが、最新式はシールになっていて、穴が空いたところに貼るだけでOK。 携帯用のポンプも15cmくらいの大きさで、それでも良く空気が入る。 「便利だねぇ。これなら、パンク修理も楽しいやぁ。」

江ノ島に着いたのは08:45頃。パンク修理にまごついた割には普段と変わらない時間に着いた。 風があって涼しかったので、江ノ島を見ながら30分程昼寝して、その後由比ヶ浜で水遊び。 生憎曇って来て、海水も冷たく、ちょっと涼しすぎるくらいだった。 10:00になったのを見計らって、近くのマックで軽くブランチ。 魚が好きなのでいつも同じフィレオフィッシュセット。

いつもより早目だが、11:00前に鎌倉を出発。 帰りは、起伏の少ない国道1号線を使う。 鎌倉から北鎌倉へ。 この間はちょっと心臓破り。 ちょっと遠回りして戸塚区へ。 この間にも心臓破りの坂がある。 そんなに急な坂ではないが、900mくらいたらたら続くので何度乗ってもきつい。 その後国道1号に乗り、横浜を通って、あとはそのまま一直線に川崎まで。

帰り着いたのは14:00前。 途端に雨が降り出した。 「早目に帰って来てよかったぁ。」

昨夜一睡もせずに走ったので、自転車の手入れを終わった途端に眠気が襲って来て、15:00くらいから08:00過ぎまでぐっすり睡眠。

「この次は、来週か再来週に、奥多摩往復コース(160km)に挑戦だぁ。 調子が良かったら、奥多摩−大月市−相模湖−高尾山コース(200km超)を狙ってみようかな。 ちょっと体力が心配だけど…。」