2000年11月26日(快晴) 走行距離:101.10km、走行時間:3時間37分、所用時間:4時間00分、最低気温:18.0℃、最高気温:24.0℃

金曜日にめっちゃ疲れたせいで、昨日の土曜日は自転車に乗らなかった。 お陰で今日は絶好調! でも眠い。(-.-)ZZzzz 危なくだらけて寝てしまいそうになる身体を無理やり起こしてストレッチ。 「今日は絶対に快晴に決まっている。 だから乗らねばあああぁぁぁぁッ!」と気合いを入れる。 集合時間より20分程速く Centennial Park に着いて、公園を2週して06:30に集合場所に到着。 流石快晴の日とあって、みんなにこにこ、人数も多い。(^^) かるく30人を超えている。 今日のコースは Kurnell&Cronulla だそうだ。 初めてのコースなのでわくわくする。

06:40くらいになって出発。 いつもの Waterfall へのコースと同じく、まずは HWY1 に乗った。 空港のトンネルをくぐって Monterey を走っている時、海が朝日にキラキラ輝いて、濃い青と薄い水色のコントラストがとっても綺麗だった。 こんなに綺麗な海は日本じゃまず見られない。 それに、早起きしないとオーストラリアでも見られない。 ライダーやっててよかった。(^^) Kaptain Cook Bridge を渡ってすぐ(Caringbah のあたりで)いつもの Waterfall のコースをそれて左折、Kurnell へ向かった。 Kurnell が近くなると林が深くなりるにつれ起伏が多くなり、メンバーの一部は登りでダッシュする。 当然俺もついて行く。(^^; そうこうしている内に、大集団だったグループが2,3に分割され、俺がいたトップの集団は12,3人になった。 みんな速いライダーばっかりで、今日は特別 Sutherland へのとびっきり起伏の多いコースのおまけまでついてしまった。 他のメンバーは、Cronulla を走った後まっすぐ公園に帰ったみたいだ。

Caringbah から Sutherland へのコースは、地図上では直線なのだが実際は起伏が多くて、なかなか脚に応えるコースだ。 でも、今日の俺は何かが違った。 脚の調子がチョー良くて、襲い来る登りも軽くこなすことができた。 Sutherland に着いたらいつものガソリンスタンドで一服。 ドリンクを飲みつつ寛いでいると、メンバーの一人が「お前飛んでるみたいに坂を登るなぁ!」と半分冗談で誉めて来た。 俺は「登り大好きッ!」と答えて上げた。 その後線路沿いに起伏の多いコースを走った。河沿いは公園になっているので、線路沿いには途中から道は無いのだが、歩行者&自転車用のトラックがあって河を渡れるようになっている。 ちんたら走っているとさっき誉めて来たメンバーが「わりぃーなぁ、もう坂はないぞぉ(^^)」と冷やかして来た。 「くそぉ、平地じゃ遅いけど登りじゃぶっちぎだぜぃ!」と内心思った。(^^; 河を渡った後は、あんまりにも複雑すぎて、何処をどう走ったか憶えていない。 気が付いたら Kensignton を走っていた。 公園に帰って来たのは10:30くらいだったと思う。 いつものコーヒースタンドに行くと、Caringbah からの直帰組は いち早くコーヒーを飲みながら寛いでいた。 俺もエッグバーガーに食らいつきながら雑談に加わった。

アパートに11:00過ぎに帰り着いて、自転車の掃除を軽くやってシャワーした。 シャワーしたら急に疲れが出て、その後15:00くらいまで昼寝してしまった。 Roberto がイギリスからの出張で金曜日に帰って来たのだが、ロンドンが余りにも寒くて風邪を引いて帰って来た。 どうやらそのビールスをもらったらしく、アパートに帰り着いたら急に頭が重くなった。

オーストラリアの道は穴があちこちに開いている。 また、車が道路脇に止まっていたり、後ろから車が追い越して来る時は、集団で走っていて危ないので、みんな声を出して注意しあう。 狭い道で穴が多い時などは、「穴左! 車後ろ! ライダー左! 穴真ん中!」ととっても忙しい。 たまには「あっちこっち穴!」という場合もある。 今日は、先頭があまり穴の警告を出さなかったので、後ろが「お前等声出してないだろー!」とクレームをつけた。 その後は、半分冗談で、皆やけになって声を張り上げ出した。(^^) はたから見ると異常な集団なんだろーなぁ。(^^;;